メニュー

ブログ - ベストな補聴器購入の為の情報サイト

お問い合わせ

書籍購入はこちら

4133first.com

ブログBLOG

新型インフルエンザウイルス出現か?

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2020年07月01日(水)

新型インフルエンザウイルス出現か?

新型コロナウイルス禍で世界中が混乱している中、新型インフルエンザウイルスが中国で

発見されたとのBBC報道がありました。従来のインフルエンザワクチンが効かない

このウイルスはブタで見つかり、研究者達が「G4 EA H1N1」と呼んでいます。

ブタを宿主としてヒトに感染し、さらに変異してヒトからヒトに簡単にうつる可能性が

あるそうです。新型コロナウイルスが収束していない中でいやなニュースですが、

新型コロナウイルスの時の様に対処方法が手遅れにならないうちに、政府や医療機関では

最善の対策を準備してほしいと思います。

新型コロナウイルス感染状況データ(続き)!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2020年06月29日(月)

新型コロナウイルス感染状況データ(続き)!

5月31日後、久しぶりの掲載になりますが、世界での新型コロナウイルス感染者は

6月29日午前4時現在で1000万人を超えました。日本では、緊急事態宣言が

解除された後、東京のアラートも完全に解除されたため、若い年代を中心に感染者が増えて

いますが、世界での拡大の速度は極めて深刻な様です。

日本ではこれから海外渡航が段階的に解除される様ですが、世界や日本の状況を見ると、

解除は未だ早いように思います。

治療薬については決定的なものが中々開発されていません。やはり感染を止めるには、

できるだけ早い時期にワクチンの完成と投与に頼らざるを得ません。国際的に臨床試験は

3段階のプロセスが必要ですが、世界の感染状況に鑑み2段階で見切り発車するとか

検討してはどうでしょうか(素人考えですが)?

6月29日現在のデータを掲載します。データはこちら。

新型コロナウイルスが影響を与える世界の経済成長率!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2020年06月25日(木)

新型コロナウイルスが影響を与える世界の経済成長率!

昨日6月24日、IMF(国際通貨基金)が発表した世界経済の見通しで、2020年の

世界全体の経済成長率をマイナス4.9%と発表しました。

これは4月に発表したマイナス3.0%からさらに悪化する数値になっています。

米国や中南米など諸外国で感染の拡大が進んでいることにより、経済的な損失が

想定以上に深刻化し、回復に時間がかかるとの分析が背景にあります。

日本を含め、主要国の数値は下記の通りですが、全て悪化する予測となっています。

         6月        4月    

日本:      -5.8%     -5.2%

米国:      -8.0%     -5.9%

中国:       1.0%      1.2%

ドイツ:     -7.8%     -7.0%

フランス:    -12.5%    -7.2%

 

2019年に比べると何れの国も落ち込んでいますが、特に米国とフランスの落ち込みが

厳しいようです。

2021年についてIMFは、新型コロナウイルス感染の収束を前提にして、

世界の経済成長率を5.4%と急速に回復すると予測していますが、中国で見られる様に

第2次感染のリスクなどから「見通しの不確実性は高い」とのコメントも加えています。

新型コロナウイルスは至るところに悪影響を与えています。完全収束は長期間かかる

可能性が高いですが、できるだけ早く世界レベルでのワクチン投与が望まれます。

Cheer up!花火プロジェクト開催!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2020年06月02日(火)

Cheer up!花火プロジェクト開催!

新型コロナウイルスの影響で、日本中が自粛を余儀なくされている中、明るいニュースが

飛び込んでいました!

hanabi

日本煙火協会青年部融資が企画した、Cheer up!花火プロジェクトです。

花火も新型コロナウイルスの影響を受けて、全国で花火大会が中止されているのです。

そんな暗い雰囲気を吹き飛ばし、自粛漬けになっている皆さんに、大空で大輪を咲かせる

花火を見上げてもらい、笑顔になってもらおうと実施されたものです。

6月1日の夜8時過ぎに、全国200カ所で一斉に花火が打ち上げられました。

どんなに厳しい環境でも明るさを失わない日本人気質の良さが如実に表れたイベント

だったと思います。

全ての場所で最初に打ち上げられたのは青色の花火で、医療従事者に対する感謝の意を

表したものだったそうです。打ち上げる場所を事前に公表していなかったので、

全国で驚きの笑顔が広がりました。

近い将来、新型コロナウイルス問題が一段落したときに、是非思い出したい出来事だと

思い掲載しました!

新型コロナウイルス感染状況データ(続き)!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2020年05月31日(日)

新型コロナウイルス感染状況データ(続き)!

5月の最終日にAFPが統計を発表しましたので、5月の締めくくりとしてデータを

掲載します。感染者数ではアジア地域の2次感染(?)や中南米やアフリカの増加が

問題視されます。死亡者数派特に中南米の増加が加速していますので、治療に関する世界的な支援が必要ではないでしょうか?一方、回復者が増加しているのは朗報だと思います。

データはこちら

日本では、緊急事態宣言が解除されましたが、北九州市でクラスターが発生しましたし、

東京でも徐々に増加傾向にあるなど、油断できない状況のようです。

生活習慣をある程度変えながら、治療薬やワクチンの完成を待つ日々を続ける必要が

あるように思います。

不自由ではありますが、ワンチームで頑張りましょう!

新型コロナウイルス感染状況データ(続き)!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2020年05月28日(木)

新型コロナウイルス感染状況データ(続き)!

AFPの統計発表がなくなってしまいました。おそらく、感染者数が減っていることで

止めたのだと思います。

このサイトでは約5日間隔で掲載してきましたが、打ち切りといたします。

早く有効な治療薬とワクチンが供給されることを期待します!

日本の人口!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2020年05月21日(木)

日本の人口!

1920年(大正9年)に最初の国勢調査が実施されてから100年が立ちました。

総務省が行う国政調査は5年ごとに実施されていますので、2020年に20回目が

実施されることになります。内容を把握できるのは2021年です。

1920年と2020年、さらに、一部の項目について推計データがある2065年の

状況を比較してみました。(出所は総務省や厚生労働省です。)

 

         1920年   2020年    2065年

総人口    : 5,569万人 12,617万人 8,808万人

15歳未満  : 36.5%   12.1%    10.3%

15~64歳 : 58.3%   59.5%    51.4%

65歳以上  :  5.3%   28.4%    38.3%

世帯数    : 1,112   4,994     ? 

1世帯当り人数: 4.89人   2.47人     ?

合計特殊出生率: 5.11    1.39     1.25

平均寿命 女 : 43.2歳   86.99歳   91.35歳

     男 : 42.1歳   80.75歳   84.95歳

外国人数   : 8万人     165万人     ?

年平均気温  : 14.2度   16.5度    17.9度

 

100年前と比べて、人口が2倍以上になり、寿命も約2倍になりました。

総人口の変化や高齢化の状況を目のあたりにすると驚きです。

新型コロナウイルスの影響で、食の世界も産業界もサプライチェーンの問題が

浮き彫りになりました。産業界では、様々な製品や部品の生産基地を、中国主体から

日本国内も含め他国に分散化する動きが始まっています。

一方の食品については、主立った動きは未だないのですが、2065年に向けた総人口の

大幅な減少を見ると、日本の自給率を大幅に上げる対策を立ててはどうだろうかと

思うのです。日本人が食べる食品の中で、米、野菜類や鮮魚は自給率が高いのですが、

圧倒的に不足しているのは、小麦粉、大豆、油類、肉類です。これらの食品について、

国が支援する仕組みを構築し、国民が食生活を自給自足食品主体に変えていくと、

日本がもっと豊かな国に変身していくでしょうし、海外から問題視されている

生産性の向上にもつながって行くと思うのですが、如何でしょうか?

新型コロナウイルス感染状況データ(続き)!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2020年05月20日(水)

新型コロナウイルス感染状況データ(続き)!

5月20日現在のデータを掲載します。データはこちら

昨日AFPがデータを発表しなかった為、今回は6日間隔になってしまいました。

しかし、5日間隔で換算すると、世界の感染者数増加率は10.5%、死亡者数増加率は

7%となり、14日時点より改善していることが分かります。

中南米都アフリカが相変わらずかなりの増加を示していることが心配ではあります。

日本では急速に感染者数が減ってきました。外出自粛も解除された県が多く、

さらに東京や大阪でも外出する人が増えていますが、

皆さんがマスクの着用や3密を避けるといった、新生活習慣が形成されている効果のようです。

TVでは連日コロナウイルス感染の現状分析、2次感染の可能性、収束後の経済について

報道されていますが、視聴しているこちらの方は同じような展開が続いているので疲れてきました。

治療薬とワクチンについて、早い段階での進展が期待されます!

新型コロナウイルス感染状況データ(続き)!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2020年05月14日(木)

新型コロナウイルス感染状況データ(続き)!

5月14日現在のデータを掲載します。データはこちら

中南米やロシアではかなり感染者数が伸びているようですが、

直近2回の増加率を比較すると世界全体の増加傾向は下がってきているようです。

世界中の方々が外出自粛をした成果ではないでしょうか?

日本では、8つの特定指定都道府県を除き、緊急事態宣言を本日解除予定です。

一方、専門家達も報道も引き続き外出自粛を心がけるよう指摘しています。

東京都の感染者数が最近劇的に縮小していますので、東京都のみならず、

全国で自粛されていた方々の意識が急激な開放化に向かうことが懸念されます。

このような事態が発生すると、どうしてもマイナス思考になりがちですが、

感染の揺り戻しが起きる可能性があるので、5月31日まで緊急事態宣言を

継続していた方が良かったかも知れません。

今回の解除は経済面での回復を考慮したものと思いますが、

外食産業が再開しても、皆さんが率先して外食をするか未定です。

米国のトランプ大統領は経済活動の再開を推進使用としていますが、

これは、多少?の感染拡大の可能性を覚悟した上でやろうとするものです。

果たして、日本政府は米国と同じような方針を出せるのでしょうか?

沖縄県うるま市立宮森小学校の石原教諭が考えてそうですが、

まさに、5+6+7=18(コロナはイヤ)です!

「日本をもっと知ろう」ムーブメントを立ち上げてはどうでしょうか?

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2020年05月12日(火)

「日本をもっと知ろう」ムーブメントを立ち上げてはどうでしょうか?

新型コロナウイルスの出現で全国に緊急事態宣言が発出され、個人も企業も様々な

自粛を強いられました。5月になって感染縮小傾向が見られるようになりましたが、

完全に収ったわけではないので、心身共に不自由な日々が続いています。

4月までは新型コロナウイルスの感染ニュース一色だったメディア報道は、5月になり、

収束後をにらんだ報道番組も出て来るようになりました。

現時点で一番被害を被っている産業としては、インバウンドが消え去ったような観光に

関連した業種が上げられますが、その裾野は広いです。ざっと考えただけで、ホテルや

旅館、観光地の展示場・娯楽設備・店舗、移動手段の交通機関、そして外食産業があります。

新型コロナウイルスが収束してインバウンドブームが戻ってくるかは不透明で、むしろ、

その期待は捨てて、日本国内で新たな需要をつくる方が、効果があるように思います。

そこで提案したいのが「日本をもっと知ろう」ムーブメントなのです。

「灯台もと暗し」のたとえではありませんが、世界の人々が訪れてはその魅力に感嘆する

日本の自然美や伝統文化の継承について、日本人自体があまり知っていないように

思うのは、私だけでしょうか?

最近は、自粛騒ぎの中でパチンコ店の開業が問題になりましたが、暇つぶしのために

パチンコ店に行く若者達が多いのは残念と言わざるを得ません。

 

「日本をもっと知ろう」ムーブメント活動はインバウンドブームと同じレベルにするには、

国を上げて取り組まないとできないと思います。

そのために、国が主宰者になることが必要だと思います。

具体的な内容はまだ煮詰まっていませんが、提案したいのは次の様な企画です。

1. 国「政府」が一定期間(例えば6ヶ月)を対象として、国内旅行記を募集する。

2. 旅行記には訪れた観光地、使用した交通機関、宿泊場所、夕食場所、写真を明記した

上で、旅行記を原稿用紙4~5枚程度で作成する。

3. 開催ごとに、1万人に賞金を出す。
1等は1,000人でそれぞれ50万円の賞金

2等は2,000人でそれぞれ10万円の賞金

3等は7,000人でそれぞれ5万千円の賞金

合計10億5千万円で、年に2回であれば、政府は予算として21億円を計上する。

4. 全ての旅行記の著作権は国が保有し、毎回1等の旅行記をまとめて製本し、書店で

販売する。印税は政府に帰属する。

上記の企画で一番問題になりそうなのが、1~3等の選考方法です。

さらに、規模が小さすぎるとの指摘を受ける可能性があります。

インバウンドの代替案としては、最低10倍にする必要も考えられます。 

【はじめての補聴器】サイトから、皆さんのご意見や感想を頂ければ幸いです!