メニュー

ブログ - ベストな補聴器購入の為の情報サイト

お問い合わせ

4133first.com

ブログBLOG

ATP1000・マドリードオープン!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2021年05月06日(木)

ATP1000・マドリードオープン!

久しぶりにテニスの試合を見ました。

オーストリアのティーム対オーストラリアのデミノーの対戦です。

第1セット3-0と22歳のデミノーがリードするのですが、世界ランク第4位の底力でティームが7-6で第1セットを取り、

そのままなんとか寄り切った感じの試合でした。

マドリードオープンはクレーコートの試合ですから、ストローク合戦になるのが当たり前ですが、

昔に比べるとストロークを打ち合う激しさが増していますし、脚力も相当向上している様に感じました。

しかし最も驚いたのは、プレーを見る私の感情と言うか情熱というか感性が変わったことでした。

間質性肺炎により走れなくなったのでテニスは出来なくなりましたが、テニスに対する感性まで変わるとは思いませんでした。

感性が変わった理由はもう一つあります。新型コロナウイルスの影響で観客が少なく、

素晴らしいショットが決まっても、観客の感性や拍手などが見れなくて盛り上がれないことです。

この現象はおそらく東京オリンピックでも発生することなので、盛り上がれないオリンピックより、

国民を守ることを最優先してほしいところです。

マスターズ優勝おめでとう・松山選手!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2021年04月12日(月)

マスターズ優勝おめでとう・松山選手!

85年間待った甲斐がありました。

ついに日本人のグランドスラム優勝が誕生したのです。それも誰もが夢見るマスターズですから最高ではないですか!

松山選手を祝福する気持ちとと日本人が勝ったことと両方で涙が止まりませんでした。

追い上げていたシャウフェレが16番で脱落してくれたので勝利は確実と思いましたが、

自らのもたつきから最後はハラハラドキドキの勝利でした。

精神的にものすごいプレッシャーがあったのでしょうが、最後まで気持ちが切れなかったのが勝因でしょう。

これで松山選手は無冠の呪縛から解放されますから、更なる飛躍が待っているかもしれません。

先日の水泳で復活した池江選手と共にコロナ禍で消沈する我々に元気と勇気を与えてくれて有り難う!

マスターズ・松山首位!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2021年04月11日(日)

マスターズ・松山首位!

凄いことが起こっています。

日本人参加85年目のマスターズで、松山が2位に4打差をつけて首位に立ったのです。

マスターズの最終日は逆転劇を期待するかの様にカップの一を色々変えるようなので、

2位以下の選手が猛チャージをかけてくることも多分にあります。

残り18ホールで松山がさらに攻めるか、守りに入るか、最初の5ホールくらいで流れが出来上がるのではないでしょうか?

生涯でそれほど沢山チャンスがあるわけでは無いので、気持ちの面で悔いのないプレーをしてほしいと思います。

頑張れ松山!

トップリーグ・1次リーグ佳境!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2021年04月05日(月)

トップリーグ・1次リーグ佳境!

世界の著名選手が集結した今年のトップリーグは迫力満点のプレーを展開してくれています。

各試合の中身も凄く濃いように思います。これであれば、出場している日本選手達も、

知らず知らずのうちにレベルが上がっているのではないでしょうか?

次週は1次リーグの最終戦で、レッドとホワイトのコンファレンス順位が決定します。

レッドは先日の全勝対決でサントリーがクボタをかろうじて破り1位を程確定させました。

それにしても竿後に勝負を決めたボーデン・バレットは、まるでラグビーの神様みたいで凄いですね。

興味は2位争いです。トヨタとクボタの直接対決がありますので、勝った方が2位になるわけです。

2次リーグのことを考えるとここで勝つか負けるかは雲泥の差があるように思います。

ホワイトは昨日パナソニックと神戸製鋼が引き分けたことで、1~4位の順位が不透明になりました。

最終節はパナソニック対ヤマハ、神戸製鋼対NTTドコモです。

勝ち負けの可能性や点数差による加算点などがあるので様々な可能性が出てくるのです。

TVでの放映がほとんど無く結果やハイライト映像で想像しているところが大きいのですが、

それでもプレーが目に浮かぶような刺激を受けます。

コロナ禍報道で不安が感じられる世の中にあって、素晴らしいプレーを展開して

我々を励ましてくれるトップリーグを応援しましょう!

さわやかな決勝戦・2021年選抜高校野球!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2021年04月02日(金)

さわやかな決勝戦・2021年選抜高校野球!

頂点に立った東海大相模、54年ぶりの優勝は出来なかったけど見事な戦いだった明豊、

試合の進行過程、両校選手達のキビキビとした動き、堅い守り、全員野球、1点を争う展開

両校投手達の粘り強い投球、9回裏のサヨナラ勝ちなど、高校野球の良さが十二分に出た素晴らしい決勝戦だったと思います。

最近は全国から有力選手達を集め、言わば常勝軍団としてくる高校が多い中で、

そのようなチームも打ち破って勝ち残った2校は素晴らしかったのではないでしょうか・

短期決戦ですから、先日開幕したプロ野球と同じ土俵で比べるわけにはいきませんが、

気迫という点では高校野球の方が優っているように映りました。

決勝を争った両校はおそらく気持ちを切り替え、夏の甲子園に向けた準備に向いているのだと思います。

厳しい地区予選を勝ち上がらないと甲子園にはたどり着けないわけですから、期待と不安が交錯していることでしょう。

今回の名勝負を自信に変えて、再度甲子園に登場することを待ってまーす!

いよいよ決勝戦・選抜高校野球!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2021年04月01日(木)

いよいよ決勝戦・選抜高校野球!

昨日行われた準決勝戦で東海大相模と明豊が勝ち上がりました。

天理の達投手が脇腹の故障で登板を回避、中京大中京の畔柳投手が投球数の縛りで先発を回避したのが影響した様に思います。

昔は全試合投げ抜く投手がかなりいたと思いますが、最近は将来性を大切にするためか、

普段の練習でも投球数にこだわる練習が主流になっているようです。

この傾向はこれからも継続される可能性が高く、優秀な投手を2~3選手保有している

高校が優勝に近づくということになるのでしょう!

負けてしまった天理も中京大中京も2番手、3番手の優秀な投手はいるようなので、今回の敗戦を研究材料として

夏の甲子園に向けてしっかり準備をすれば、出場だけでなく優勝を目指す注目されるチームになるように思いました。

決勝を戦う東海大相模と明豊は打力では互角と思われます。勝負の鍵は両チーム投手達のでき次第ということになりそうです。

下馬評では両校とも2番手くらいの期待度だったように記憶していますが、

特に54年振りの決勝進出である明豊は智弁学園、中京大中京を破っての進出ですから目を見張るものがあります。

東海大相模の石田投手も26イニング無失点なので、話題性が多い魅力十分な組み合わせになったと思います。

泣いても笑っても最後の大舞台。

高校野球ファンとして、両校の熱戦をじっくり見守ろうではありませんか!

選抜高校野球・準々決勝!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2021年03月30日(火)

選抜高校野球・準々決勝!

昨日準々決勝4試合が行われました。

結果は私の予想に反し、どの試合もちょっと大雑把な試合になりました。

3試合目ということで、どのチームの監督も誰をどの順番で投手に起用するかで

頭を悩まします。結果的には全ての高校が正攻法で試合に臨んだ感じでした。

勝ち残った天理対東海大相模、明豊対中京大中京はいずれも打力に自信があるチームなので、

決め手は投手の調子とエラーの数になりそうです。

もう一つ投手の投球制限という条件があるので、これが大きな影響を与えるかもしれません。

今日は4チーム公平に1日の休みがありますので、しっかり休養を取り準決勝に臨んでほしいと思います!

ここまで来たら、どの高校が勝つかではなく、熱く中身の濃い試合をしてほしいと思います。

祝優勝・照ノ富士!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2021年03月29日(月)

祝優勝・照ノ富士!

大相撲3月場所は鶴竜の引退、横綱不在、ふがいない大関など、悲観的な流れが先行しましたが、

最後には最も期待されていた照ノ富士が優勝して全て画丸く収まりました。

照ノ富士には心からお祝いを申し上げたいと思います。

23歳で初優勝し前途洋々だったのですが、その後、強引な相撲スタイルが影響し、両膝の負傷、

そしてC型肝炎、糖尿病などを煩い、2018年には両膝を手術し、さらに、右足の十字靱帯と左足の半月板をなくし、

2019年には序二段まで落ちたのです。

本人は何度も引退を申し出たらしいですが、伊勢ヶ浜親方が頑と認めず、家族の支えもあり、そこからの再起に立ち上がったのです。

こういう復活劇は映画でいうとロッキー4を思い出しますが、照ノ富士の体験した辛さは比較にならなかったのではないかと思います。

思うように動かない膝をどのように守りながら動きを加えるか、病気を如何に早く治すか、

相撲スタイルを如何に変えるか等、一瞬の気の緩みが出せない状態が2年間続いたのですから。

幸いなことに、身体は大きくパワーもあり、それに加えて人一倍の闘争心があったのが心の支えになったのでしょう。

来場所は大関として土俵に上がります。

今場所も後半に膝を悪化させたようですが、そんな蘇振りは全く見せず最後まで勝ち抜きました。

来場所からは、照ノ富士対策として、多くの力士が激しく動き回る相撲を展開してくるように思います。

何故なら、膝に負担をかけさせ、万全な膝の状態を切り崩そうとするからです。

来場所も優勝すると横綱になれるのか分かりませんが、かき回し作戦を封じ、まわしを引くだけでなく、

かいなをかえす等、腕をうまく使いながら前傾姿勢で前に出るスタイルを完成させて、2連勝を目指してほしいと思います。

やがて横綱になったとしても短命では本人も納得できないでしょうから、

十分過ぎるほどの万全な準備で横綱を目指してほしいと思います!

他の力士達は今場所の照ノ富士を見ていて何を思ったでしょうか?

「照ノ富士は凄い」などと思っているようでは今後伸びる余地はないでしょう。

コロナ禍で出稽古が出来ないことを理由にしている力士も多くいますが、自分の強い部分と弱い部分を分かっていれば、

それを是正・強化する方法はいくらでもあるように思います。

来場所の各離棋士の面構えがに変化があることを期待しましょう。

大相撲3月場所千秋楽!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2021年03月28日(日)

大相撲3月場所千秋楽!

何か変な大相撲3月場所千秋楽です。

10勝1敗でトップを走っていた高安が連敗を喫して4敗となり、

3敗には照ノ富士だけが残ることになりました。なんだかよくわからない展開です。

高安は大関時代を含め優勝したことがありません。

優勝ということにトラウマがあるのか、ものすごく優しい性格なのか分かりませんが、

今回優勝出来ないと、優勝という名を勝ち取ることが出来ない力士になる可能性もあります。

本日最終的に誰が優勝するのか分かりませんが、これまでの14日間を通して強い意志と

闘志を前面に出していた上位陣は照ノ富士だけだったのではないでしょうか?

3人の大関は横綱不在ですから、言わば看板力士として、いつも以上に闘志を前面に出して

相撲と取らないといけないのですが、3力士ともそんな意識は感じられません!

優勝争いは別として、今場所特に味のある相撲を取ったのは若隆景と翔猿だけだったように思います。

しっかりしてください大相撲!

選抜高校野球・いよいよ準々決勝戦!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2021年03月27日(土)

選抜高校野球・いよいよ準々決勝戦!

本日2回戦が終了し、ベスト8が出揃いました。

私の予想はほとんど当たっていましたが、唯一市立和歌山が明豊に負けたのが外れました。

明日は一番面白く、沢山観戦出来る準々決勝です。

仙台育英対天理は仙台育英が若干有利ではないでしょうか?

東海大相模対福岡大大濠は東海大相模の投手が充実している東海大相模が有利と思います。

明豊対智弁学園は層の厚さで智弁学園が有利でしょう。

東海大菅生対中京大中京はやはり中京大中京に軍配が上がりそうです。

しかしながら、私の予想は半分は当てになりません、

何故なら、終盤に近づくと選手達に疲労が溜まり、特に投手達が思わぬ乱調になることが

あるので、全く予想外の結果にあることもあるからです。

天気予報では明日は雨模様らしいので、明後日に延期になる可能性があります。

本日勝ち上がった智弁学園、東海大菅生、中京大中京には恵みの雨になるかもしれません。