メニュー

補聴器を購入するためには - ベストな補聴器購入の為の情報サイト

お問い合わせ

書籍購入はこちら

4133first.com

ブログBLOG

補聴器を購入するためには

カテゴリ: 補聴器で重要なキーワーズ 公開日:2019年04月08日(月)

補聴器は誰でも知っているようなポピュラーな製品ではないので、いざ購入しようとすると不安に感じられる方もおられると思います。

特に、販売店の方が説明してくれる技術的な説明が聞き慣れない言葉ばかりで理解出来なかったり、価格が想像より高かったりして驚かれることもあると思います。

そこで今回は、補聴器購入までの流れを分かりやすく解説します。

  • 1.補聴器購入の流れ

    • 1.1.ステップ1:カウンセリング

      とても大切なことなので、良い販売店ほど綿密な問診を行います。内容としては次の様なことが含まれます。

      l  聞こえづらくなった時期と原因

      l  現在の聞こえの状態

      l  不便を感じるときや場所

      l  普段の生活や仕事の環境

      l  耳聞こえに関連する病歴

      l  補聴器に関連する疑問や不安

      l  補聴器に期待すること等

    • 1.2.ステップ2:聴力測定

      聴力低下の程度を調べるため、純音による聴力測定や言葉の聞き取りテストをおこないます。具体的には(プー)とか(ピー)という純音がどのレベルの大きさで聞こえるかを調べます。

      デジタル補聴器の初期調整はこのデータが前提となりますので、出来るだけ正確に測ることが大切です。

      その後、言葉の明瞭性を調べるために、単語「(あ)とか(か)」や3音節単語「(さかな)とか(とけい)」を聞いてもらい、同じように発音してもらいます。この正解率が裸耳における明瞭性の数字となります。

    • 1.3.ステップ3:補聴器の選択

      聴力測定の結果をふまえた上で、補聴器の種類や価格についてお客様の御希望を伺います。さらに、聴力測定の結果と耳の形を参考にして、適切と思われる補聴器を選びます。

    • 1.4.ステップ4:初期調整

      この段階になると、販売店の担当者の人柄や経験によって対応が異なってきます。

      最初は、聴力の状態に合わせて、補聴器の音域や音質、そして出力などをきめ細かに調整します。

      初めから聞こえる音が大きすぎると否定的なイメージが出ることもあるので、様々な要素を抑え気味で始めて、お客さまに合った補聴器に仕上げていきます。

      その後、懇切丁寧な販売店では、両耳さらに片耳で補聴器を着けてもらい、いくつか条件設定を変えながら、一番聞こえが良かった設定を選択します。

      また、静かな店内だけでなく、雑踏の中での「聞こえ」の良し悪し、さらには補聴器を着けて言葉の明瞭性を調べるなど、最終チェックをします。

    • 1.5.ステップ5:補聴器の確認(試聴期間)

      聞こえに応じて調整した補聴器を、実際の生活環境である自宅や職場でお試しいただけるように試聴貸し出しをします。

      貸出し期間については、販売店によって異なりますので、事前に販売店の方と確認をする必要があります。一般的には2週間~1ヶ月が多いようです。

      この期間中に不具合を感じたら、期間の途中でも販売店に行って微調整をしてもらうことが大切です。

    • 1.6.ステップ6:購入

      試聴期間を経て納得されても、様々な環境下で補聴器を使用すると、細かいところで様々なことに気が付かれるので、その都度微調整することが必要です。

      逆に言えば、メガネと違い、購入後でも様々な変更ができる点がメリットになります。平均2回~5回程度の微調整が必要になります。

    • 1.7.アフターケア

      微調整以外にも購入後に発生する問題はあります。

      例えば、耳垢による断音とか電池の出し入れの問題などです。何か問題が発生したときは、可及的速やかに販売店を訪問して相談してください。

      また、補聴器を購入後一定期間(2年が基本ですが製品によって異なります。)に生じた自然故障について、無償で無償修理をしてくれます。

      さらに、販売店によっては、耳あな型に限り一定期間無償で再作・調整を行ってくれます。無償修理期間や再作・調整機関については購入段階でしっかり確認をして下さい。

      これをおろそかにすると後でもめる可能性があります。

      また、補聴器は耳垢対策がとても大切です。補聴器のお渡し時点で、補聴器の日々のお手入について、販売店の方が丁寧に説明をしてくれますが、十二分に理解することが大切です。

      実際にデモンストレーションを行うのも一つの方策です。

  • 2.購入時及び購入後のフィッティングが大事

    フィッティングは販売される方によって差が出てくるところです。仮にほとんど同じ聴力をお持ちの方がおられたとしましょう。

    同じ調整をした補聴器を聞いてもらうと、それぞれの方の反応が異なることが良くあります。

    生活環境が異なることで聞き慣れている音の質が異なったり、ダイナミックレンジという不快なく聞こえる音の大きさの幅が異なったりするからです。

    また、補聴器に搭載されている機能群をうまく操作できるかどうか、販売される方の能力も影響してきます。