メニュー

5月3日は憲法の日! - ベストな補聴器購入の為の情報サイト

お問い合わせ

4133first.com

ブログBLOG

5月3日は憲法の日!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2022年05月03日(火)

5月3日は憲法の日!

ロシアのウクライナ侵攻で日本に対するロシア、中国、北朝鮮の侵攻可能性が現実化して来た事で憲法を見直す機運が高まっている。

日本国憲法は1946年11月3日に公布され、1947年の5月3日に施行されたものである。

今年で75周年に当たるがその間1度も改訂されたことがないのである。

これを是とする憲法論者も政党も国民もいるが、非とする側も存在する。是非とは別に残念と考える憲法学者もいる。

残念なポイントをまとめて見るとおよそ次の様になる。

1. 日本憲法は人間の歳でいえば75歳のお爺さん。本来時代に即して変化して行くべきもの。

2. 憲法の前文は本来その国らしい顔があるが日本国憲法にはない。その理由として連合国最高司令官ダグラス・マッカーサー元帥の命に

  より、GHQがわずか10日間でまとめた草案がもとであることがある。過去の宣言等のコピーを貼った様なものばかりである。

3. 日本の憲法には第2章 戦争の放棄(第9条)はあるが、世界の拳法の85%が持っている平和条項が無い。これで本当に平和憲法か?

4. GHQが徹底的な検閲をして憲法反対論を封じ込めてきた歴史があり、日本人が憲法を神聖視する様になったこと。

憲法の改定は第9条だけの問題ではなく、様々な分野で現在にそぐわないことがあるように思う。本来課題もしくは問題点をまとめて

改正をしたら良いと思うが、時間的な猶予を考えると各テーマ別に国民投票とするしかないのであろう。

今は国家の脅威を脅かす事態が発生しているので第9条について検討すると同時に核保有についてもとことん議論すべきである