メニュー

ブログ - ベストな補聴器購入の為の情報サイト

お問い合わせ

4133first.com

ブログBLOG

2020年2月24日・ロシア軍ウクライナ侵攻!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2022年02月24日(木)

2020年2月24日・ロシア軍ウクライナ侵攻!

北京五輪が終わるのを待っていたかのようにロシアのプーチン大統領がウクライナ侵攻を決断した。

詳細は全く分からないがTV報道によると首都キエフも侵攻の対象になっており既に空軍基地は破壊されたとも言われている。

UN、EU、及びアメリカはこれに対し如何に対処するのだろうか?

ロシアが一方的にウクライナの全土を占領する事になると、次は何処なのか?

アメリカの対処次第では中国の台湾侵攻もありうるし、日ロの北方領土交渉など夢の又夢になる可能性もある。

このロシアの動きは世界の株価を急落させ、原油価格も高騰させ、コロナ禍とは別次元で世界が大混乱に陥っている。

プーチン大統領の思惑が何処までか不明だが核兵器使用も辞さないような発言もあるという。

軍隊を持たない日本は唯見ているだけしか出来ないのか?

ROC・ワニエワのドーピング問題!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2022年02月17日(木)

ROC・ワニエワのドーピング問題!

五輪は毎回の如くドーピングが和亜大になるが、過去はすべてメダルが取り消されている。

そのような背景下、ワニエワのドーピング自体は確認されているものの、16歳以下ということで競技参加も許されメダルも授与される時間をおいて授与される可能性があるようだ。

一番大きな問題は五輪の主宰者であるIOCがそれを認めるかどうかではないだろうか。

認めれば今後16歳以下の選手がドーピングをしてでもどんどん五輪に参加してメダルを獲得するかも知れない。

16歳以上でもドーピング検査をパスする方法を考えるかも知れない。

一度前例を作るとその後はルール維持が難しくなり泥沼化する可能性がある。

唯でさえIOCの営利主義が鮮明になり、判定疑惑も多々発生している北京五輪を見ていると、ドーピングまでルールがねじ曲げられるようでは五輪そのものの開催に疑念を持つ国が出てくるでしょう。

別の組織、例えば世界選手権、が4年に一回の大世界選手権を開くことに置き換わるかも知れない。

この際IOCは良く考えて最終決断を下すことです。

防災道の駅!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2022年02月08日(火)

防災道の駅!

1993年に道の駅という道路施設が、現在の国土交通省によって登録される制度が発足した。

これは道路利用者のための休憩機能、道路利用者や地域の人々の為の情報発信機能、地域の町どうしの連携機能を併せ持つものであった。2021年7月時点で1193駅が登録されている。

2013年には第2ステージとして道の駅自体が目的地になることをテーマに駅施設の拡充を進めてきたが、2020年には地方創生・観光を加速する拠点(+ネットワーク化で活力ある地域デザインにも貢献)をコンセプトとした第3ステージを設定した。

期間は2020年~2025年でこのステージの目標の1つに防災道の駅がある。

これは地球温暖化に伴う自然災害の増加も念頭に全国の安心拠点として選定されるものである。

東京集中からの脱却と地方創生が叫ばれる現在、大変良い試みだと思う。

今後国土交通省は選定された防災道の駅が広域防災拠点としての役割を十分に果たせるようにハード・ソフト両面から重点的に支援する予定である。

現在は下記の39駅で全都道府県に行き渡っていないが、2025年までには1都道府県当たり最低でも2駅以上にすべきである。

bousaimichinoeki

恵方巻!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2022年02月04日(金)

恵方巻!

節分の昨日二子玉の食料品売り場に行った。

地下にある食料品売り場は、東急ストア、成城石井、多くの専門店がひしめき合っている。

地下道を通り高島屋に行くとそこにも広い食料品店が我こそはと競い合っている。

こんなに食料品店が群がっていて各お店の採算は取れるのだろうかと常々思っているが、昨日は恵方巻を求めるお客でごった返していた。「最後尾はこちら」の看板を持っている女性がいる店もいくつかあった。

個人的には太巻きの恵方巻はあまり好きではない。幼少の頃食べたのかも知れないが記憶にない。

具がボロボロこぼれてくるので食べにくいものだと半ば食わず嫌いになっている。

恵方巻の由来は関西にある。大正時代から戦後にかけて、大阪では節分に丸かぶり寿司や太巻き寿司を食べていた背景がある。

恵方巻という固有名詞は1973年に大阪海苔問屋組合が寿司店と手を組んで恵方巻として売り出したのが発端。

全国に広がったのは1998年に大手コンビニが海苔巻きを販売する際に恵方巻と大々的にPRしたことであった。

恵方巻の具材は基本的に7種類で七福神に関連しているという。

恵比寿様ときゅうり(九の利を得る)。

大黒天様と玉子(玉子の黄色が風水的に金運を高める)

弁財天様とかんぴょう(唯一の女性神様なので成分が美容に効く)

その他、傘が身を守ってくれる椎茸煮、長寿を表わすうなぎやアナゴ、原料の鯛が「めでたい」を表わす桜でんぶ、

目玉が出て「めでたし」と「曲がった腰と長いひげ」殻健康長寿の象徴であるエビ、といった感じである。

恵方巻の食べ方として4つあるという。

・縁を切らないように丸ごと食べる。

・・その年の福寿を司る歳徳神がいる方角(恵方)を向いて食べる。方向は4つあり(東北東、西南西、南南東、北北西)、
 2022年は北北西であった。食べた人はちゃんと向いていただろうか?

・休憩して御利益がなくならないように一気に食べる。

・しゃべると運が逃げてしまうため、黙って食べる。

昨日食べた人達は4つの食べ方はほとんど無視していただろうと想像する。

昨日8店ほど見て廻ったところ海鮮恵方巻が大半であった。1本2千円を超えるものもあり高額化している事が覗える。

驚いたのはとんかつ屋さんがトンカツを海苔で巻いて恵方巻として売っていたこと。

何でも商機に繋げようという意欲と創造力は見上げたものだが、ベクトルがずれている気もした。

アベノマスクの取り扱いがおかしい!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2022年02月03日(木)

アベノマスクの取り扱いがおかしい!

全く訳に立たないと国民にこき下ろされたアベノマスク約8000万枚が廃棄されることになって以降、約37万件、合計2億8千万枚の配布希望があったと安部元首相がこれまでの屈辱を晴らすかの如く得意そうに発言している報道があった。

政府はこれらの再配布を配送費約10億円かけて3月から行うと公表しているらしい。

すべて廃棄するとそのコストは約6千万円のところ約10億円の配送費をかけて送るという。

何人、何団体に送るのか不明だが、30年も給与が上がらず国民が苦しんでいる時期であり、コロナ禍で窮状に拍車がかかっていることもあって、何故9億4千万円も無駄使いしてアベノマスクを配送するのか、政府のやろうとしていることが全く理解出来ない。

要望されている方や団体がマスクそのものを無料で手に入れることは仕方ないとして、これから計上される配送コストが一部の方や団体に無償で提供されるのは公平ではないと思う。

報道によると使い道の大半はマスク以外ともいわれていることもあり、配送料は受け取る側が支払うべきであろう。

お金の価値や管理に無頓着な政府は全く理解出来ないが、それを国会で追及しない野党も金銭感覚で極めておかしいとおもう。

先日亡くなられた石原慎太郎氏ではないが、危機感が感じられないこの国を変えないといけないのではないか?

グループラインの話題!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2022年02月01日(火)

グループラインの話題!

小学校時代のクラスメイト達とグループラインをしています。半世紀を優に超えた昔、子供の頃知り合った人達ですので、けっこう楽しく気楽に様々な話題で盛り上がります。そして今日の話は三回目のワクチンでした。接種券が届いている人いない人、すでに打った人、予約済みの人、ファイザーを打った人、モデルナを打つつもりの人、決めかねて予約をぎりぎりまで保持したまま早く打てる集団接種に行こうと考えている人等、様々です。これを書いている最中にも接種券が来てなくても接種番号は前と同じだから前倒しで予約できるという情報提供がありました。更にそれぞれの人の知人友人親戚等の打った結果の話なども出てきます。なんともなかった。大熱で二日寝込んだ。多少腫れた程度で済んだとか、もう色々あり過ぎて、個人個人で全然違うと考えるしかなく、自分のことで言えば接種する当日はできるだけ体調を整えて、発熱の時に備えて解熱剤とスポーツドリンクを用意しておくことにします。ファイザーとモデルナのどんな組み合わせでも抗体量は十倍以上には上がるので感染が広まっている今は早い方を選べばいいと言われています。サラリーマン川柳に「もう打ちました?熱は出た?」、「ワクチンの副反応よ、もうデルナ」、いよっ!座布団一枚というところで、おあとはよろしいようで。

オミクロン株収束はいつか?

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2022年01月30日(日)

オミクロン株収束はいつか?

29日に全国の感染者が8万人を超えました。

感染者の数字は検査数によって大きく左右されるので、この数字が実体かどうか分かりません。
世界の趨勢を考慮すると最大2ヶ月で収束傾向が顕著になるようなのでこれからの1ヶ月の勝負かなと思われます。
但し、ステルスオミクロンとかデルタ変異種とか新たな株の出現も報道されているので今後を明確に推測することは出来ないようです。

報道によれば、東京都は2月1日には2万4千人の感染者になると言われ、そうなると全国では10万人を超えることが予測されます。

逆に、東京都がそこまで広がらず全国でも10万人を超えなければ取りあえず収束の方向に向かうのではないでしょうか?

今週が方向を占う鍵のような気がします!

拡大するオミクロン株への備え!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2022年01月28日(金)

拡大するオミクロン株への備え!

日本全国で毎日のようにオミクロン株が過去最高の新規感染者数を更新しています。

テレビ等のニュース上のことだけでなく、ひたひたとその足音はしてきて現実生活の中でもPCRを受けたとか、

保育園で濃厚接触者が出たとかいう話も聞こえてきます。

こうなってくると今まで以上の用心もいりますが,まずは3回目のブースター接種をするのが一番効果があるように思われます。

更にもしも感染が疑われる事態になった時の為の用意も少しずつ進めておこうと思います。

当分の間こもって食べられる程度の食品とスポーツドリンクや水、トイレットペーパーやティッシュペーパー、解熱剤、風邪薬、

体温計やパルスオキシメーター等、天災への準備とどこか似ています。いやコロナも天災の一つなのでしょう。

地球温暖化の速度は収まらずこの先どんなことが起きてくるかわかりませんが、人間の知恵を結集して将来予測できる災害を引き起こす要因を本気になって取り除く努力をしないと、我々の地球の未来が明るいと考えるのはあまりにも楽観的に過ぎるでしょう。

ウクライナ侵攻危機!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2022年01月26日(水)

ウクライナ侵攻危機!

ロシアのプーチン大統領がウクライナ侵攻を真剣に健闘しているという報道がでて、世界の株価が暴落している。

既にロシアはウクライナ国境近辺に10万人の兵士を終結させ、隣接の東ウクライナだけでなく、首都キエフまで侵攻して占領する気配だと報じられたいる。これに対しNATOも軍隊をポーランドに派遣し、アメリカも8800人の兵を派遣すべく準備に入っているという。

NATO加盟国が膨らみウクライナまで加盟されるとロシアとNATOが隣り合わせになることを畏れていると言われているが、

プーチン大統領の狙いは旧ソヴィエトの領土を奪還することにあるとの論説もある。北京・冬期オリンピックが回される直前の動きで

大丈夫かと思うが、万一侵攻が現実になると第二次世界大戦以来最大の世界的紛争を引き起こす可能性があると指摘されている。

日本でもこの記事は取り上げているが、オミクロン株以上に報じられる状況になっていないので、まだ対岸の火事ということだろう。

これが引き金となって中国の台湾侵攻や北朝鮮のミサイル被弾でも起こるとてんやわんやの事態に発展する。

トンガの火山噴火で誘発される富士山の噴火可能性も指摘され始め、2022年はとんでもない危機に瀕している意識を

もっと持たないといけないのではないか?

トンガ王国を応援しよう!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2022年01月19日(水)

トンガ王国を応援しよう

トンガと聞くと日本ではラグビーが一番身近かも知れません。

先日の海底火山噴火で大きな被害を被りましたが、未だその実態が明らかになっていないのでとても心配しています。

日本ではトンガという名は知っていても南太平洋域以上詳しく把握している人はあまりいないでしょう。

1900年から1970年迄イギリスの保護国だったので公用語はトンガ語のほかに英語があります。

日本人がよく知っている最寄り国はオーストラリアではなくニュージーランドですが1800kmの距離があります。

そもそもトンガは南北800kmの領域の中に171の島がある群島国家で、そのうち45の島に国民が生活しています。

全人口は2021年現在約10万5千人ですが、70%は本島のトンガタプ等に居住しています。

今回の大噴火を引き起こした海底火山は本島から約140km離れたところに位置し数年前からの噴火で島を形成していましたが、

今回の噴火でほとんど島としての姿がなくなったそうです。日本でいえば、西ノ島が次の大噴火で海底に沈むかも知れないのと似ています。

本島にも15mの津波が押し寄せた上、火山灰で空港の滑走路も使えなくなり、大変な状況にあると思われます。

古希を過ぎた私がすぐ支援に向かう訳にもいかずやるせない気持ちになりますが、何とかこの窮地を克復してほしいと願うばかりです。

隣国のニュージーランドを始め可能な国からの援助が動き始めている様なので、できるだけ早く支援物資を届け、且つ実情把握をしてほしいと思います。日本国としてもすぐに飛んでいけるわけではないので、ニュージーランドやオーストラリアに金銭的な支援を表明することで彼らのトンガ王国に対する援助活動を支えてはどうでしょうか?