メニュー

ブログ - ベストな補聴器購入の為の情報サイト

お問い合わせ

書籍購入はこちら

4133first.com

ブログBLOG

大室山の山焼き!

カテゴリ: 雑記(散策) 公開日:2019年02月18日(月)

大室山の山焼き!

昨日17日正午から恒例の山焼きが行われました。約3万人の市民や観光客が見守る中、炎は標高580メートルの山頂に向けて一気に燃え広がり、枯れ草に覆われた山肌は、わずか20分で黒色に様変わりました。山焼きは約700年前に始まったとされる伝統行事ですが、その目的は、美しい山の輪郭を保つため、背の高い草木が育たなくさせることだそうです。4月ごろから新芽が伸び始め、鮮やかな緑色に染まっていきます。おわんを伏せたような大室山は、約4000千年前に噴火した単成火山の「スコリア丘」と言って、火口からマグマが噴き上がってできた暗色の石が火口の周囲に累積して出来た円錐状の丘です。真ん中に直径250m、深さ40mの火口があります。ふもとからリフトで登り、頂上では360度の眺望と火口の周り785mのお鉢めぐりが楽しめます。天気が良いと、右に青い海に反射する太陽光が眩しい太平洋、左に雄大にそびえる富士山を眺めることが出来て、最高の気分になります。個人的には4回大室山に登りました。毎回リゾートトラストの伊豆高原ホテルの裏の急坂から始めて、途中別荘地帯を経由してひたすら登っていくと、約30分で大室山のふもとに着くのですが、結構汗をかいたりして、とてもいい運動になります。

00muroyama1 omuroya3

冬の寒さを実感!

カテゴリ: 雑記(散策) 公開日:2019年01月20日(日)

冬の寒さを実感!

  高山市奥飛騨温泉劫福地にある氷のオブジェ「青だる」が見事に成長して幻想的な青い光を放っているそうです。幅約30メートルのパイプを通し、湧水をゆっくりと凍らせて毎年作っています。既に氷の厚さは4メートルに達しているそうです。奥飛騨には中々いけないので画像で実感しましょう!

aodaru hida

○  北海道伊達市の洞窟「百畳敷」で,「氷筍(ひょうじゅん)」と呼ばれる氷の柱が、まるでタケノコが育つように、にょきにょきと伸び 
     て
います。全部でおよそ2500本あり、高いものは4メートルに達するそうです。この場所も中々行けないので、画像で疑似体験をし
  てみましょう!

hyoujun hyakujoujiki

東京都で寺や神社の名前が駅名になっている駅!

カテゴリ: 雑記(散策) 公開日:2019年01月18日(金)

東京都で寺や神社の名前が駅名になっている駅!

東横線に乗っていて何気なく通過する駅・祐天寺。何故、寺の名前が駅名になっているのだろうと思い、東京都にある寺や神社の駅名を調べてみました。寺が13で神社が4の合計17駅で、結構あることがわかります。特に東急沿線がに多いですが、お参りするために、東急電鉄が配慮したということでしょうか?名前はほとんど知っているのに、訪れたことのある寺や神社は意外と少ないので、いずれ暇を見つけて、全て訪ねてみようと思います。

  お寺

駅名         鉄道線名        寺社               所在地

池上         東急池上線              池上本門寺            大田区

不動前     東急目黒線              目黒不動(瀧泉寺)    目黒区

九品仏     東急大井町線           九品仏(淨眞寺)       世田谷区

祐天寺     東急東横線              祐天寺            目黒区

豪徳寺     小田急線          豪徳寺            世田谷区

泉岳寺     都営浅草線、京急本線  泉岳寺         港区

護国寺     東京メトロ有楽町線   護国寺            文京区

大師前     東武大師線              西新井大師(総持寺)   足立区

新井薬師前   西武新宿線              新井薬師(薬王寺)    中野区

柴又        京成金町線                 柴又帝釈天(題経寺) 葛飾区

高幡不動    京王本線       高幡不動(金剛寺)     日野市

高円寺     JR中央線       高円寺             杉並区

国分寺     JR中央線       武蔵国分寺         国分寺市

  神社

明治神宮前   東京メトロ千代田線   明治神宮         渋谷区

湯島        東京メトロ千代田線    湯島天神         文京区

御嶽山     東急池上線               御嶽神社         大田区

松陰神社前   東急世田谷線           松陰神社          世田谷区

2018年・日本人に人気の海外観光スポット20!

カテゴリ: 雑記(散策) 公開日:2019年01月15日(火)

2018年・日本人に人気の海外観光スポット20!

世界最大の旅行サイト「トリップアドバイザー」が、サイトに投稿された口コミを基に日本人に人気の海外観光スポット2018を発表しました。この内容を見て驚いたことは、観光スポットが世界に散らばっていること、アンコールワット遺跡群が1位であること、個人的な駅に行ったことがない場所が多かったことです。日本人の博学と好奇心には感心させられました。個人的には6か所しか訪れたことがありませんが、日本人でここに記載した20のスポット全てを訪れたことがある人は一体どれくらいいるのでしょうか?達成された方がおられたら、ぜひ本サイトの「お問い合わせ・ご意見・ご感想」で体験談を投稿して頂きたいと思います。

1位 アンコール遺跡群/カンボジア

ankolwatto

2位 サグラダ・ファミリア教会/スペイン

3位 マチュピチュ歴史保護区/ペルー

4位 シェイク・ザイード・グランドモスク/アラブ首長国連邦

5位 サン・ピエトロ大聖堂/バチカン市国

6位 タージ・マハル/インド

7位 美術史美術館/オーストリア

8位 マッターホルン/スイス

9位 ウフィツィ美術館/イタリア

10位 グランドキャニオンサウスリム/アメリカ

11位 モニュメントバレーナバホトライバルパーク/アメリカ
12位 ウユニ塩湖/ボリビア
13位 ナショナル・ギャラリー/イギリス
14位 プリトヴィッツェ湖群/クロアチア
15位 メトロポリタン美術館/アメリカ
16位 ウォレスコレクション/イギリス
17位 ガルニエ宮-パリ国立オペラ/フランス
18位 ナイアガラの滝(カナダ側)/カナダ
19位 聖ヴィート大聖堂/チェコ共和国
20位 ウルル(エアーズロック)/オーストラリア

明治神宮・奉納土俵入り!

カテゴリ: 雑記(散策) 公開日:2019年01月09日(水)

明治神宮・奉納土俵入り!

昨日8日の午後、代々木で仕事の打ち合わせを終えたのち、近くに来たので参拝をしようと思い、北参道から明治神宮を訪れ、本堂に向かいました。平日なのに人が沢山いるので、さすが明治神宮と思いましたが、場内アナウンスで午後三時頃から新年恒例の奉納横綱土俵入りがあると告げていました。ラッキーと思い、40分ほど待って土俵入りが始まったのです。最初は稀勢の里、次が白鵬、最後が鶴竜の順番でした。13日から初場所が始まるので、3横綱の体の仕上がり具合を見ていたのですが、一番張りがあると思えたのは鶴竜でした。メリハリが効いて堂々とした土俵入りはやはり白鵬でした。稀勢の里は胸板が厚くお腹も跳びぬけて出ているのですが、体全体に締まりがありませんでした。「白鵬ォォォ」、「鶴竜ゥゥゥ」の声援は飛んでいましたが、「稀勢の里ㇳㇳㇳ」の掛け声が無かったのが気になりました。

oozumou1

日本の象徴・富士山を眺める絶景スポット!

カテゴリ: 雑記(散策) 公開日:2019年01月01日(火)

日本の象徴・富士山を眺める絶景スポット!

2019年になりました。正月を迎えると、なんとなく富士山を見たくなる日本人は多いのではないでしょうか。個人的には車を持っていないので、気軽に出向くことが出来ないのですが、富士山を眺める絶景スポットがあるというので、新春情報として掲載します。

○ 道の駅 富士川楽座(静岡県):富士川の向こうに富士山の眺めが素晴らしい!

  伊豆の国パノラマパーク(静岡県):富士山と駿河湾のパノラマが広がる風景に感動!

  三島スカイウォーク(静岡県):日本一の歩行者専用吊り橋と富士山を一緒に見よう!

  成川美術館(神奈川県):芦ノ湖の海賊船と一緒に富士山を眺めてみよう!

  箱根ロープウェイ(神奈川県):迫力の富士山に魅了!

  吾妻山公園(神奈川県):初春の菜の花と富士山の組み合わせは必見!

  忍野八海(山梨県):古民家と富士山の巡り合わせが素晴らしい!

  本栖湖(山梨県):お札の背景にも選ばれた静かな湖と富士山の風景に惚れ惚れ!

  富士本栖湖リゾート(山梨県):春限定、富士山と芝桜のコラボレーションが見事!

  河口湖の北岸(山梨県):運が良ければ逆さ富士も見える有名なポイント!

森林のミステリーサークル!

カテゴリ: 雑記(散策) 公開日:2018年12月29日(土)

森林のミステリーサークル!

mistery circle

宮崎県日南市の森林に突如ミステリーサークルが出現しました。森林を管理する林野庁・宮崎万部森林管理署が2016年に飛ばしたドローンが上空から撮影してわかったものです。今からさかのぼること44年の1974年に、住宅建材用の杉に適した地元特産「飫肥(おび)杉」の成長を調べる試験林を実施しました。720本を同心円状に植えたのですが、36本の木で一つの円になるようにして、円の外側になるほど間隔をあけて植えられました。44年経過した現在、中心に一番近い杉の高さが約15メートルに対し、最も外側の杉は約20メートルに育っています。外側の杉ほど高く成長することがわかり、これまで植栽密度によって木の高さは変わらないというのが定説でしたが、それを覆すミステリー現象が起こっているのです。宮崎南部森林管理署によると、試験開始から約50年の23年に伐採する予定でしたが、現象の観察続行に加え、観光資源としてもこの試験林を残すことにしたそうです。時間があれば観察に出向いてみてください!

サグラダ・ファミリア!

カテゴリ: 雑記(散策) 公開日:2018年12月19日(水)

サグラダ・ファミリア!

46年前の1972年に訪れたことがあるサグラダ・ファミリアは、当時高い塔が4つしかなかったように記憶しています。当時から完成まで300年かかると言われ、工事中で教会の中には入れなかったような記憶があります。外から眺めると、塔や壁面に施された装飾がごちゃごちゃの感じで、実に奇怪な教会の印象でした。そもそも、サグラダ・ファミリアは、民間カトリック団体「サン・ホセ教会」が聖家族贖罪教会として計画し、初代建築家フランシスコ・ビリャールが無償で設計を引き受けました。1882年3月19日に着工しましたが、団体との意見の対立から翌年にビリャールは辞任し、その後を引き継いで2代目建築家に就任したのが、当時は無名であったアントニオ・ガウディです。ガウディは設計を一から練り直し、1926年に亡くなるまでライフワークとしてサグラダ・ファミリアの設計・建築に取り組みました。現在は8本の高い塔が完成していますが、ガウディの設計では全部で18本の塔が建つことになっています。12本が12使徒、4本が福音記者、1本が聖母マリア、そして最後の1本が特に高くイエス・キリストの昇天を表しているそうです。しかし、ガウディの発想はそこで留まりません。12使徒の塔は「鐘楼」として建てられ、全てが完成した暁には、その塔がピアノの鍵盤やパイプオルガンのような役割を担うことを意図していました。カラン、コロンと音色の異なる鐘を鳴らすことで、ガウディは建物そのものを楽器にして、文字が読めない人にも、聖書を知らない人にも。直感的にキリスト教が何かを体感してもらおうと考えたそうです。東門と西門には壮大なイエスの生涯が克明に彫刻されていて、イエスの生涯を学ぶこととが出来ます。完成まで300年はかかると予想されていた工事ですが、スペインの経済成長や拝観料収入などに支えられて進捗は加速しています。さらに、21世紀に入ってから導入されたIT技術を導入することで、3D構造解析や3Dプリンターによる趣味レーション検証が可能になり、建築工法にも一部RC造が導入されたため工期は大幅に短縮されています。公式発表によると、ガウディ没後100周年目の2026年に完成するそうです。大阪万博終了の翌年に、バルセロナでサグラダ・ファミリアを訪れるというのは如何でしょうか?(画像は現在と完成時のサグラダ・ファミリアです)

sagurada sagurada1

鋸山!

カテゴリ: 雑記(散策) 公開日:2018年12月15日(土)

鋸山!

日本百低山に選ばれている標高270メートルの鋸山は、千葉県の房総半島にあります。浜金谷駅から歩いて行っても1時間ほどで山頂に着きます。ロープウエイもありますが、途中に石を切り出した壁に彫られた巨大な磨崖仏(まがいぶつ)や百尺観音など、圧倒される彫り跡が残る切り立った垂直の壁があるので歩くのがお勧めです。山頂には展望台があって、眼下に漁港、そして海岸線が伸び、空の色を映したような深い青色の海が広がっています。遠方には三浦半島、そして天気がよかれば富士山の姿も見ることが出来ます。もう一つ、 山頂近くにある岩壁から突き出したテラスの「地獄のぞき」が人気です。広い海を一望に見渡せる絶景スポットですが、その場から見下ろすと足元がすっぱりと切れ落ちていて、思わずすくんでします人もいるそうです。電車では東京から浜金谷駅迄2時間強かかりますが、訪れる価値は十分あると思います。(画像は展望台からの眺めです。)
nokogiriyama

 

世界の未踏峰!

カテゴリ: 雑記(散策) 公開日:2018年12月01日(土)

世界の未踏峰!

1953年にエドモンド・ヒラリーとテンジン・ノルゲイの2人がエベレストの登頂に成功してから63年が経ちますが、世界にはまだ未踏峰が残っています。日本に目を向けてみると、最後まで未踏峰として残っていたのは北アルプス立山連峰にある標高2999mの剱岳ですが、1907年7月に国土地理院の前身に当たる陸軍参謀本部陸地測量部より派遣された測量隊により初めて登頂され、現在未踏峰は存在しません。登山家の装備も63年前とは比べものにならないほど進化しているのに、現在に至るまで未だに足を踏み入れられていない山があるとは驚きです。世界の未踏峰をいくつか掲載します。
○ ガンケルプンスム(7570m)

世界で最も幸福な国といわれているブータンと、中国チベットの国境にそびえるブータンの最高峰です。2018年現在、誰も登頂に成功していない山の中で最高峰です。2003年にブータンのワンチェック国王がこの地を永久未踏峰とすることを宣言したため、ブータン側からの登山許可が今後下りることはありません。世界中の登山家が挑戦を希望しているので、チベットからの許可を取得する手段もあるらしいですが、このあたりの国境線は定かではないため、中国も許可を下せずにいるそうです。

  梅里雪山(6740m)

梅里雪山とは、中国の雲南省デチェン・チベット族自治州に位置する、長さ30kmにもわたる連山の総称で、連山のすべてが未踏峰です。最高峰はカワカブと呼ばれる雪山(6740m)です。梅里雪山の周囲は金沙江(長江の上流)、メコン川の上流、怒江という3つの大河が、わずか70kmから100kmの幅で並行して流れている、世界でも稀に見る地形になっています。急流によって削り取られた連山は険しく、インド洋から吹くモンスーンの影響のため、一年中雪に覆われ人を寄せ付けません。国の方針とか宗教上の理由ではなく、正真正銘、難攻不落の未踏峰です。

○ カイラス山(6656m)

巨大な岩の塊のようなこの山はチベット高原西部に位置する独立峰で、チベット仏教の聖山であるため、登頂許可が出ません。チベット仏教だけでなく、ヒンズー教、ボン教(チベットの伝統宗教)、ジャイナ教の聖地でもあり、公的な交通手段もほとんどなく、バックパッカーには秘境としての色が強くなってきています。しかし、山を囲む1周52kmの巡礼路があり、トレッキングの名所としても知られていて、ここを訪れる観光客も多いそうです。

○ マチャプチャレ(6993m)

ネパールとヒマラヤのアンナプルナ山脈に位置しています。ネパール第2の都市、ポカラから眺めるマチャプチャレは、名峰マッターホルンに似ていることから、「ネパールのマッターホルン」と呼ばれていて、その美しい姿は、世界で最も美しい山とも評されています。この山には1957年にイギリス人のJ・ロバーツが山頂直下50mまで登りましたが、マチャプチャレが古くから聖山として崇めらていたため、そこで止めてしまいました。ロバーツ以降、ネパール政府は、シヴァ神に関する神聖な山として、一切の登山許可を出していません。

  キュンガリ(6599m)

中国のチベット自治区とネパールの国境付近にあるアルプス・ヒマラヤ造山帯のヒマラヤ山脈にあります。現地の住民も知らない人がいると言うくらい謎めいた山で、現地の登山地図にキュンガリが掲載されていないそうです。近年では2013年秋に日本の登山家の辻秀信が挑戦しましたが、現地でも知られていない山ということもあり、山容を確認するところから始めなければならなかったようで、この挑戦は残念ながら失敗に終わりました。

  サイプル山(3109m)

南極大陸サイプル島にある未踏峰です。サイプル島は南極大陸の沿岸部から離れていて、サイプル山に到着するだけでも困難です。寒さ等の環境は別として、このアクセスの悪さが未踏峰の原因となっています。