メニュー

ブログ - ベストな補聴器購入の為の情報サイト

お問い合わせ

書籍購入はこちら

4133first.com

ブログBLOG

日本の人口!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2020年05月21日(木)

日本の人口!

1920年(大正9年)に最初の国勢調査が実施されてから100年が立ちました。

総務省が行う国政調査は5年ごとに実施されていますので、2020年に20回目が

実施されることになります。内容を把握できるのは2021年です。

1920年と2020年、さらに、一部の項目について推計データがある2065年の

状況を比較してみました。(出所は総務省や厚生労働省です。)

 

         1920年   2020年    2065年

総人口    : 5,569万人 12,617万人 8,808万人

15歳未満  : 36.5%   12.1%    10.3%

15~64歳 : 58.3%   59.5%    51.4%

65歳以上  :  5.3%   28.4%    38.3%

世帯数    : 1,112   4,994     ? 

1世帯当り人数: 4.89人   2.47人     ?

合計特殊出生率: 5.11    1.39     1.25

平均寿命 女 : 43.2歳   86.99歳   91.35歳

     男 : 42.1歳   80.75歳   84.95歳

外国人数   : 8万人     165万人     ?

年平均気温  : 14.2度   16.5度    17.9度

 

100年前と比べて、人口が2倍以上になり、寿命も約2倍になりました。

総人口の変化や高齢化の状況を目のあたりにすると驚きです。

新型コロナウイルスの影響で、食の世界も産業界もサプライチェーンの問題が

浮き彫りになりました。産業界では、様々な製品や部品の生産基地を、中国主体から

日本国内も含め他国に分散化する動きが始まっています。

一方の食品については、主立った動きは未だないのですが、2065年に向けた総人口の

大幅な減少を見ると、日本の自給率を大幅に上げる対策を立ててはどうだろうかと

思うのです。日本人が食べる食品の中で、米、野菜類や鮮魚は自給率が高いのですが、

圧倒的に不足しているのは、小麦粉、大豆、油類、肉類です。これらの食品について、

国が支援する仕組みを構築し、国民が食生活を自給自足食品主体に変えていくと、

日本がもっと豊かな国に変身していくでしょうし、海外から問題視されている

生産性の向上にもつながって行くと思うのですが、如何でしょうか?

新型コロナウイルス感染状況データ(続き)!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2020年05月20日(水)

新型コロナウイルス感染状況データ(続き)!

5月20日現在のデータを掲載します。データはこちら

昨日AFPがデータを発表しなかった為、今回は6日間隔になってしまいました。

しかし、5日間隔で換算すると、世界の感染者数増加率は10.5%、死亡者数増加率は

7%となり、14日時点より改善していることが分かります。

中南米都アフリカが相変わらずかなりの増加を示していることが心配ではあります。

日本では急速に感染者数が減ってきました。外出自粛も解除された県が多く、

さらに東京や大阪でも外出する人が増えていますが、

皆さんがマスクの着用や3密を避けるといった、新生活習慣が形成されている効果のようです。

TVでは連日コロナウイルス感染の現状分析、2次感染の可能性、収束後の経済について

報道されていますが、視聴しているこちらの方は同じような展開が続いているので疲れてきました。

治療薬とワクチンについて、早い段階での進展が期待されます!

【はじめての補聴器】サイトの主宰者が推奨する補聴器販売店!

カテゴリ: 主宰者からのお知らせ 公開日:2020年05月19日(火)

【はじめての補聴器】サイトの主宰者が推奨する補聴器販売店!

【はじめての補聴器】サイトは、中立な立場で、これから補聴器を購入される方が

必要とする

安心と信頼の聞こえと補聴器に関する情報を提供するサイトです。

スイスの補聴器メーカーバーナフォンの日本代表として17年勤務し、補聴器販売店を

訪問させて頂いた経験から、いくつかの補聴器販売店を推奨しようと思います。

 

今回は【鹿児島県】です。

 

推奨店舗名:谷山補聴器センター

推奨担当者:山下代表

住所等:サイトの安心かつ信頼できる販売店情報(下記)を参照下さい。

https://www.4133first.com/information/dealer/127-46-kagoshima/420-yamashita.html

 

山下代表の推奨理由:

1.誠実で常に笑顔を絶やさない人柄

2.難聴と補聴器に関する必要十分な知識

3.長い修理業務体験で補聴器の仕組みに精通

4.調整ソフトをたくみに扱える知識と経験

5.お客様の満足追求の営業方針

6.きめ細かいアフターケアの実践

7.バリアフリーのトイレなど、お客様の居心地重視の店舗設計

8.複数のメーカー製品の取り扱い

9.【はじめての補聴器】サイトの主旨に賛同して参加

オーストラリアの、ピンク・ブルーの湖、そしてグレート・バリア・リーフ!

カテゴリ: 雑記(散策) 公開日:2020年05月18日(月)

オーストラリアの、ピンク・ブルーの湖、そしてグレート・バリア・リーフ!

1. ピンク湖:

その名前はヒリアー湖です。

aust8

西オーストラリア州南部ゴールドフィールズ・エスペランス地域にあるミドル島の

沿岸部に位置する塩湖です。湖水がピンク色であることで有名です。

ヒリアー湖に生息する魚は皆無で、ドナリエラ等の微生物のみです。

特にドナリエラが作り出だす色素が湖水中の塩に混ざることで、湖水がピンクに

染まるのです。

2. ブルー湖:

その名はブルーレイクです。

aust9

南オーストラリア州の南東部に位置する休火山ガンビア山の頂上にある火山湖です。

毎年12月から3月までは青色、それ以外は灰色と、時期により色が変わることで

有名です。

11月後半から湖の表面温水が20℃前後に上昇します。

湖水に含まれる炭酸カルシウムが微細な結晶を形成し、湖水表面に拡散します。

そして、太陽光の角度が変わる中でコバルトブルーに発色するそうです。

これが現在の有力な説ですが、本当の理由はわかっていません。

3. グレート・バリア・リーフ:

  オーストラリア北東岸に広がる世界最大のサンゴ礁地帯で、世界でも有名です。

aust4

長さ2600km、幅100kmを超え、総面積は344,400平方kmです。

日本の国土が377,975平方kmですから、その大きさに驚かされます。

オーストラリア大陸は、大昔、南極と一体化していた東ゴンドワナ大陸から、

分離して北に移動したのです。現在でも1年に7センチほど北に移動しています。

大陸の北東側は火山帯でしたので、珊瑚礁も含め花崗岩で出来ています。

約8000年前から珊瑚礁が形成されたようですが、1990年代以降、

特に夏に発生する海洋温度の上昇という気象変動によって、珊瑚の白化現象が

大きな問題になっています。

ランニング時の3つの走法!

カテゴリ: 雑記(健康) 公開日:2020年05月17日(日)

ランニング時の3つの走法!

世界で外出自粛が解除されはじめ、ジョギングやランニングを再開している人が

増えているようです。

日本でも39県が解除され、更に、解除されていない東京都や大阪府などでも、

運動不足の解消にランニングをする人の映像がTVで見受けられます。

基本的なことですが、ランニングの走法には3つあることを知っていますか?

1. ヒールストライク:

踵から接地して、つま先で蹴り出す走法です。我々みたいな一般人を含め、多くの

ランナーはこの方法で走っています。

2. フォアフット:

つま先側から接地させる走法です。最小限の力で前進するので、スピードが出やすく、

日本記録を持つ大迫傑選手やアフリカのトップランナー達が実践している

走法として、昨年から俄に注目されました。

3. ミッドフット:

踵からではなく足裏の中心を最初に接地させる走法で、最近特にTV等で

報道されているそうです。

こんな走法があるとは知りませんでしたが、この走法習得のコツは次のようなことらしいです。

・身体の軸をまっすぐに保つこと

・骨盤を前傾させること

・後ろ足を長めに残すことで、足を運ぶタイミングを少し遅らせること

・身体が水平移動するイメージを持つこと

ミッドフット走法がうまく出来ているかをチェックするには、通常の走法より、

ハムストリングやふくらはぎに筋肉痛が起きていることを自覚することだそうです。

フォアフットには劣るようですが、ヒールストライクよりは速くなる可能性があり、

さらに、膝への負担やエネルギー消費を抑えられるようです。

一度挑戦してみてはどうでしょうか?

富士山登山や夏の甲子園まで新型コロナウイルスの影響!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2020年05月16日(土)

富士山登山や夏の甲子園まで新型コロナウイルスの影響!

新型コロナウイルスは本当に困った存在です。

日本人が楽しみにしている富士山登山や夏の甲子園まで奪おうとしています。

fuji568

1. 富士山:

富士山は登山ルートが4つあります。山梨県側の吉田ルートと

静岡県側の富士宮ルート、御殿場ルート、須走ルートです。

山開きは毎年7月1日から9月10までですが、昨日山梨県が吉田ルートを

通行止めにすると発表しました。

背景には、ルート上にある山小屋16軒を管理する富士吉田口旅館組合が、

既に今夏の一斉休業を決めていたことと、8合目救護所の休業でパトロールや

維持管理ができないためだそうです。

他方の静岡県側ですが、富士宮ルートにある山小屋を統括する富士山表富士宮口

登山組合が山小屋全9軒の一斉休業を決めているので、富士宮ルートは通行止めに

なる可能性が高くなっています。残る御殿場ルートと須走ルートはまだ正式な発表は

出していませんが、吉田ルートと富士宮ルートの状況を考慮すると、

通行止めの決定が下される可能性が高いです。

毎年沢山の方が富士山登山を楽しみにしていますので、出来れば2ルートだけでも

開けておいてほしいと思います。

2. 夏の甲子園:

1915年に始まり、今年は102回大会が開催される予定だった夏の甲子園が開催の

危機に瀕しています。昨年は全国で3730校が予選に参加し、星陵・奥川投手快投や

大船渡の怪物・佐々木投手の出現などで大いに盛り上がったことは、奥にまだ記憶に

新しいところです。選抜大会が中止になったため、夏の甲子園に闘志を燃やしていた

高校球児達や、毎年新たなドラマを期待する観客が注目する大会ですが、本日の報道に

よると、日本高校野球連盟が大会の中止を検討しているようです。

沢山のスポーツ競技が中止や延期になり、スポーツというものは、やる側も見る側も

純粋な娯楽としてとても大切なものであることを痛感しました。

20日に最終決定が下されるようですが、何としても開催してほしいと思います!

新型コロナウイルスに負けるな!

【はじめての補聴器】サイトの主宰者が推奨する補聴器販売店!

カテゴリ: 主宰者からのお知らせ 公開日:2020年05月15日(金)

【はじめての補聴器】サイトの主宰者が推奨する補聴器販売店!

【はじめての補聴器】サイトは、中立な立場でこれから補聴器を購入される方が必要とする

安心と信頼の聞こえと補聴器に関する情報を提供するサイトです。

スイスの補聴器メーカーバーナフォンの日本代表として17年勤務した経験から、

いくつかの補聴器販売店を推奨しようと思います。

 

今回は【東京都】です。

推奨店舗名:補聴器/経堂

推奨担当者:石田代表

住所等:サイトの安心かつ信頼できる販売店情報(下記)を参照下さい。

https://www.4133first.com/information/dealer/110-13-tokyo/357-ishida.html

 

石田代表の推奨理由:

1.実直で表裏がない人柄

2.難聴と補聴器に関する必要十分な知識

3.多くの補聴器メーカー製品に精通

4.調整ソフトをたくみに扱える知識と経験

5.お客様の聞こえの改善重視の営業方針

6.きめ細かいアフターケアの実践

7.技術革新の積極的取り込み意欲

8.価格面での柔軟な対応姿勢

9.熱心な症例内容のサイト掲載

10.【はじめての補聴器】サイトの主旨に賛同して参加

新型コロナウイルス感染状況データ(続き)!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2020年05月14日(木)

新型コロナウイルス感染状況データ(続き)!

5月14日現在のデータを掲載します。データはこちら

中南米やロシアではかなり感染者数が伸びているようですが、

直近2回の増加率を比較すると世界全体の増加傾向は下がってきているようです。

世界中の方々が外出自粛をした成果ではないでしょうか?

日本では、8つの特定指定都道府県を除き、緊急事態宣言を本日解除予定です。

一方、専門家達も報道も引き続き外出自粛を心がけるよう指摘しています。

東京都の感染者数が最近劇的に縮小していますので、東京都のみならず、

全国で自粛されていた方々の意識が急激な開放化に向かうことが懸念されます。

このような事態が発生すると、どうしてもマイナス思考になりがちですが、

感染の揺り戻しが起きる可能性があるので、5月31日まで緊急事態宣言を

継続していた方が良かったかも知れません。

今回の解除は経済面での回復を考慮したものと思いますが、

外食産業が再開しても、皆さんが率先して外食をするか未定です。

米国のトランプ大統領は経済活動の再開を推進使用としていますが、

これは、多少?の感染拡大の可能性を覚悟した上でやろうとするものです。

果たして、日本政府は米国と同じような方針を出せるのでしょうか?

沖縄県うるま市立宮森小学校の石原教諭が考えてそうですが、

まさに、5+6+7=18(コロナはイヤ)です!

日本の世界遺産一覧!

カテゴリ: 雑記(散策) 公開日:2020年05月13日(水)

日本の世界遺産一覧!

昨日、「日本をもっと知ろう」ムーブメントの提案を掲載しました。

いくつかご意見やご感想が届いていて有り難うございます。

具体的にどこを訪れるかについては、自らの経験も踏まえ様々な選択肢があると

思いますが、まずは日本にある世界遺産23カ所を訪れてみては如何でしょうか?

世界遺産関係者や従来からの旅行家などを除くと、世界遺産が23もあること、そして、

全てを訪れたことがある方はあまりいないと思います。

個人的には、一部の世界遺産に訪れたことがありますが、世界遺産に登録された理由も

分からずに見学したところが多いので、勉強した上でもう一度見学しようと思っています。

本日は一覧表のみを掲載しますが、次回からは各世界遺産訪問のために、必要最低限の

知っておくべき事項を掲載しようと思います。

登録年    登録名称  

1993年:法隆寺地域の仏教建造物

1993年:姫路城

1994年:登録古都京都の文化財(京都市,宇治市,大津市)

1995年:白川郷・五箇山の合掌造り集落

1996年:原爆ドーム

1996年:厳島神社

1998年:古都奈良の文化財

1999年:日光の社寺

2000年:琉球王国のグスク及び関連遺産群

2004年:紀伊山地の霊場と参詣道

2007年:石見銀山遺跡とその文化的景観

2011年:平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―

2013年:富士山―信仰の対象と芸術の源泉

2014年:富岡製糸場と絹産業遺産群

2015年:明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼,造船,石炭産業

2016年:ル・コルビュジエの建築作品‐近代建築運動への顕著な貢献‐

2017年:「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

2018年:長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

2019年:百舌鳥・古市古墳群 -古代日本の墳墓群-

1993年から始まった世界遺産登録は毎年のように登録されていたことが分かります。

更に、京都府、奈良県、広島県等、いくつかの県には2つの世界遺産があります。

「日本をもっと知ろう」ムーブメントを立ち上げてはどうでしょうか?

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2020年05月12日(火)

「日本をもっと知ろう」ムーブメントを立ち上げてはどうでしょうか?

新型コロナウイルスの出現で全国に緊急事態宣言が発出され、個人も企業も様々な

自粛を強いられました。5月になって感染縮小傾向が見られるようになりましたが、

完全に収ったわけではないので、心身共に不自由な日々が続いています。

4月までは新型コロナウイルスの感染ニュース一色だったメディア報道は、5月になり、

収束後をにらんだ報道番組も出て来るようになりました。

現時点で一番被害を被っている産業としては、インバウンドが消え去ったような観光に

関連した業種が上げられますが、その裾野は広いです。ざっと考えただけで、ホテルや

旅館、観光地の展示場・娯楽設備・店舗、移動手段の交通機関、そして外食産業があります。

新型コロナウイルスが収束してインバウンドブームが戻ってくるかは不透明で、むしろ、

その期待は捨てて、日本国内で新たな需要をつくる方が、効果があるように思います。

そこで提案したいのが「日本をもっと知ろう」ムーブメントなのです。

「灯台もと暗し」のたとえではありませんが、世界の人々が訪れてはその魅力に感嘆する

日本の自然美や伝統文化の継承について、日本人自体があまり知っていないように

思うのは、私だけでしょうか?

最近は、自粛騒ぎの中でパチンコ店の開業が問題になりましたが、暇つぶしのために

パチンコ店に行く若者達が多いのは残念と言わざるを得ません。

 

「日本をもっと知ろう」ムーブメント活動はインバウンドブームと同じレベルにするには、

国を上げて取り組まないとできないと思います。

そのために、国が主宰者になることが必要だと思います。

具体的な内容はまだ煮詰まっていませんが、提案したいのは次の様な企画です。

1. 国「政府」が一定期間(例えば6ヶ月)を対象として、国内旅行記を募集する。

2. 旅行記には訪れた観光地、使用した交通機関、宿泊場所、夕食場所、写真を明記した

上で、旅行記を原稿用紙4~5枚程度で作成する。

3. 開催ごとに、1万人に賞金を出す。
1等は1,000人でそれぞれ50万円の賞金

2等は2,000人でそれぞれ10万円の賞金

3等は7,000人でそれぞれ5万千円の賞金

合計10億5千万円で、年に2回であれば、政府は予算として21億円を計上する。

4. 全ての旅行記の著作権は国が保有し、毎回1等の旅行記をまとめて製本し、書店で

販売する。印税は政府に帰属する。

上記の企画で一番問題になりそうなのが、1~3等の選考方法です。

さらに、規模が小さすぎるとの指摘を受ける可能性があります。

インバウンドの代替案としては、最低10倍にする必要も考えられます。 

【はじめての補聴器】サイトから、皆さんのご意見や感想を頂ければ幸いです!