メニュー

ブログ - ベストな補聴器購入の為の情報サイト

お問い合わせ

4133first.com

ブログBLOG

2022年第1~3四半期(1~9月)補聴器出荷台数!

カテゴリ: 補聴器最新情報 公開日:2022年10月29日(土)

2022年第1~3四半期(1~9月)補聴器出荷台数!

2022年第3四半期の補聴器出荷台数が公開されました。

2022年9月末までの詳細は次の通りです。

2022年  1月~9月(前年比)       タイプ別構成比(前年の構成比)

合計     437,685(103.1%) 

ポケット型   10,526( 86.9%)   2.4%( 2.9%)

耳かけ型   113,985(102.5%)  26.0%(26.2%)

RIC型   142,811( 97.1%)  32.6%(34.7%)

メガネ型       183( 66.8%)   0.1%( 0.1%)

耳あな型   132,699(102.2%)  30.3%(30.6%)

既成耳あな型  37,481(157.5%)   8.6%( 5.6%)

2022年7~9月が前年割れだったですが、第3四半期終了時点ではかろうじて前年比増は維持出来ました。

コロナ禍の第7波が収束に向かい旅行も解禁になったのでもっと補聴器の販売が増えても良さそうですが伸び悩んでいます。

原因は昨今の物価高が全般的な購買意欲を縮小させていること、

さらにソニーが近々日本で新製品を販売する見込みなのでそれを期待して待っている可能性などが考えられます。

3年間続いているコロナ禍やロシアのウクライナ侵攻によるエネルギーや物価高は補聴器業界にもかなり影響を及ぼしていると見られ、

今後補聴器メーカーが従来の卸業中心から小売り分野への積極的な参入・強化に進む可能性があるように思います。

ソニーがOCT補聴器事業に参入!

カテゴリ: 補聴器最新情報 公開日:2022年10月14日(金)

ソニーがOCT補聴器事業に参入!

ソニーは25年以上前にマイクがイヤホーンに搭載されている箱形の補聴器を販売していた実績がある。

箱形は本体をシャツのポケットなどに入れて使用するのがスタンダードでシャツとの衣擦れが雑音となっていたため、

当時は革新的な補聴器と評判であった。

しかし、補聴器市場自体がニッチな市場なのでソニーの事業規模にそぐわないとして撤退した経緯がある。

一方、本サイトのブログで何度か解説して来たが、米国で2018年に補聴器のOTC販売を認可する動きが始まり、

当初認可を担当するFDAのゴーサインが2020年には出る予定だったが、コロナ感染の出現で作業が遅れたようで、

最終的に2022年8月に認可された。

補聴器のOTC事業とは、従来認可された専門店だけで販売されていたものが、医師の処方箋無しで販売出来ることを意味するので、

薬局でも眼鏡店でもディスカントストアでも販売出来き、価格の低下と市場の拡大がきたいできるのである。

今回ソニーはデンマークの補聴器メーカー、WSAudiology Denmark A/Sと協業契約を締結して、

米国市場でのOTC向け補聴器の開発と販売に乗り出したものである。

WSAudiologyはワイデックスとシバントスが合体して出来た統合会社なので、

ワイデックスとシバントスの補聴器を扱っている販売店や眼鏡店でも販売されることになる。

製品的には既に日本で販売されている様に、携帯電話経由装用者自身がある程度の操作可能なできるデジタル耳あな型が中心となろう。

ソニーとWSAudiologyの企画が米国で上手く運ぶと、補聴器市場の50%を占めることも不可能ではないように思う。

FDAの認可と日本の厚労省とのこれまでの関係からすると、FDAで認可されたことは早晩厚労省も認可される流れなので、

米国での販売開始後速やかに日本市場に参入することになると推測される。

日本でどのぐらいのシェアを取れるかが注目されるところだが、

日本では従来から米国にない眼鏡店での取扱いや集音器を中心とした通販市場があるので、

それほど増えないと指摘する専門家もいれば、従来の販売経路にのせて大化けするとの見方をする専門家もいる。

この製品販売が拡大すると販売店の販売単価が下がるので、販売店の補聴器に対する見識により優劣格差が出るのではなかろうか?

2022年第1~2四半期(1~6月)補聴器出荷台数!

カテゴリ: 補聴器最新情報 公開日:2022年07月09日(土)

2022年第1~2四半期(1~6月)補聴器出荷台数!

2022年第2四半期の補聴器出荷台数が公開されました。

2022年6月末までの詳細は次の通りです。

2022年  1月~6月(前年比)       タイプ別構成比(前年の構成比)

合計     287,419(105.1%) 

ポケット型    6,762( 86.0%)   2.4%( 2.9%)

耳かけ型    73,142(101.7%)  26.3%(26.3%)

RIC型    94,767( 98.0%)  33.0%(35.4%)

メガネ型       115( 58.1%)   0.1%( 0.1%)

耳あな型    87,168(102.0%)  30.3%(31.2%)

既成耳あな型  25,465(223.9%)   8.9%( 4.2%)

2020年に出現した新型コロナウイルス感染の影響で落ち込んだ補聴器出荷台数は、
2021年にTV観賞用の需要が貢献し589,951台まで回復しました。
製品的には小型耳かけ型のRICが伸びていましたが、マスクを掛けた時に不具合があり、耳あな型が2021年から伸びたのです。

2022年に入ると耳あな型の中で比較的安く購入出来る既製品耳あな型が急速に伸びています。

2022年前半で出荷台数全体を見ると2021年同期比で13,900台増えましたが、

既製品耳あな型が14,090台増えているので、結果的にその他の製品は伸びていないことになります。
一般的に賃金が上がらない中、物価高騰が進んでいるため、補聴器についても価格が重要視される時代に入ったと思われます。

以前の既製品と異なり、最近の既製品は携帯経由ある程度の調整を自分で出来ることが購入者の部分的満足に繋がっている様です。

海外メーカーもこのカテゴリーに力を入れ始めていますので、将来的には耳あな型の半分はこのカテゴリーになることが予測されます。

補聴器購入で販売店を訪れた際は、先ずこのカテゴリーの補聴器を扱っているか聞いてみるのも良いのではないでしょうか?

東京都港区の高齢者の補聴器購入のための助成制度!

カテゴリ: 補聴器最新情報 公開日:2022年05月13日(金)

東京都港区の高齢者の補聴器購入のための助成制度!

昨日高齢者の# 補聴器購入 #の為の助成制度についてブログを掲載しましたが、東京都港区の助成制度について見てみましょう。

    港区は高齢者補聴器購入日助成事業を4月から開始しました。

    高齢者の社会参加をより促進することを目的とした事業とのことです。

    港区モデルと称し、補聴器相談医ならびに認定補聴器技能者と連携して、適正な# 補聴器 #の使用を支援していくとのことです。

    対象は港区在住の60歳以上の高齢者で身体障害者手帳の交付を受けていない方、つまり軽度及び中等度難聴が対象です。

    助成金は137,000円を上限とした補聴器購入費用です。
補聴器の金額がその金額以内であれば全額港区によって支払われますがそれ以上であれば、差額は自己負担となります。

但し、住民税課税の方は補聴器購入額の半額が上限で68,500までとなります。

    助成金の申請には補聴器相談医が在籍する港区内の耳鼻咽喉科の受診、および認定補聴器技能者による補聴器の調整が必要となります。

上記が港区モデルの概要です。

助成金が出来たこと自体は高く評価出来ますが、いくつか課題も残ります。

1.137,000円が上限とすると製品的には詳細な調整が出来ない標準品が対象になってしまいます。
一般的に補聴器に期待する事はもっと高次元と推測するのでこの金額は低すぎるノではないでしょうか。

2.どうしても137,000が上限ということであれば、選ぶ基準は補聴器の調整能力ではないでしょう。

いつも使うものなので自然な音質であることが一番です。
それに加え、# ハウリング抑制 #と# 騒音抑制機能 #がより優れている製品を選ぶべきです。

3.住民税課税者が半額というのは意味が不明です。難聴と言うことに住民税課税は関係無いと思うので一律の金額にすべきでしょう。

4.軽度・中等度難聴者は60歳以上に限りません。補聴器装用の拡大を促進するなら年齢制限は避けるべきです。
  しかし、港区の予算余力もあるでしょうから、この課題は次年度以降に持ち越しとしましょう。

 

(注)補聴器の価格は幅が広く、最低ラインが下がり10万円以下の製品も出てきてますが、最高は60万円前後の高額です。

海外の大手メーカーは大凡自社製品を5段階に分けています。

これから購入される方は一体どのレベルを購入すれば良いか悩んでおられるかも知れません。

一般的にお勧めするのは中級レベルです。

最高級品は確かに調整能力では優れているのですが、その能力を駆使できる販売店の人は限られていると思った方が無難なので、
期待感が先行しないように気をつけましょう。

高齢者の補聴器購入のための助成制度!

カテゴリ: 補聴器最新情報 公開日:2022年05月12日(木)

高齢者の補聴器購入のための助成制度!

中央社会保障推進協議会を中心とした高齢者の補聴器購入の為の助成制度が各地で進んでいます。

この制度は従来からある障害者総合支援法とは異なり、身体障害者手帳を持っていない高齢者用の助成制度です。

コロナ禍で外出自粛が増えた事がこの制度促進の引き金になったのかも知れません。

中央社会保障推進協議会では全国各地での運動・活動・議会への働きかけなどの情報を募集しているので、是非情報を提供して下さい。

それにより全国津々浦々でこの制度が実施される可能性があります。

2022年4月8日中央社会保障推進協議会が調べた現在での各地の助成制度実施状況を掲載します。

尚、助成制度の内容は各市区町村によって異なりますので、詳細は市区町村のホームページで調べて下さい。

・札幌市/子どもの補聴器購入費等を助成

・北海道赤井川村/補聴器の購入補助について

・北海道北見市/北見市高齢者福祉サービス事業一覧

・北海道東川市/補聴器購入助成制度

・北海道蘭越町/補聴器購入助成制度

・北海道池田町/補聴器購入費の一部を助成

・北海道弟子屈町/補聴器購入助成制度

・岩手県遠野市/日常生活の支援(補聴器の給付

・岩手県大船渡市/軽度難聴者支援事業実施要綱

・岩手県九戸村/難聴者の補聴器購入費を助成

・栃木県宇都宮市/老人福祉補聴器の交付

・栃木県足利市/日常生活用具給付事業(補聴器)

・茨城県古川市/補聴器購入費等助成

・新潟県阿賀野市/軽・中等度難聴者補聴器購入費助成事業

・新潟県三条市/補聴器購入費助成事業

・新潟市見附市/難聴者補聴器購入費助成事業について

・新潟県聖籠町/難聴者補聴器購入費助成事業

・新潟県刈羽村/難聴者補聴器購入費助成

・東京都足立区/高齢者補聴器購入費用助成事業

・東京都板橋区/高齢者補聴器購入費助成事業

・東京都港区/高齢者補聴器購入費助成事業

・東京都渋谷区/高齢者補聴器購入費助成

・東京都新宿区/補聴器の支給

・東京都豊島区/高齢者補聴器購入費助成

・東京都練馬区/高齢者の補聴器購入費用助成事業

・東京都文京区/高齢者補聴器購入費用助成事業

・東京都利島村/高齢者補聴器購入費助成事業

・東京都千代田区/補聴器購入費の助成

・東京都江東区/高齢者補聴器の現物支給及び購入費助成

・東京都江戸川区/補聴器購入資金の一部助成

・東京都葛飾区/補聴器購入費助成

・東京都大田区/高齢者補聴器購入費助成

・東京都中央区/補聴器購入費用助成

・東京都墨田区/高齢者の補聴器購入費を助成

・千葉県浦安市/補聴器の購入費助成

・千葉県船橋市/補聴器購入費用助成事業

・千葉県印西市/【受付停止中】高齢者の補聴器購入費用を助成

・埼玉県朝霞市/高齢者補聴器購入費助成事業のご案内

・神奈川県/軽度・中等度難聴児補聴器購入費補助事業について

・神奈川県相模原市/2022年度予算案で提案

・長野県木曽町/木曽町高齢者補聴器購入費補助金

・長野県南箕輪村/南箕輪村高齢者補聴器購入費用助成

・静岡県長泉町/高齢者補聴器購入費助成事業

・静岡県焼津市/高齢者保健福祉用具(補聴器)給付の申請の流れ

・静岡県磐田市/在宅支援・補聴器購入費助成

・岐阜県輪之内町/高齢難聴者補聴器購入費の助成について

・愛知県設楽町/難聴高齢者補聴器購入費等助成

・愛知県犬山市/犬山市難聴高齢者補聴器購入費助成事業

・愛知県稲沢市/軽度・中等度難聴児の補聴器購入費の助成

・兵庫県明石市/高齢者の補聴器購入費の助成

・鳥取県大山町/高齢者補聴器購入費助成事業

・鳥取県日吉津村/2022年4月~実施予定

・鳥取県湯梨浜町/高齢者補聴器購入費助成事業のご案内

・島根県益田市/益田市高齢者補聴器購入費助成事業

・福岡県田川市/軽度難聴者補聴器購入費助成

・沖縄県那覇市/加齢性難聴者に対する、補聴器購入費用の助成について

2022年第1四半期(1~3月)補聴器出荷台数!

カテゴリ: 補聴器最新情報 公開日:2022年04月26日(火)

2022年第1四半期(1~3月)補聴器出荷台数!

2022年第1四半期の補聴器出荷台数が公表されました。

詳細は次の通りです。

2022年  1月~3月(前年比)       タイプ別構成比(前年の構成比)

合計     138,379(102.2%) 

ポケット型    3,356( 90.0%)   2.4%( 2.8%)

耳かけ型    34,960( 96.6%)  25.3%(26.7%)

RIC型    45,582( 95.3%)  32.9%(35.3%)

メガネ型        54( 43.2%)   0.1%( 0.1%)

耳あな型    40,833( 98.7%)  29.5%(30.6%)

既成耳あな型  13,594(220.8%)   9.8%( 4.5%)

2020年に出現した新型コロナウイルス感染の影響で落ち込んだ補聴器出荷台数は、2021年にTV観賞用の需要が貢献し

589,951台まで回復しました。

2022年は外出自粛が緩む中、増加か減少かいずれの方向に進むか注目されていましたが、

既成耳あな型だけが大幅に伸びる出だしとなりました。

全体としては2、964台増加しているので、2022年全体としては60万台復帰の足がかりになりましたが、

伸びたのは既成耳あな型の7,436台だけで他は全て減少していることになります。

既成耳あな型の特徴は簡単な装用と低価格ですが、海外メーカーがこの分野に力を入れ始め、

ある程度の調整が出来る製品に水準が上がっていることがうけているのだと推測します。

以前よりブログで指摘してきた通り、この傾向は今後も増加することが予測されるので、

将来的には市場の半分位を占める事になるかも知れません。

その意味では次回第2四半期(4~6月)の動向が注目されます。

田原総一朗氏に補聴器を!

カテゴリ: 補聴器最新情報 公開日:2022年03月21日(月)

田原総一朗氏に補聴器を!

昨晩テレ朝の報道番組「クロスファイア激論」を見ていて感じたのは、

メインキャスターの田原総一朗氏が難聴であることだった。

17年間補聴器の仕事をしていたので聞こえについては気になる事が多いのだが、

彼の場合はある程度進んだ難聴に思える?

ゲストの人が解説をしているときに、肝心な場所で聞き返しをするし、

話を途中て切って自分が予定している質問に切り替えたりする。

ゲストの解説と彼の質問に話の流れがつながらず議論全体が不明確になることも多い。

自分が難聴だとしゃべるときに声が大きくなるのはよくあるが、彼のしゃべり方も同じである。

もう一つゲストを人差し指で指しながら怒った様な顔で大声を出すのも目に余る!

昨日はウクライナ問題だった事もあって途中で見るのを止めてしまった。

最近はとても良い補聴器が多く販売されているのでそれらを装用して番組に臨むか、

メインキャスターを降りる事をお勧めしたい。

集音器のTV広告!

カテゴリ: 補聴器最新情報 公開日:2022年03月02日(水)

集音器のTV広告!

最近集音器のTV広告が増えているように思います。

2020年からコロナ禍で外出自粛を求められる中、2021年はTV情報収集や東京オリンピック・パラリンピック開催感染の為に補聴器を購入する人が増えました。表立った数字は公表されていませんが集音器も相当伸びたことが推測されます。

そんな傾向を反映してかどうか不明ですが、最近集音器のTV広告が増えています。

TV広告の広告料は高いですからかなり売れていると想像します。

ここ2週間ほどの広告ではJVCが販売する集音器「みみ楽」があります。

補聴器で言う箱形補聴器と同様、箱形の本体にあるマイクで音を拾って有線のイヤホーンで聞く最も原始的な集音器です。

広告ですから何人かの素人タレントがよく聞こえるとコメントする印象派の広告です。

何の技術的説明がないので分かりませんが、おそらくJVCがイヤホーンに工夫を凝らして音響的に良い音にしているのでしょう。

しかし、集音器と薬事法で定められている補聴器は全くの別物です。

極々軽度の難聴でTVを楽しむだけなら使えるかも知れませんが、家族や友人との会話、電話、

外へ出ての会話や集会など様々な環境での聞こえ対応は補聴器の方がはるかに優れています。

すぐに集音器を購入する前に最寄りの補聴器販売店を訪れて集音器と補聴器の違いについて話を聞くことをお勧めします。

2021年補聴器出荷台数!

カテゴリ: 補聴器最新情報 公開日:2022年01月20日(木)

2021年補聴器出荷台数!

2021年1月~12月の補聴器出荷台数が公表されました。

詳細は次の通りです。

2021年  1月~12月(前年比)     タイプ別構成比(前年の構成比)

合計     589,951(104.7%) 

ポケット型   16,044(101.2%)  3.7% ( 2.8%)

耳かけ型   152,274( 91.0%)  25.8%(29.7%)

RIC型   203,817( 97.9%)  34.5%(36.9%)

メガネ型       324(101.6%)   0.1%(0.1%)

耳あな型   179,821(120.9%)  30.5%(26.4%)

既成耳あな型  37,671(164.8%)   6.4%( 4.1%)

2020年はコロナ禍の影響で大きく落ち込み、2019年に達成した60万台を大きく下回りましたが、2021年は相当の改善が見られました。一番厳しい第5波のコロナ感染もありましたが、これが外出自粛の強化による家庭内会話の拡大、さらに東京オリンピック・パラリンピック開催でTV観戦が増えたことが、聞こえの大切さと補聴器購入につながった様に思います。最寄りの補聴器販売店をいくつか見ていると来店客も増えている様です。昨日定期健診で行った東京医療センターの外来待合室ではオーティコンの紙袋を大事そうに抱えているお婆さんもいました。

タイプ別に見ると耳かけ型やRIC型が減り、耳あな型が増加しました。これはひとえにマスクとの関係です。購入される方々は両タイプのメリット、ディメリットを理解されたのではないでしょうか?

2022年の焦点は補聴器出荷台数が再度60万台に乗るかどうかです!

オミクロン株の急速な拡大で外出自粛は未だ続きそうで、飲食産業や観光産業の業績改善が遅れる見込みです。岸田政権は新しい経済政策を表明し成長と分配の好循環を頻繁に訴えていますが、成長と分配と言うキャチフレーズはここ10年間聴き続けて来たのと同じであり、結果として給与が上がらないとか経済成長もなかったので、庶民の生活環境の急な改善は見込めそうもありません。この先行き不安感は補聴器にも影響が出ています。10万円以下で入手出来る既製品の耳あな型や通販の耳かけ型の販売が拡大しています。いずれも携帯である程度の調整が出来る、リモートで購入先との連絡が取り合える等、利便性が向上していることが背景にあります。補聴器は専門性の高い販売店で聞こえを徹底的に追求するグループと利便性と価格を重視したグループに市場が割れるかもしれません。

メディカルリスニングプラグ自主回収!

カテゴリ: 補聴器最新情報 公開日:2021年11月12日(金)

メディカルリスニングプラグ自主回収!

本ブログで何度も予告していましたが、補聴器業界は米国でFDAが補聴器のOTC販売を認可したことで広がっている
既製品耳あな型が日本にも参入して来て流通に変化が生じています。

従来補聴器専門店や大手のメガネ量販店での販売が主流でしたが、既製品耳あな型が比較的廉価で提供されるようになってから、

通信販売だけでなく大手ディスカウントストアや調剤薬局チェーンでも積極的に販売されるようになりました。

この様な環境下、ブランド録の強いシャープが9月17日よりメディカルリスニングプラグという品名で
99、800円/台の既製品耳あな型補聴器を販売開始しました。

ところが11月18日に製造元である(株)ニューロシューティカルズが既に販売した960台を自主回収すると発表したのです。

理由は本品の筐体部で発見されたわずかなひびということです。

ひびの拡大化を懸念しての早期自主回収はシャープというブランドイメージを守る為に当然のことと思いますが、

(株)ニューロシューティカルズの品質管理体制には疑問を感じます。

同時に判ったことは発売以降40日程で960台販売されたことです。

製品の性能的には現在専門店で販売されいる中級品とそれほどの遜色がないので

99,800円という価格が顧客の興味を引いたことになります。

単純に365日で計算すると8760台になりますが、おそらく評判が評判を生み2万台程度は売れていたはずです。

コロナ禍の影響もありそうですが、補聴器とその価格に対する関心が上がっていることを改めて感じました。

筐体に発生しているひびは場所とひびの程度によりますが、内在するマイクとレシーバの位置を変更する必要があるとすると

筐体の設計変更を含め再販開始まで時間がかかるかもしれません。

最近の既製品耳あな型補聴器は携帯電話を利用した調整がある程度出来るようになりましたので、
操作に精通している人は専門店頼みではなくもっと気軽に購入する市場を形成する可能性があります。

従来から補聴器を販売している専門店や大手のメガネ量販店での補聴器の調整力はレベルが一定ではないようで、携帯経由以上の調整力が

求められることになります。別の言い方をすれば、補聴器の調整に精通していて、使用者の満足度をもっと高めることが出来る販売店は益々業績を伸ばすように思います。