メニュー

ブログ - ベストな補聴器購入の為の情報サイト

お問い合わせ

書籍購入はこちら

4133first.com

ブログBLOG

陸上競技の花・男子100メートル世界記録の歴史!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2020年07月06日(月)

陸上競技の花・男子100メートル世界記録の歴史!

オリンピックでも世界陸上でも陸上競技の花といえば男子100メートルだと思います。

最近ではジャマイカのウサイン・ボルトが強烈な印象を残しています。

世界記録の歴史を振り返り、その経緯を記録として本サイトに掲載しておきます。

国際陸上連盟が初めて公認した世界記録は1912年の10秒6でした。
ストックホルム五輪でドナルド・リッピンコット(アメリカ)が出した記録です。

当時は手動計時だったので、相当の誤差があったかもしれません。

電動計時が導入されて初めて認定された世界記録は9秒95です。これは1968年の

メキシコ五輪でジム・ハインズ(アメリカ)が出した記録です。標高2000メートルを

超える高地での記録だったため、次に世界記録が更新されるまで15年かかっています。

この記録を破ったのが1983年にカルビン・スミス(アメリカ)が出した9秒93でした

 

余談ですが、高地のメキシコ大会ではもう一つとんでもない記録が生まれました。

それは男子の走り幅跳びです。ボブ・ボーモンが8メートル90を飛んだのです。

あの時TVで見ていたのですが、助走の加速力で距離を稼ぐのではなく、家の2階まで

届くような跳躍力で、彼が鳥になった様な印象が今でも残っています。

8メートル90は1991年にマイク・パウエル(アメリカ)が記録した8メートル95まで

23年間破られない記録でした。

 

カルビン・スミスの記録を超えたのは1988年のソウル五輪まで5年間かかりました。

この時の決勝戦も男子100メートルの歴史に残る出来事でした。大本命と言われていた

カール・ルイス(アメリカ)を、背が低くロケットスタートを誇るベン・ジョンソンが対決

したのです。結果は、ベン・ジョンソンが世界新記録の9秒79で制し、カール・ルイスは9秒92で

2位になったのです。その時カール・ルイスが負けたことに加え、9秒9を切ることは

難しいと言われていた時代に9秒79という前人未踏の記録で、世界に衝撃が走りました。

しかし驚きはそれで終わりにはなりませんでした。レース後にドーピングが発覚し、

ベン・ジョンソンが失格となり、カール・ルイスの優勝と9秒92の世界記録が認定されたのです。

 

9秒8台を最初に記録したのはカール・ルイスです。1991年の世界陸上東京大会で

9秒86を出したのです。1984年のロサンゼルス五輪で100メートル・9秒99、

200メートル・19秒80、走り幅跳び・8メートル54、4×100メートルリレー・

37秒83の4種目で金メダルを獲得した時が全盛期と思っていましたが、

凄く息の長い選手であったことが分かります。

9秒7台に突入したのは1999年のアテネ国際グランプリでした。モーリス・グリーン

(アメリカ)が9秒79を出したのです。

 

その後、男子100メートルはジャマイカ勢が主導権を握ることになりました。

21世紀に入り、2005年にアサファ・パウエル(ジャマイカ)がアテネで行われた

スーパーグランプリで9秒77を出し、さらに2007年には9秒74を出しました。

そして、人類最速の男として登場したのがウサイン・ボルト(ジャマイカ)です。

2008年の北京五輪で史上初の9秒台である9秒69を記録したのです。

そして、現在の世界記録は、2009年にベルリンの世界選手権で夢の9秒5台となる

9秒58です。人類は約100年間で1秒速くなったのです!

 

世界中で沢山の方々がTVを見たと思いますが、196センチメートルの巨体と

大きなストライドで加速する姿は世界を震撼させました。ボルトはその後も競技に

出場し、2017年まで現役でしたが、8年間で9秒5台を出すことは叶いませんでした。

果たして9秒58が人類の出せる最高記録なのか、それとも、この記録を破る選手が

今後出てくるのか、我々の興味は果てることがありません。

日本高校野球連盟の粋な計らい!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2020年06月11日(木)

日本高校野球連盟の粋な計らい!

昨日大々的に発表されましたが、日本高校野球連盟の粋な計らいにより、選抜高校野球に

選ばれていた32校が聖地甲子園で、交流試合をすることになりました。

たとえ1試合であっても、選抜に選ばれるまで積み上げてきた努力をTV観戦する

全国の高校野球ファンに見せることが出来るのです。ファン側の我々も8月の楽しみが

復活したことや今年の高校球児のレベルをチェック出来る貴重な機会でもあり大歓迎です。

さらにプロ野球のスカウト陣も喜んでいることでしょう。

今年のドラフトに向けて全国を巡り、逸材発掘に汗を流しているスカウト陣は今年ほど

推奨リスト作りが難しい年はないと思います。選抜高校野球が中止になって一斉に

外出自粛となったので、球児達の練習状況が把握出来なかったのです。今回の計らいで、

少なくとも32校は練習を再開し、注目される選手達をチェックすることが出来ますし、

出場しない球児達も練習を再開するでしょうから、掘り出し物の球児を見つける

BIGチャンスかもしれません。

何はともあれ、後世に残るような白熱した試合を沢山期待しましょう!

32校は次の通りです。

北海道:白樺学園・帯広農

山形県:鶴岡東

宮城県:仙台育英

福島県:磐城

群馬県:桐生第一・健大高崎

埼玉県:花咲徳栄

山梨県:山梨学院

東京都:国士舘

神奈川県:東海大相模

石川県:星陵・日本航空石川

静岡県:加藤学園

愛知県:中京大中京

岐阜県:県岐阜商

奈良県:智弁学園・天理

和歌山県:智弁和歌山

大阪府:大阪桐蔭・履正社

兵庫県:明石商

岡山県:倉敷商

鳥取県:鳥取城北

広島県:広島新庄

島根県:平田

香川県:尽誠学園

高知県:明徳義塾

長崎県:創成館

大分県:明豊・大分商

鹿児島県:鹿児島城西

第87回日本ダービー・コントレイル圧勝!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2020年06月01日(月)

第87回日本ダービー・コントレイル圧勝!

無観客の異様な雰囲気の中で行われた第87回日本ダービーは、全国の3歳馬7262頭

から選ばれた18頭が出走しました。

勝ったのは「飛行機雲」を意味するコントレイルです。あの伝説のディープインパクトの

子供で前回出走の皐月賞に続き重賞2連覇を達成しました。これで5戦無敗です。

daby3

このまま無敗で秋に開催される菊花賞を制すると、父親ディープインパクト以来

15年振りの無敗3冠馬になります。

コントレイルは父親に似てそれほど大きい馬ではありませんが、昨日見ていた限りでは、

後ろ足の着地点が他の馬よりかなり前のように思いました。

それほど力が入った足り方ではないのに体が前に伸びていくようで、血統の力は

凄いものだと痛感しました。

daby4

新型コロナウイルスの影響で、スポーツの世界ではほどんどの大会が中止や延期になり、

何も観戦出来なくて寂しい次期を過ごしているわけですが、秋には無敗3冠馬の誕生が

期待出来るような、見事な日本ダービーを見てスカッとしました。

飛行機雲が新型コロナウイルスをどこかに運び去るようにも思えました。

ちょっと早すぎるかもしれませんが、コントレイルが3冠どころか7冠馬になって、

ディープインパクトが成し遂げられなかった凱旋門賞優勝を期待しましょう!

第102回全国高校野球選手権大会・中止!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2020年05月21日(木)

第102回全国高校野球選手権大会・中止!

日本の8月が興奮の坩堝と化す夏の甲子園大会が、新型コロナウイルスの影響で

中止となることが決定しました。

今年は全国の予選会で3800校の高校が参加して、都道府県代表を目指すことに

なっていましたが、予選会も中止になりました。春の選抜選手権も中止でしたから、

今年の高校球児は公式戦が全くなくなることになります。

夏の甲子園は1915年に始まりました。1918年の米騒動、1941年の戦局深刻化、

1942~45年の戦争で開催されませんでしたが、それに続く決定です。さらに、

選抜と夏の甲子園が同時に中止されたはじめての出来事です。

日本の青少年が一番親しむスポーツである硬式野球での中止なので大変残念ですが、

球児の安全、安心を最大限配慮した苦渋の決断だと思いますので、この怒りは

新型コロナウイルスに向けるしかありません。

高校球児達が5年も10年も野球に打ち込んで培った身体能力や粘り強い精神力は、

次のステップでも十分通用する武器だと思います。

甲子園で全てが終わるわけではないので、自信と勇気を持って新たな環境で

実力を十二分に発揮してほしいと思います。

高校球児の皆さん、頑張れ!

富士山登山や夏の甲子園まで新型コロナウイルスの影響!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2020年05月16日(土)

富士山登山や夏の甲子園まで新型コロナウイルスの影響!

新型コロナウイルスは本当に困った存在です。

日本人が楽しみにしている富士山登山や夏の甲子園まで奪おうとしています。

fuji568

1. 富士山:

富士山は登山ルートが4つあります。山梨県側の吉田ルートと

静岡県側の富士宮ルート、御殿場ルート、須走ルートです。

山開きは毎年7月1日から9月10までですが、昨日山梨県が吉田ルートを

通行止めにすると発表しました。

背景には、ルート上にある山小屋16軒を管理する富士吉田口旅館組合が、

既に今夏の一斉休業を決めていたことと、8合目救護所の休業でパトロールや

維持管理ができないためだそうです。

他方の静岡県側ですが、富士宮ルートにある山小屋を統括する富士山表富士宮口

登山組合が山小屋全9軒の一斉休業を決めているので、富士宮ルートは通行止めに

なる可能性が高くなっています。残る御殿場ルートと須走ルートはまだ正式な発表は

出していませんが、吉田ルートと富士宮ルートの状況を考慮すると、

通行止めの決定が下される可能性が高いです。

毎年沢山の方が富士山登山を楽しみにしていますので、出来れば2ルートだけでも

開けておいてほしいと思います。

2. 夏の甲子園:

1915年に始まり、今年は102回大会が開催される予定だった夏の甲子園が開催の

危機に瀕しています。昨年は全国で3730校が予選に参加し、星陵・奥川投手快投や

大船渡の怪物・佐々木投手の出現などで大いに盛り上がったことは、奥にまだ記憶に

新しいところです。選抜大会が中止になったため、夏の甲子園に闘志を燃やしていた

高校球児達や、毎年新たなドラマを期待する観客が注目する大会ですが、本日の報道に

よると、日本高校野球連盟が大会の中止を検討しているようです。

沢山のスポーツ競技が中止や延期になり、スポーツというものは、やる側も見る側も

純粋な娯楽としてとても大切なものであることを痛感しました。

20日に最終決定が下されるようですが、何としても開催してほしいと思います!

新型コロナウイルスに負けるな!

MLB挑戦への道を切り開いた野茂投手!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2020年05月03日(日)

MLB挑戦への道を切り開いた野茂投手!

今でこそMLBに挑戦する選手が毎年出てきていますが、昔はMLBのレベルが高すぎて

誰も挑戦など考えていませんでした。

1964年に村上投手が降って沸いたように初めてメジャーリーガーになりましたが、

その後31年間誰も挑戦したことがなかったのです。

1995年5月2日に、サンフランシスコ・ジャイアンツの先発投手としてマウンドに

立った野茂投手が、改めてMLB挑戦への道を切り開いたと言えるでしょう!

私は1986年~1992年の間、日本で生活していたのですが、仕事がいそがしくて、

プロ野球もあまり見たことがなく、1990年に近鉄に入団した野茂投手のことは、

全くと言って良いほど知らなかったのです。1997年にエクアドルから帰国した後、

MLBの世界にいる野茂投手が、トルネード投法で素晴らしい活躍をしていることを

知りました。当時は、現在のようにTVで実況放送をやっている時代ではなかったので

全てスポーツ新聞の情報でした。メジャー挑戦から25年経った今、野茂投手の

野球人生がどのようなものであったか調べてみました。

小・中学校時代は全くの無名選手であった野茂投手は高校進学の時に、名門野球部の

セレクションをいくつか受けましたが不合格となり、当時の大阪府立成城工業高等学校

(現在は大阪府立成城高等学校)に進学しました。高校時代の目立った成績は2年生時の

完全試合達成と3年生時の予選会ベスト16(5回戦)進出程度でした。

高校卒業時に既にプロから誘いがあったようですが、新日本製鐵堺へ入社しました。

1年目に最大の武器となるフォークボールを習得し、2年目には新日本製鉄堺を

都市対抗野球大会に導き、日本代表にも選出されました。

1988年のソウルオリンピックでは、日本の銀メダル獲得に貢献しています。

名実共にアマチュアNo.1投手となった野茂投手は、1989年のドラフトで史上初の

8球団から1位指名を受け、近鉄バファローズに入団しました。推定契約金は史上初の

1億円台となる1億2000万円、推定年俸は1200万円で、契約時に投球フォームを

変更しないという条項が付け加えられたそうです。

1年目の1990年は新人ながら最多勝利・最優秀防御率・最多奪三振・最高勝率の

投手四冠を独占したほか、ベストナイン・新人王・沢村栄治賞・MVPにも輝きました。

新人王・沢村賞・MVPをトリプル受賞したのは野茂投手だけです。

1991年には自身の記録を塗り替える6試合連続2桁奪三振を記録した他、1993年

にも5試合連続2桁奪三振を記録しました。同時に1990年から1993年にかけ、

史上初の新人年からの4年連続最多勝と最多奪三振のタイトル同時獲得を達成しました。

1994年は肩の故障が発生し、あまり良い年ではなかったようです。

1994年のシーズン後、契約更改交渉でいくつか折り合いがつかず、国内他球団での

プレーは出来ない任意引退の扱いで退団しました。任意引退がMLBまで影響しない

ことが分かっていたので、1995年にMLBに挑戦して、皆さんがご存じの通りの

大活躍を果たしたのです。

野茂投手が所属したMLB球団は次の通りです。

ロサンゼルス・ドジャース:1995-1998

ニューヨーク・メッツ:1998

ミルウォーキー・ブルワーズ:1999

デトロイト・タイガース:2000

ボストン・レッドソックス:2001

ロサンゼルス・ドジャース:2002-2004

タンパベイ・デビルレイズ:2005

カンザスシティ・ロイヤルズ :2008

一番長く在籍したドジャース以外は1年契約でし、マイナー契約の年もありました。

野茂投手でもMLBでのコンディション維持が難しいことがわかります。

様々な記録を作った野茂投手ですが、2回達成したノーヒットノーランが今でも

語り草になっています。

   MLBの ノーヒットノーランは、1876年7月15日にジョージブラッドリー投手

が史上初のノーヒットノーランを達成して以降、近々では2019年9月1日に

ジャズティン・バーランダー投手が達成するまで、303回のノーヒットノーランが
記録されていますが、毎シーズンの4月4日に達成した投手はいません。

つまり、MLB史上最速達成記録保持者なのです。

   最初のノーヒットノーランは、1995年9月17日にロッキーズの本拠地球場

「クアーズ・フィールド」で達成され、2度目のノーヒットノーランは、

オリオールズの本拠地球場「オリオール・パーク・アット・キャムデン・ヤーズ」で

達成されました。

  おそらく球場が他の球場に比べて狭いのだと推測しますが、この2つの球場で

  ノーヒットノーランを達成した他の投手は存在しません。

つまり、野茂投手は唯一無二の投手と言うことになります!

テニスのウィンブルドン中止!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2020年04月02日(木)

テニスのウィンブルドン中止!

新型コロナウイルスの影響で2020年のウィンブルドン選手権が中止になりました。

全仏オープンはとりあえず9月まで延期されたましたが、まだ可能性があります。

ウィンブルドンも同様の対策がとられると思っていただけにショックは隠せません。

心配されるのが、膝の手術をして、ウィンブルドンで復活を期していたフェデラーです。
ウィンブルドンの王者に相応しいフェデラーの華麗なプレーを見たい方は多くいます。

現在38歳ですから、来年までベストな体調を維持できるかどうか判りません。

ウィンブルドンで有終の美を飾らせてあげたいのですが、果たしてどうでしょうか?

大相撲春場所・無事終了!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2020年03月23日(月)

大相撲春場所・無事終了!

35歳の白鵬が44回目の優勝で春場所が幕を閉じました。

新型コロナウイルス感染の脅威が世界を席巻している中、

日本大相撲協会は無観客で春場所を決行しました。

場所前は賛否両論が湧き上がり、序盤戦は無観客という会場の雰囲気に

力士はもとより、TV観戦の大相撲ファンも違和感を感じました。

さらに、新型コロナウイルス感染が発覚したら、即中止という条件付きです。

現実に、千代丸が高熱を出し2日間休場したときは、これで中止かと思いました。

このような不安定な状況下で、連日健康管理に努め、集中力を切らさなかった力士達は、

春場所を無事に終了させた最大の貢献者達です。

様々なスポーツ団体が大会やイベントの中止を決定している中、

素晴らしい春場所を見せてくれて有り難うございました!

優勝争いも平幕の碧山が一時単独先行する等、面白い展開になりました。

最後は、7年振りの横綱相星決戦を白鵬が制し、44回目の優勝で場所を締めました。

途中2敗した相撲内容は横綱らしくないものでしたが、

負けた翌日の相撲内容は横綱らしい強さを見せつけていました。

さらに、大関候補として注目された朝乃山を下した相撲は、

まだまだ実力の差を感じさせるものでした。

一方、今場所大関昇進を目指した朝乃山は両横綱に敗れ11勝4敗となり、

今場所の昇進は無理かと思われましたが、千秋楽に大関貴景勝を破った相撲内容など、

15日間取り続けた前に出る相撲内容が評価され、大関昇進が決定したようです。

一人大関が解消されて良かったのではないでしょうか!

千秋楽恒例の優勝表彰式の進行が早まったおかげで、毎場所放映されていなかった、

「出世力士手打ち式」と「神送りの儀式」まで、放映されたことも良かったと思います。

kamiokuri

伝統の継承という大相撲の底力を見せてくれた感がありました!

5月場所は、満員の観客が見守る中での熱戦を期待しようではありませんか!

高校球児・大願成就を目指し頑張れ!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2020年03月12日(木)

高校球児・大願成就を目指し頑張れ!

kousien

2020年選抜高校野について、無観客で開催するかどうかの結論を先延ばしにしてきた日本高野連でしたが、昨日の記者会見で、最終的に大会を開催しないとの結論を発表しました。

遅ればせながら、WHOも新型コロナウイルスの状況についてパンデミック認定を発表しました。

今回の判断の背景には、新型コロナウイルス感染の進捗状況やプロ野球などの開催延期の動き、そして、大相撲の無観客試合の進行状況など、マイナスの判断材料が沢山あってのことだと思います。

この結論の是非についていろいろな見方や意見が報道されていますが、WHOの発表以前に出した日本高野連の決定は、個人的にはこれで良かったのではないかと思います。

現政権が小・中・高校の休校を要請して以来、満足にチーム練習が出来ていない高校もあることでしょうし、選抜されている高校の中で、甲子園に出場することで新型コロナウイルスに感染するリスクを避けたいという高校も出てくる可能性があります。

さらに指摘するとすれば、野球の醍醐味は選手と観客が一体となって楽しむスポーツのように思えるので、経費面のことも含め無観客試合というのは基本的にあり得ないのかも知れません。

昨日は東日本大震災から9年が経過した節目の日でした。

9年前は、決して忘れることは出来ない大惨事の中で、選抜高校野球は開催されました。

大変な時期でしたが、逆境の中でも全力を尽くしてプレーする選手達の姿を見ていただくことで、被災地の皆さんを励まそうと言うのが開催理由だったと記憶します。
今回の新型コロナウイルス問題は、どこまでも感染が広がってしまう可能性があるので、事情が大きく異なります。この感染に国境はありませんから、世界が一緒になって、感染の抑制に取り組むことが最優先ではないでしょうか!

出場予定であった高校の選手諸君達の中には、将来プロ野球選手の夢を抱いている人も多くいると思います。今回大会が中止になり、アピールする機会が無くなったとがっかりする選手がいるかも知れません。

しかし、そんな必要は無いのです。何故なら、プロ野球のスカウト陣はこまめに全国を訪れて、沢山の選手達を調査しているからです。

「自分が努力していれば誰かが必ず見てくれている」という信念を持って、

これからも自己研鑽に励んでほしいと思います!

一山選手・東京オリンピック マラソン代表内定!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2020年03月10日(火)

一山選手・東京オリンピック マラソン代表内定!

ichiyamanagoya1

4回目のマラソンで、3月8日に行われた名古屋ウィメンズマラソンに挑戦した22歳の一山選手が、日本人国内最高記録の2時間20分29秒で見事優勝しました。男子も女子も日本人選手のレース運びは、有力外国人選手に必死に食らいつく展開が多いのですが、この日の一山選手は違いました。ペースメーカーの役割である30km迄待つことなく、28km付近でペースメーカーを置き去りにして先頭に出たのです。飛び出しが早すぎて、有力外国人選手達に追いつかれる心配が頭の中を過ぎりましたが、そのような心配は全く必要がありませんでした。30kmからこれほど強い日本人ランナーを見たのは久しぶりだったように思います。

まさに、「やるねー、一山」でした!

22歳という若さだから出来たのかも知れませんが、雨中の中で出した日本人国内最高記録にはさらなる可能性を感じさせました。女子の世界トップレベルが2時間14分台に突入しているので壁は高いですが、今後のトレーニングによっては2時間17~18分台は出そうな印象を受けました。

東京オリンピックが無事に開催されて、一山選手がメダルを獲得するところが見たいものです!