メニュー

ブログ - ベストな補聴器購入の為の情報サイト

お問い合わせ

書籍購入はこちら

4133first.com

ブログBLOG

【はじめての補聴器】サイトの主宰者が推奨する補聴器販売店!

カテゴリ: 販売店情報 公開日:2020年06月28日(日)

【はじめての補聴器】サイトの主宰者が推奨する補聴器販売店!

【はじめての補聴器】サイトは、中立な立場で、これから補聴器を購入される方が

必要とする安心と信頼の聞こえと補聴器に関する情報を提供するサイトです。

スイスの補聴器メーカーバーナフォンの日本代表として17年勤務し、補聴器販売店を

訪問させて頂いた経験から、いくつかの補聴器販売店の担当者を推奨しています。

今回は【香川県】です。

推奨店舗名:補聴器のやまだ

推奨担当者:山田代表

住所等:サイトの安心かつ信頼できる販売店情報(下記)を参照下さい。

https://www.4133first.com/information/dealer/131-37-kagawa/424-2017-04-03-06-02-29.html

 

山田代表の推奨理由:

1.声が大きく誠心誠意応対する人柄

2.難聴に関する深い見識

3.耳鼻科医からの熱い信頼

4.調整ソフトをたくみに扱える知識と経験

5.言葉の明瞭度を重視する補聴器調整

6.お客様の満足を徹底的に追求する姿勢

7.きめ細かいアフターケアの実践

8.複数のメーカー製品の取り扱い

8.【はじめての補聴器】サイトの主旨に賛同して参加

【はじめての補聴器】サイトの主宰者が推奨する補聴器販売店!

カテゴリ: 販売店情報 公開日:2020年06月26日(金)

【はじめての補聴器】サイトの主宰者が推奨する補聴器販売店!

【はじめての補聴器】サイトは、中立な立場で、これから補聴器を購入される方が

必要とする安心と信頼の聞こえと補聴器に関する情報を提供するサイトです。

スイスの補聴器メーカーバーナフォンの日本代表として17年勤務し、補聴器販売店を

訪問させて頂いた経験から、いくつかの補聴器販売店の担当者を推奨しています。

今回は【千葉県】です。

推奨店舗名:須山補聴器 千葉店

推奨担当者:古宮店長

住所等:サイトの安心かつ信頼できる販売店情報(下記)を参照下さい。

https://www.4133first.com/information/dealer/112-12-chiba/453-komiyatencho.html

 

古宮店長の推奨理由:

1.誠実で生真面目な人柄

2.難聴に関する深い見識

3.補聴器の製造とイヤモールド制作経験から補聴器の仕組みに精通

4.調整ソフトをたくみに扱える知識と経験

5.お客様の満足を徹底的に追求する姿勢

6.きめ細かいアフターケアの実践

7.複数のメーカー製品の取り扱い

8.【はじめての補聴器】サイトの主旨に賛同して参加

2019年11月・須山補聴器千葉店様訪問レポート!

カテゴリ: 販売店情報 公開日:2019年11月16日(土)

2019年11月・須山補聴器千葉店様訪問レポート!

昨日15日に【はじめての補聴器】サイトに参加いただいている須山補聴器千葉店を訪問して、古宮店長様と枝ヒアリングアドバイザー様から以下の通りお話を伺いました。

    新検見川地区の補聴器販売状況について:
不安定な天候とか消費税アップの影響はなく、安定した販売が続いています。商圏内に競合する補聴器販売店がないことも一因でしょう。また、眼鏡の量販店で補聴器を販売しているところがありますが、認定技能者がいない店ばかりなので、そこから弊店に流れてこられるお客様もおられます。

    集客の方法について:
弊店は基本的にチラシ広告とか定期的なキャンペーンは行っていません。来店されるお客様は連携している耳鼻科からの紹介か、これまで弊店で購入された方々の紹介で成り立っています。そういう意味では特殊な補聴器販売店かも知れません。

    補聴器に対するお客様の要望傾向について:

基本的には会話を充実させたいという要望が大半です。例えば、家庭内での会話や、外出した時の友人達との会話などです。家の中は静かな場所なので満足度は高く設定できる可能性が高いですが、外出時は騒音環境が様々なので、補聴器の設定には注意が必要ですし、一度で終わらないこともあります。

    お客様の難聴レベルについて:

弊店に相談に来られる方々の聴力レベルを大まかに分けると、軽度の方が10%、中等度の方が50%、高度の方が35%、重度の方が5%になっています。補聴器の種類としては、耳あな型が一番多く45%(カナルサイズが主体)、RICタイプが35%、通常の耳かけ型が20%といった比率です。重度難聴の方々には人工内耳も積極的に紹介しています。RICタイプについては落下防止と明瞭度向上の観点からマクロモールド装備を基準としています。充電池式については、充電池の性能にまだ不安定なところもあるようなので、現時点では積極的なお薦めはしていません。

    購入されるお客様への対応について:
購入の為に来店される方にはカウンセリングや聴力測定などでおよそ1時間かけています。あまり長くなるとお客様も疲れてしまうので、時間の使い方には気を遣っています。試聴は1週間を基本としています。もちろんご要望によって延長することもあります。最近補聴器が医療費控除の対象になったので、耳鼻科の先生と連携して対応させていただいています。

    補聴器の価格について:
最近の補聴器は性能がさらに向上し、補聴器メーカの設定する価格が上がっていることもあって、弊店での平均販売価格も20~25万円と上がっています。お客様が納得していただける機種選定をしていますので、弊店が設定している補聴器価格の値引きは基本的に行っていません。
【はじめての補聴器】サイトをご覧になって弊店に来店された旨伝えていただければ、何らかの特典は検討させていただきます。

補聴器/経堂様がキャンペーン情報を掲載しましたのでご覧ください!

カテゴリ: 販売店情報 公開日:2019年09月16日(月)

補聴器/経堂様がキャンペーン情報を掲載しましたのでご覧ください!

2019年6月・補聴器/経堂様訪問レポート!

カテゴリ: 販売店情報 公開日:2019年06月19日(水)

2019年6月・補聴器/経堂様訪問レポート!

6月6日「補聴器の日」キャンペーンを開催されている最中に、補聴器/経堂様を訪問してきました。既にキャンペーン開始から数日経過しており、ファサード前のテーブルに平置きされた資料はほとんど無くなっていました。

kyodo1 kyodo2

同店の人気の高さが伺われました。店内でインタビューをしようとしたときに親子でお客様が来店され、結局2時間ほど待たされることになりましたが、お客様の状況やご要望をお聞きして、聴力測定と語音明瞭度測定、さらには、何機種かでの試聴に至る懇切丁寧な一連の作業には感心させられました。石田代表の実直なお人柄が同店の評判に繋がっていることを確信した次第です。

インタビュー内容は下記の通りです。

〇 世田谷区の経済状況:

  特に世田谷区だけといった動きはなく、東京全般と同様、あまりぱっとしない状況が続

いています。弊店のあるすずらん通りは近辺にある学校の通学路にもなっていて、朝から晩まで結構人通りは多いのですが、この商店街でお金を使う方は余り多くなく、お店の入れ替えも結構発生しています。

〇 世田谷区の補聴器市場:
5月は大型連休があったせいであまり良い業績ではありませんでしたが、後半になって試聴されたい方々の訪問が増え、6月以降で成果が出るような気がします。6月に入り、メガネの量販店が補聴器の値引き販売(最大30%オフ)をチラシで大々的に告知しています。お客様はチラシに惹かれて一度は訪問されているようですが、多くのお客様が、販売店の説明に専門性を感じないせいか、弊店への来店が増えています。充電式に対する関心も高まりつつあり、弊店では既に20%が充電式になっています。電池を頻繁に購入する必要がないことと、そもそも電池を購入すること自体に気を使わなくていいことが注目されている様に思います。18年前に世田谷区で営業している認定補聴器専門店グループを3店で結成しました。その後PR活動を積極的にしていないので、それほどの認知度の向上につながっていませんが、それでもこのグループは継続していまして、現在4店舗になっています。補聴器販売店の信頼性が問われている昨今、同グループの存在感が高まることを期待します。

〇 問い合わせと来店客の動向:

  弊店のホームページと「はじめての補聴器サイト」の弊店ページをご覧意なって、問い合わせや来店される方が増えています。最近は世田谷区だけでなく、かなり遠距離から来られている方もおられます。大半は既に補聴器装用の経験がある方々ですので、微調整のための再来店が必要なことを理解されています。緊急の場合もありますので、ご自宅に近い販売店も見つけておいてくださいとお願いはしているのですが、いろいろお話を伺っていると販売店のレベルが未だばらばらであることを感じます。

〇 補聴器に対するお客様の要望傾向:
お客様のご要望で一番多いのはやはり言葉の明瞭性です。最近は各メーカーが明瞭性向上のために様々な機能を搭載してきていますが、ほとんどが高額製品になってしまう為、価格との妥協点を見つけるのに試聴に時間がかかる様になってきました。弊店では耳かけ型が70%を占めて、そのうちRICタイプは60%になっています。また、両耳装用は70%まで上がっています。

〇 補聴器価格動向:
平均販売価格に少しずつ下がっています。今年の平均価格は片耳で20万円ほどです。

〇 新たな取り組み:
補聴器の購入に至る一連のプロセスを簡単にまとめた動画を作成し、弊社ホームページと「はじめての補聴器サイト」の弊店ページに掲載しています。検索状況をチェックすると大変好評のようです。

今年も行っている6月6日補聴器の日キャンペーンは今後も継続していこうと思っています。

〇 商圏:
微調整の為にご自宅にお伺いすることができる地域としては世田谷区と杉並区です。はじめての時は、様々なこのとしなければならないので、来店して頂くようにしています。先ほども述べましたが、東京都以外の方も来られますので、そういう意味では商圏が広がっています。

  〇 価格対応:
基本的には各メーカーが提示する価格での販売をしています。弊店は複数のメーカー製品を試聴してもらうようにしていることもありまして、値引きを中心とする販売方法は取っていません。但し、お客様の事情を伺った上で出来る範囲の対応はしています。

  【はじめての補聴器】サイトの紹介の場合は、特典を検討させて頂きます。

2019年5月・(株)視聴覚センター様訪問レポート!

カテゴリ: 販売店情報 公開日:2019年06月09日(日)

2019年5月・(株)視聴覚センター様訪問レポート!

約4年ぶりに、熊本市坪井にある(株)視聴覚センター様を訪問してきました。

本サイトに参加されている同店は、68年前に営業を開始された熊本県下で最も歴史のある販売店です。

熊本県内の八代と天草にも支店があり、熊本県民の聞こえに寄り添ってきている信頼の販売店です。

複数の耳鼻科医との密接な連携があり、ちょうど耳鼻科から戻られた野島店長に話を伺うことが出来ました。

インタビュー内容は下記の通りです。

〇 熊本県の経済状況:

  2016年に発生した大地震の後遺症が未だ残っており、各地で復旧作業が続いています。しかし、県全体の経済状況は好転していません。熊本市観光の看板ともいえる熊本城がまだ修理中なのも大きな理由かもしれません。そんな中、唯一大きく変わったのは熊本駅です。全体が灰色の要塞の様な感じに生まれ変わりました。在来線のホームも高架になりましたが、支柱も屋根も四角形の太い木でつくられていて、これが駅ですかと思うような感じです。この風変わりな駅を建築家の安藤忠雄が基本設計をしたことを知り、成程と思いました。

kumamoto

〇 香川県の補聴器市場:
熊本地震の影響が補聴器市場にも出ていて、高齢者が補聴器にお金を使う余裕が減少しています。軽度と中等度の方々の買い渋りが見受けられます。高度難聴になってからでは言葉の弁別に支障を来す場合も出てくるので、早期の装用を啓蒙していますが、生活維持との兼ね合いなので難しい面があります。弊店は複数の耳鼻科医と連携を取っていますが、最近は耳鼻科医からの紹介が増えています。聞こえに困った方が、まず耳鼻科に行って補聴器の必要性について相談する傾向が増えているのかもしれません。耳の健康状態全般を見てもらえるので、良い傾向ではないでしょうか?

  最近出てきた充電式補聴器については、少しずつ認知度が上がっています。電池の 補充を気にすることや出し入れをする必要がないので、利便性が評価されています。

〇 問い合わせと来店客の動向:

  前述の通り、耳鼻科からの紹介が増えています。補聴器外来で耳鼻科に出向いた時に、時間をかけてカウンセリングをするようにしています。それを見ている耳鼻科の先生との信頼関係が強化されていることを感じます。

弊店はホームページを持っていないので、【はじめての補聴器】サイトにある弊店ページが役に立っています。このサイトを見て問い合わせや来店される方が増えています。

〇 補聴器に対するお客様の要望傾向:
熊本県の経済状況を反映してか、価格に対する要望が一番多いです。弊店は他店に比べ、価格設定を低くしていることも影響しているかもしれません。「他店だと高いものを中心に勧めているが、このお店は価格に良心的なので安心」とコメントされるお客様が多いです。従来は耳あな型が中心でしたが、最近は耳かけ型も増えています。お客様が見た目を気にしなくなっていること、価格選択の幅が広いこと、充電式が出てきたことなどが理由と思います。

また、最近は初めて弊店に来られる方が増えていて、現在新規と買い替えのお客様が50%対50%の状況です。

〇 補聴器価格動向:
全体的に価格は若干下がっている様に思います。弊店では片耳12万円が中心価格帯です。新規のお客様に対ししては、ご意向をよくお聞きしてから、試聴して貰う機種を選定しますが、基本的に最上級製品を勧めることはしません。試聴期間中に変更することはありますが、補聴器装用は慣れが必要なので、お客様のご要望と価格に焦点をあてて選定することにしています

〇 新たな取り組み:
従来から補聴器の貸し出しを行っています。これまでは、まず、最初の1週間使ってもらうようにお伝えしていましたが、最近は、3~4日後に最初の打ち合わせをするようにしています。特にはじめての方の場合は、補聴器使用に対する不安感もありますので、まめに打ち合わせと必要な調整をするようにしています。

また、補聴器外来でのきめの細かい対応が広まったせいか、耳鼻科との連携数が増えています。

〇 商圏:
訪問可能な商圏としては、熊本県中央とその北部になります。南部は八代、天草は天草が担当し、熊本全域の聞こえのケアを担っています。

〇 価格対応:
基本的にお客様には低価格で対応させて頂いておりますので、それ以上の価格値引きはしませんが、付属品の無償提供などは検討しています。

はじめての補聴器サイトを見て来店・購入された方には、特典の提供を検討します。

2019年5月・補聴器のやまだ様訪問レポート!

カテゴリ: 販売店情報 公開日:2019年06月07日(金)

2019年5月・補聴器のやまだ様訪問レポート!

約4年ぶりに、香川県綾川にある補聴器のやまだ様を訪問してきました。

本サイトに参加されている同店は、山田代表の労を惜しまない熱心な対応と補聴器に関する豊富な知識と経験、

さらには、複数の耳鼻科医との密接な連携が地元で評判の補聴器販売店です。

訪問した日は12時半ころ到着したのですが、次々とお客様が来られ、結局、お話が出来たのは2時半くらいでした。

お話を伺ったら、午前中も忙しく、昼食も摂れていない状況でした。

一昨年、お店を立て替えられたせいか、来店されるお客様が増えていて、毎日時間が経つのが凄く速いそうです。

インタビュー内容は下記の通りです。

〇 香川県の経済状況:

  所在地が琴電で40分かかる綾川地区なので、県庁所在地の高松市の経済状況とは少し違っていると思います。弊店は2003年に開業しましたが、その当時は弊店の周りに建物は余りありませんでした。2008年に突然、綾川に延床面積114,200m2のイオンモールが出来てから状況が一変しました。それまでは徒歩15分ほどかかる滝宮が最寄り駅でしたが、2013年には徒歩約4分のところに綾川駅が出来、さらにイオンモールと綾川駅を中心として新しい住宅地が形成されています。人の往来と言う意味では、香川県でもかなり活発な地域に変貌しました。

〇 香川県の補聴器市場:
弊店は耳鼻科医からの紹介が多いのですが、その数が急激に増えていることはないので、全体の需要に大きな変化はないように思います。但し、新規のお客様を紹介頂くことが増えているので、補聴器の認知度は上がっていると思います。高松市にあるメガネの量販店が充電式を勧めていますが、まだ広まっている感じはありません。

〇 問い合わせと来店客の動向:

  お客様の中心年齢は70歳以上ですが、前述の通り新規のお客様が増えています。
最近綾川地区に来られた方たちは、若年層が多いので、すぐにお客様になって行くとは思えませんが、この地区で弊店の知名度だけは確実に上がっていると思われます。連携している耳鼻科医は5院あるのですが、お互いの信頼関係のもとになる密接な対応を維持するためには、5院が限界かもしれません。

弊店のホームページはないのですが、「はじめての補聴器サイト」をご覧意なって問い合わせや来店される方もおられます、情報発信基地として、今後さらに重要になって行くと思います。

〇 補聴器に対するお客様の要望傾向:
お客様の半分以上が中等度難聴のためだと思いますが、「はっきり聞こえたい」といったご要望で、補聴器を求める方が多いように思います。はじめて来店されるお客様には、ご自宅最寄りの耳鼻科で耳の状態と聴力を検査してもらうことを最初にお願いしています。このお願いについて、抵抗感を持たれることはまずありません。

〇 補聴器価格動向:
全体的に価格は若干下がっている様に思います。弊店では片耳15万円~25万円が中心価格帯です。製品的にはRIC耳かけ型が多いのですが、多くのお客様は小さいことにこだわらないことと、長持ちする電池を好まれるので、312電池ではなく13電池使用の製品が主力になっています。

両耳装用率は40%程度です。

〇 新たな取り組み:
店舗の立て替えと合わせて待合室を設けました。今後、イベントや説明会の開催も視野に入れています。また、お客様との文化的な触れ合いも必要と思いますので、漆器や絵画の展示と販売も少しずつ始めています。

綾川地区の交通手段はなんといっても車ですから、6台駐車できる場所を用意しています。

yamada7

〇 商圏:
商圏としては高松市よりの192号線から西側の香川県全域と考えています。尚、弊店はご自宅訪問をしていません。また、営業日の午後は耳鼻科医院に出向くことが多いので、予約制とさせて頂いています。

〇 価格対応:
基本的にお客様に最も相応しい製品の提供に心がけていますので、価格だけで製品を選定することはしません。しかし、価格についても、極力お客様の意向に沿うように努めています。

はじめての補聴器サイトを見て来店・購入された方には、特典の提供を検討します。

2019年5月・宇品補聴器様訪問レポート!

カテゴリ: 販売店情報 公開日:2019年06月06日(木)

2019年5月・宇品補聴器様訪問レポート!

久しぶりに、広島市宇品にある宇品補聴器様を訪問してきました。

ujina2

本サイトに参加されている同店は、佐々木代表の経験と知識及び人柄が口コミで広が

り、また、店内にある広く防音効果の高い防音室が綿密な調整が出来る場所として評判

です。

訪問した日も、突然、重度難聴の方が来られ、防音室に約1時間入り、防音室に備わっ

ている機器を使いながら、お客様の要望に応えられていました。出てきたときは、お客

様がアシスタンとの奥様と親しく会話をされていたので、「この方は本当に重度難聴?」

と驚きました!

インタビュー内容は下記の通りです。

〇 広島県の経済状況:

  昨年の西日本災害の影響がまだ残っており、経済的に上向いている感じはありま

せん。唯一、広島駅が改築されて、新幹線側と従来線側がつながり、便利できれいな感じに生まれ変わりました。

〇 広島県の補聴器市場:
補聴器の需要が増加する様な動きはありません。強いて言えば、広島県で最大の店舗数を持つメガネの田中が、「キコエの田中」という補聴器に特化した別会社を設立して、広島、倉敷、芦屋に専門店を出したことです。この試みが成功すると、店舗数が増えていきますので、販売店間の競争が益々激しくなると思います。

~3年ほど前から出てきている充電式は、広島ではまだ認知度が低いと思います。通常の空気電池と充電池を併用できるハイブリッド方式に欠陥が見つかったことも影響しているのかもしれません。

〇 問い合わせと来店客の動向:

  連携している耳鼻科医様からの紹介が中心ですが、弊店のホームページや「はじめて
の補聴器サイト」をご覧意なって問い合わせや来店される方が増えていることは事実です。広い防音室でどのようなことをやってもらえるのかという質問が結構出ています。そういえば、先日横浜に住んでいる娘が訪ねてみたらと言うので、来店されたお母さまがおられました。弊店はチラシをほとんど配布していないのですが、一般的にはチラシの効果が無くなっていると言われている時代なので、この様なケースに接すると、まさにインターネットの時代であることを感じます。

〇 補聴器に対するお客様の要望傾向:
広島は市電が走っているせいか、騒音下での言葉の聴き取りを要望される方が多いです。幸い、広い防音室で複数のスピーカーを使いながら騒音下の環境を作り出せますので、ご本人の前方だけでなく、様々な方向からの騒音についても補聴器を調整していくことが出来ます。ただ期待ばかりが膨らんでは困るので、補聴器自体にも限界があることはお話して理解してもらっています。

〇 補聴器価格動向:
弊店での平均販売価格に大きな変動はありません。片耳で平均10~20万円です。
両耳装用が増えていまして、今年の両耳装用率は現在75%です。両耳の語音弁別に大きな開きがあるときは、両耳装用を積極的には進めていませんが、偶々、両耳の語音弁別が同程度のお客様が多かったせいかもしれません。

〇 新たな取り組み:
月単位の補聴器リースをしています。リース料は製品によって異なりますが、いずれも出来るだけ安い価格を設定しています。平均すると、リース期間は2カ月でその間の調整回数は10回ほどです。これほどの回数を擁するのは、お客様が長時間だと疲れてしまうので、毎回30分~1時間に抑えている為です。

〇 商圏:
無料でご自宅にお伺いする前提では、広島市内、呉市、東広島市になります。移動にかかる経費を頂けるのであれば、他の地域でも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

〇 価格対応:
基本的に出来るだけ安い価格での提供に心がけています。

はじめての補聴器サイトを見て来店・購入された方には、電池の無償提供を検討します。

2019年5月・(有)久留米補聴器センター様訪問レポート!

カテゴリ: 販売店情報 公開日:2019年06月05日(水)

2019年5月・(有)久留米補聴器センター様訪問レポート!

久しぶりに、福岡県久留米市の中心部に位置する(有)久留米補聴器センター様を訪問してきました。

本サイトに参加されている同店は、森園社長の経験と知識及び人柄が口コミで広がり、

また、アシスタントの奥様の配慮が行き届いた応対が評判で、来店客が途絶えることがありません。

訪問した当日は3時ごろお店にお伺いしたのですが、点検に来られたお客様が二組おられ、

補聴器のことから、人生のよもやま話まで話が弾んでいました。私も、その会話に参加させてもらったのですが、

話が面白く、気がついたら5時を過ぎておりました。

販売店とお客様のつながりはこのようにして続いていることを再確認した次第です。

インタビュー内容は下記の通りです。

〇 久留米市の経済状況:

  同じ福岡県の博多市と比べると、久留米市は少し停滞感があります。特に、選挙のある時は消費意欲が落ち込むので4月などはそれが顕著に表れていました。7月に予定されている参議院選挙も同じような現象になると思われます。

〇 久留米市の補聴器市場:
最近、メガネの量販店が低価格を前面に出して販売活動を強めています。

最近開業の耳鼻科医を中心として、耳鼻科医が補聴器の取扱いに積極的に取り組んで来ています。弊店では以前から耳鼻科医との連携が強く、補聴器そのものについては弊店で対応させてもらっています。しかし、最近取扱いを強化されている耳鼻科は、聴力の測定から販売まで全て耳鼻科内で行い、情報も外部には開示しないやり方をされています。毎回耳鼻科に行くと、都度診療費がかかりますので、その金額は合計するとかなりの額になってしまいます。耳鼻科医と補聴器販売店の連携については、はっきりしない部分もあるので、こういった現象が起きるのでしょう。

〇 問い合わせと来店客の動向:

  インターネットを経由した問い合わせや来店が増えています。はじめての補聴器サイトで弊店を知って、遠方から来られたお客様も増えてきました。

〇 補聴器に対するお客様の要望傾向:
久留米地区ではそれほど充電式に対する要望は増えていません。電池の取扱いに不便を感じている方には、こちらから紹介と説明をしています。

〇 補聴器価格動向:
やはり価格についての要望が多いです。「片耳10万円以下で良いもの」と言われる方は多いのですが、その方の補聴器に望まれることや、聴力の状態を測ると、10万円以下では対処できない場合が結構あり、その理由を丁寧に説明しています。

〇 新たな取り組み:
インターネット経由のお問い合わせや来店が増えているので、自店のホームページリニューアルを検討しています。

〇 商圏:
自治体への登録をしている前提でいえば、福岡県、佐賀県、大分県の一部、熊本県の一部となります。ご自宅への訪問でいえば、久留米市及び近郊が中心となります。詳しく知りたい方は、ご遠慮なく弊店に問い合わせてください。

〇 価格対応:
支払い方法、片耳購入、両耳購入等、いろいろなケースがありますので、臨機応変に対応させて頂いております。

【はじめての補聴器】サイトの紹介の場合は、特典を検討させて頂きます。

2019年5月・谷山補聴器センター様訪問レポート!

カテゴリ: 販売店情報 公開日:2019年06月04日(火)

2019年5月・谷山補聴器センター様訪問レポート!

久しぶりに、鹿児島市谷山の中心部に位置する谷山補聴器センター様を訪問してきました。

本サイトに参加されている同店は、山下代表の経験と知識及び人柄が口コミで広がり、また店内の入口近くにバリアフリーの広いトイレがあって、利便性の高い店舗で有名です。

インタビュー内容は下記の通りです。

〇 鹿児島県の経済状況:

  特に鹿児島県だけが良かったり、悪かったりということはありません。しかし、全体
的には消費意欲は上がっていないのではないでしょうか?
唯一、鹿児島中央駅の再開発が進み、きれいになりました。

〇 鹿児島の補聴器市場:
以前から補聴器に対する抵抗感は余りない鹿児島県ですが、最近需要が増えたということはないように思います。目立った動きとしては、最近出てきた充電式に対する関心が高まっています。電池交換を気にする必要がないことが使いやすさにつながっているようです。また、総合支援法対象の補聴器で、福祉事務所の審査が厳しくなっています。新規、更新、修理とも必要な条件が複雑になった感があります。

〇 問い合わせと来店客の動向:

  インターネットを経由した問い合わせが増えています。はじめての補聴器サイトを東京に在住しているお子さんたちが見て、鹿児島市に在住しているご両親に弊店のことを告げられ、そのご両親が来店されたこともあります。

また、谷山地区以外の耳鼻科医院からの紹介も徐々に増えています。

〇 補聴器に対するお客様の要望傾向:
お客様は70歳以上の方が多いせいかわかりませんが、最近は買い替えよりは修理の依頼が増えています。アナログ補聴器時代から、弊店は修理対応をきめ細かくしてきたので、それが知れ渡っているのかもしれません。修理は出来ることと出来ないことがあるので、点検をして、補聴器の状況を丁寧に説明するようにしています。

〇 補聴器価格動向:
弊店での平均販売価格に大きな変動はありません。片耳で平均15万円ぐらいです。

〇 新たな取り組み:
鹿児島市役所谷山支所にあるコミュニティーヴィジョンで弊店の紹介が15秒流れています。
Google Map・Street Viewで谷山補聴器を指定すると店内までの案内画像を見ることが出来ます。

  弊店では耳かけ補聴器用のイヤモールドを作成しています。補聴器を着けやすいし、ハウリングが起きないので好評ですが、同じ技術を使ってイヤホーンをイヤモールドで包み、ミュージシャンたちが使っているイヤモニターと同じ形状になるものも制作しています。難聴だけでなく、イヤホーンのイヤモニター化のご要望にもお応えできるのでお気軽にお越しください。

 taniyama4 taniyama5 

〇 商圏:
ご自宅にお伺いすることも含めると、鹿児島市を含め、鹿児島半島南部になります。

  訪問も出来ますのでお気軽にお問い合わせください。また、上記にも述べましたが、ご家族の紹介で鹿児島北部や東部からも来店される方が増えています。

〇 価格対応:
全額現金でご購入されるお客様には5%の値引きをしています。カードや分割払いでは適応しておりません。

  鹿銀さわやかクラブのカードを提示された方には、特典を用意しております。

  はじめての補聴器サイトを見て来店・購入された方には特典を用意しております。