メニュー

オーティコン補聴器  - ベストな補聴器購入の為の情報サイト

お問い合わせ

書籍購入はこちら

4133first.com

おすすめ情報案内INFORMATION GUIDE

補聴器メーカー情報

オーティコン補聴器 

oticon1

  • 事業内容

・ 補聴器製造及び販売

・ 聴力測定装置等の医療機器の輸入販売

・ フィッティングソフトウエアサポート

住所 〒212-0013
神奈川県川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館16階 (Google map)
TEL 0120-1133-21
FAX 044-543-0616
代表者  木下 聡
設立 1973年
資本金 -
従業員数 約200名(2017年7月現在)
ホームページ https://www.oticon.co.jp/

会社案内

oticon2

 オーティコンは100年以上の歴史を持つデンマークの補聴器メーカーです。

日本においては、1973年より日本市場における製品の製造・販売を行っています。聞こえに悩む人を第一に考える「ピープル・ファースト」を企業理念としています。

 

オーティコンは1977年にデンマークに先進技術と、オーディオロジー(聴覚学)を研究する「エリクスホルム研究所」を設立。世界各国から幅広い分野の研究者を招聘し、実際の補聴器ユーザーの協力を得て、未来の補聴器のための研究を行っています。

エリクスホルム研究所は、この分野の基礎研究における世界屈指の研究機関として知られています。

オーティコンは、常に先進的な補聴器メーカーであり続けるために、毎年研究開発に大きな比重をかけています。

 

「聞こえに悩む人々を第一に考え、彼らが自由に伝えあい、自然にふるまい、そして活動的に生活できるように力づける」という信念に基づき、オーティコンは日々挑戦し、進化し続けています。

製品情報

oticon3

 ◎ オーティコン オープン

 

オープンの登場まで、これまでの補聴器では、騒がしくたくさんの人が集う環境で複数の人々との会話に対処が出来ませんでした。

オープンは、まったく新しい補聴器技術オープンサウンドテクノロジーによって360°開かれた音の世界を実現し、多くの方々にこれまで補聴器で実現できなかった、新たな聞こえの世界をお届けします。

 

オープンの開かれた聞こえを可能にするのが超高速べロックスプラットフォームです。先進のべロックスチップが持つかってない処理能力によって、騒がしい環境でもユーザーは周囲で交わされる会話を選び自在についていくことができます。

 

ープンは、脳に優しいことが科学的に証明された初めての補聴器です。

難聴があると脳に届く情報量が減り、脳がこれを補おうとして疲れにつながります。

オープンは脳の聞く働きをサポートし、聴くための労力を20%軽減会話に必要な覚える力を20%向上させ※※、会話の理解を30%高めています。

オーティコンアルタプロ2との比較、※※メリットは個々の処方によって異なります。

 

オーティコン オープンは未来のライフスタイルを実現する先進のデジタル補聴器ともいえます。

Made for iPhoneⓇ認定補聴器としてiPhoneⓇに直接接続して、通話や音楽、動画などを楽しむことが出来ます。さまざまなデジタル機器とのワイヤレス通信に加え、オープンは、世界で初めてインターネット接続が可能な補聴器として、さまざまなWebサービスを相互連携するクラウドサービス「IFTTT(イフト)」に対応。

メールの通知を補聴器で受けたり、IFTTTに連携している各種の家庭用器との接続が可能です。

 

オーティコン オープン 詳細ページ

https://www.oticon.co.jp/solutions/main/opn

 

 

◎製品情報 (追加情報)

2017年11月 オーティコン補聴器、周囲 360度の音を自然に届ける補聴器『Oticon Opn™』が、 新たに充電池にも対応しハイブリッド式に進化

新登場の充電器キットにより、Opn™のミニRITEスタイルが空気電池と充電池の両方使用可能になります。

詳細ページ

http://www.oticon.co.jp/solutions/main/opn/opn-recharge

 

 

イベント情報

◎ 2017年10月27日(金) 開演19:00 会場:銀座王子ホール

補聴器ユーザーも気楽に参加できるクラシックコンサート「みみともコンサート2017」を開催/抽選で無料ご招待

 

詳細はこちらまで

https://www.oticon.co.jp/aboutus/info/2017/20170817

 

◎ オーティコン補聴器は、2017年11月7日(火)~11月13日(月)に東京渋谷で開催される「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」にIoT対応補聴器Oticon Opnを出展。また、同時開催のシンポジウムに登壇「未来のライフスタイルを実現する補聴器」について対談を行います。

イベント詳細はこちら。

https://www.oticon.co.jp/aboutus/info/2017/20171101

 

 

その他

 ◎八重洲出版よりムック本「2018年版よくわかる補聴器選び」が発刊。

インターネットにつながる世界初の補聴器「 オープン」が登場!八重洲出版社より年に1回発行されるムック本「よくわかる補聴器選び」の2018年版が発行されました。

本ムック本2018年版の4大トピックスのうちデジタルテクノロジー最前線!情報化時代の補聴器のトピックス内で、世界初のインターネットにつながる補聴器として、IoTに対応するオーティコン・オープンを紹介いただいています。

また、補聴器メーカー各社の製品紹介ページでは、オープンが創り出す新たな補聴器の聞こえの世界について概説するとともに、従来補聴器が苦手としてきた「うるさい場所での会話への参加」にオープンがどのように貢献できるかについても取り上げています。

書店などにお立ち寄りの際はぜひご覧ください。同ムック本はオンライン各書店でも購入いただけます。

Yokuwakaru2018

 

◎2018年4月18日、オーティコン補聴器は一般社団法人ろう者サッカー協会とゴールドスポンサーとして契約を締結しました。

oticon rousha sakka

(左)日本ろう者サッカー協会 会長:鈴木 猛仁氏(右)オーティコン補聴器 プレジデント:木下

デフサッカー、デフフットサルの普及は、より多くの聞こえに悩む人々が自らの可能性を十全に発揮する機会の増加、難聴者に対する社会の理解の深化、より開かれた社会の形成に寄与するものであり、その応援がしたいという想いから契約に至りました。

私たちは「ピープル・ファースト」という言葉を理念にかかげています。これは聞こえに悩む人々の立場にたち、その人々を第一に考え、力づけることを意味しています。

聞こえに悩む人々の声に耳を傾け、その人たちが自由に会話し、積極的に社会参加ができるように力添えをすることを企業としての目標とし、その目標を達成するために優れた補聴器や補聴器に関わるテクノロジーを開発・販売する私たちは、デフサッカー、デフフットサルの普及に努める日本ろう者サッカー協会の活動に関わることを光栄に思います。

【本件に関するお問い合わせ】

オーティコン補聴器:山地(PR)
TEL 044-543-0615/ FAX 044-543-0616/ E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

当サイトに掲載をご希望の補聴器メーカー様はメールフォームにて承っております

加盟お申込みフォームはこちら