メニュー

ブログ - ベストな補聴器購入の為の情報サイト

お問い合わせ

書籍購入はこちら

4133first.com

ブログBLOG

2018年補聴器出荷台数が60万台に近づく!

カテゴリ: 補聴器最新情報 公開日:2019年01月28日(月)

2018年補聴器出荷台数が60万台に近づく!

日本補聴器工業会が2018年1月から12月までの補聴器出荷台数を公表しました。内容は次の通りです。

      2018     2017     増減率

総数   :585,255  562,747  104.0%

ポケット型: 19,931   23,238   85.8%

耳かけ型 :186,674  184,441  101.2%

RIC型 :198,707  172,736  115.0%

メガネ型 :    347      480   72.3%

耳あな型 :156,351  163,590   95.6%

耳穴既製品: 23,245   18,262  127.3% 

補聴器出荷台数とは、日本補聴器工業会に属しているメーカー各社が自主的に出した数字を集計した数字で、販売台数とは一致していません。しかし、長年同じ方法で公表している数字なので、市場傾向を見ることが出来る唯一の情報です。2018年の特徴がいくつかありますので掲載します。

    総数が585、255台となり、60万台に近づいてきました、10年以上も50万台の数字で推移してきましたので、2019年は60万台への挑戦の年になります。

    RIC型が大幅に伸びて、形状別では耳かけ型を押さえて1番になりました。この傾向はこれからも続くと思われます。

    オーダーメイド耳あな型が減少しています。RIC型や耳かけ型に充電式が投入されている為、この傾向は当分続くのではないでしょうか?

    耳穴既製品が増加しています。価格が安いいことと、デジタル製品を投入するメーカーが出てきたことが増加につながっていると思います。

大坂なおみ・世界一!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2019年01月27日(日)

大坂なおみ・世界一!

昨日行われた全豪オープン決勝戦は、大坂とクビトバがお互いの持ち身を活かした激戦になりました。最後は大坂がフルセットで勝利して世界一の栄誉を手にしたのですが、大変見応えのある試合でした。大阪の勝因は①精神力の強化②スライスのセカンドサーブ③クビトバの深いストロークをベースラインでカウンター気味に打つショット④ミスショットを減らしたこと、だと思います。以前セリーナ・ウィリアムズが君臨していた時代、彼女のストロークはスピンが効いた深いボールで、相手がそれに対応できず甘く帰って来たショットをクロス1発で仕留めるスタイルだったように思いますが、今回の二人はスピンをあまりかけず、高速ストロークの対決でした。準決勝のプリスコバとの試合も同様に見応えがありましたから、今後の女子テニスは、男子同様、高速テニスに変化していくような気がしました。今回のもう一つの収穫は、現在一番強いだろうと思われる、スイトリナ、プリスコバ、クビトバを連破したことです。今後の対戦で大きな自信を手にしたのではないでしょうか?昨年の全豪オープン参戦時の世界ランクは72位でしたから、わずか1年で71人を抜き去ったことになります。次回の全仏とその次のウィンブルドンでどのような戦いを見せてくれるのか、期待感が膨らむばかりです!

「歴代の女子シングルス世界ランキング1位」

エバート(アメリカ) 
グーラゴン=コーリー(オーストラリア) 
ナブラチロワ(アメリカ) 
オースティン(アメリカ) 
グラフ(ドイツ) 
セレス(アメリカ) 
サンチェス=ビカリオ(スペイン) 
ヒンギス(スイス) 
ダベンポート(アメリカ) 
カプリアティ(アメリカ) 
ウィリアムズ(アメリカ) 
ウィリアムズ(アメリカ) 
クレイステルス(ベルギー) 
エナン(ベルギー) 
モレスモ(フランス) 
シャラポワ(ロシア) 
イバノビッチ(セルビア) 
ヤンコビッチ(セルビア) 
サフィーナ(ロシア) 
ウォズニアッキ(デンマーク) 
アザレンカ(ベラルーシ) 
ケルバー(ドイツ) 
プリスコバ(チェコ) 
ムグルサ(スペイン) 
ハレプ(ルーマニア) 
大坂なおみ(日本)

テニス・全豪オープンとサッカー・アジアカップが熱い!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2019年01月26日(土)

テニス・全豪オープンとサッカー・アジアカップが熱い!

  テニス・全豪オープンはいよいよ男女シングルス決勝戦です。女子は2011年に21歳でウィンブルドンを制したクビトバと2018年に20歳で全米オープンを制した大坂の激突です。身長183cmのサウスポー・クビトバはサウスポー特有のサーブ力とフォアもバックもスピンをあまりかけない高速のストロークが武器です。手も足も長いのでコートカバー力にもたけていそうです。180cmの大坂は強烈なファーストサーブと角度がつけられる高速ストロークが武器です。クビトバの28歳に対し大坂は21歳と若く、持続力のある脚力も助けになるかもしれません。いずれが勝っても世界ナンバーワンになるビッグゲームで世界中が注目しています。専門家たちの下馬評では、ややクビトバが有利なようですが、日本人としては大坂にぜひ勝ってほしいものです!勝負の分かれ目は、大坂のセカンドサーブをクビトバが仕留めるか、大坂が5本以上続くラリー戦に持ち込めるかだと思います!

男子は第1シードのジョコビッチと第2シードのナダルの対戦になりました。今年はズべレフを中心とする若手との世代交代の年とも言われていましたが、結果としては大御所の二人の対戦で、さすがと言わざるを得ません。ジョコビッチが勝てば、全豪オープン最多となる7度目の優勝となり、ナダルが勝てば、2度目のグランドスラム達成になります。ジョコビッチの正確で深いストロークをナダルがどの様にさばくのかが勝負の分かれ目だと思います。女子は本日、男子は明日決着が着きます。注目しましょう!

  サッカー・アジアカップは昨日準々決勝が終了し、準決勝に臨む4チームが決まりました。日本は世界ランク29位で今回の優勝候補大本命であるイランとの対戦になりました。反対側には優勝候補の韓国を破ったカタールと前回優勝の豪州を破ったUAEが進出しました。ベトナムの若いチームとの準々決勝戦で日本は、前半は守り、後半は速いパス回しの攻撃と2つの顔を披露しました。前半の戦い方では、イランに勝てるはずもないと思いましたが、後半の躍動感を見たら、ひょっとすると勝てるかもしれない気分になってきました。イランは他のチームと違い、守り一辺倒ではないので、中盤でのボール支配をどちらが征するかで勝負が決まりそうです。大迫がFWに入り、左のサイドアタックには乾が入ってドリブルを交えながら、南野・堂安との連携プレーが必要だと思いました。試合は28日です!

単語・音節・音素の話!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2019年01月25日(金)

単語・音節・音素の話!

私たちがいつも喋っている言葉は、単語が集まって構成されていることを誰もが知っています。それでは単語は何で構成されているのでしょか?答えは「音節」です。例えば、「日本語」という単語を取り上げて見ましょう。ひらがなで書くと、「にほんご」という4音節で構成されています。つまり、「に」・「ほ」・「ん」・「ご」というひらがながそれぞれ音節なのです。そして、「音節」を構成する音の最小単位を「音素」と称します。日本語の場合、ひらがなが言葉の最小単位と考えがちなのですが、ひらがなは最小単位ではありません。何故なら「音素」とは発音の世界だからです。一番分かりやすいのは、「にほんご」をローマ字で書いてみることです。ローマ字で書くと「NI・HO・N・GO」となります。NIはNとIの合成語、HOもHとIの合成語、GOもGとOの合成語です。Nだけは「ん」という無声音でこれ以上分解できない発音です。別の発音で皆さんが知っている母音「あ・い・う・え・お」があります。これらをローマ字に置き換えると「A・I・U・E・O」となり、これ以上分解できません。従ってこれら6つの全ては音素になります。「あ」で始まる母音行に対し、「か・さ・た・な・は・ま・や・ら・わ」の各行は子音と言いますね。例えば、「か」はKとAの合成音ですし、「さ」はSとAという2つの音素が合わさった音になります。それ故にこれらは音節です。聞こえが悪くなると「加藤」と「佐藤」を聞き間違えるという現象が起こりがちです。これは「KATOU」のKと「SATOU」のSが聞き分けられないことで引き起こされます。いずれも比較的高い音で凄く短い時間で発音されるのが特徴です。現在のデジタル補聴器はKやSが一番大きくなる高音域の増幅を強化することでかなり改善を図ることが出来ますが、凄く短い時間の対策はまだ完全ではありません。逆に言えば、今日のデジタル補聴器はまだまだ改善できる余地が残っているのです!

ニッポン全国鍋グランプリ2019開催!

カテゴリ: 雑記(趣味の世界) 公開日:2019年01月24日(木)

ニッポン全国鍋グランプリ2019開催!

そもそもニッポン全国鍋グランプリとは、日本の安心安全で豊かな国内食材資源による鍋文化(地域の歴史に受け継がれた伝統鍋、地域食材を利用した新作鍋、新たな地域資源を活用した創作鍋など)を一堂に会し、優れた鍋文化を発掘・表彰し、日本の「和食」として世界に発信することを開催の趣旨としています。2005年に埼玉県和光市で始まり、今年で15回目になります。これまでは埼玉県で行われてきましたが、関西の参加が増えたこともあり、今回は初めて兵庫県の姫路市で行われ、1月26日~27日に開催されます。全国から61チームが結集し、来場者の投票で金賞・銀賞・銅賞が決まります。

これまで3年間の三賞は次の通りです

    2018       2017        2016

金賞: 天然クエ鍋      もちぶた炙りとん汁   牛すじシチュー鍋

銀賞: 牛すじシチュー鍋   牛すじシチュー鍋    もちぶた炙りとん汁

銅賞: 名取せり鍋      家康鷹狩り鍋      天然クエ鍋

上記の内容を見ると、天然クエ鍋、もちぶた炙りトン汁、牛すじシチュー鍋が何回も入賞しています。開催地が埼玉県ばかりですから、埼玉県人の趣向かもしれませんし、他の参加チームの努力が足りないのかもしれません。今回は関西の姫路開催ということで、関西人特有の薄味の鍋が入賞するのではないでしょうか?

小坂→大坂→大阪!

カテゴリ: 雑記(趣味の世界) 公開日:2019年01月23日(水)

小坂→大坂→大阪!

現在は、誰もが「大阪府」と書きますが、日本史の中で豊臣家が滅亡した「大坂冬の陣」と「大坂夏の陣」は「大坂」と表記されていることを皆さんもおぼえていると思います。大阪城を訪れると大坂城とも表記されていて、なんとなくややこしい感があります。いつ変わったのか調べてみました。そもそも、この地区は小坂(おざか)と呼ばれていましたが、室町時代の僧侶・蓮如が「小」より「大」の方が縁起いいとの理由で「大坂」に改めたと言われています。そして江戸時代の末期には「大阪」の表記が出始めました。理由は、「坂」は「土に返る(=死ぬ)」と読めるので縁起が悪いからというものでした。さらに明治維新ごろになると、「士(さむらい)が謀反を起こす」と読めるので良くないという意見も出てきました。それで明治元年の1868年に、「大阪府」が正式な表記になったのです。

ヒラメ(鮃)とカレイ(鰈)!

カテゴリ: 雑記(趣味の世界) 公開日:2019年01月22日(火)

ヒラメ(鮃)とカレイ(鰈)!

同じカレイ目に属しているヒラメとカレイは兄弟みたいなものですが、様々な違いがあります。分かっているようで知らないこともあるので、纏めてみました。

  見分け方その1:
一般的に有名な言葉「左ヒラメに右カレイ」が最も分かりやすいです。お腹を下にした状態で、顔が右、左どちらを向くかで見分ける方法です。しかし、カレイでも左に目があるカレイもいるのでこれで完全とは言えません。

  見分け方その2:
目の付き具合に差があります。ヒラメの目は横に幅広く付いていて、広い視野で遠くの獲物を早く見つけるのに適しています。一方カレイの目はヒラメよりも寄り目気味で、近くの獲物の位置を正確に捉えることに適しています。

  見分け方その3:
口が違います。ヒラメとカレイは食べるものが違うので、口を比較するのが一番正確かもしれません。ヒラメは小魚を食べるので口は大きく、鋭い牙がずらっと並んでいます。一方、カレイの好物はゴカイや小さな甲殻類なので、どちらかと言えば「おちょぼ口」で、牙がありません。

  名前の違い:
江戸初期の辞書では「比目魚(ひもくぎょ)」をカレイと読ませていたようで、ヒラメとカレイは区別していなかったそうです。その後、ヒラメは体が平たいことから、漢字表記は「平目」と書いていましたが、やがて魚へんに「平」の「鮃」と書くようになりました。カレイというカタカナが使われている背景はもっと歴史があるようです。中国の伝説に、カレイはもともと両面が黒かったのが2つに裂けたもので、目のあるほうが片身を捜しているという話があります。「カレイ」の語源は、この「カタワレイヲ」(片割魚)に由来するという説が一つ、他にも、「朝鮮(韓)でよく獲れるエイに似た魚」という意味の「カラエヒ」が訛って「カレヒ」→「カレイ」になったとする説もあるそうです。漢字では平目と分けるために、「葉っぱのように平たい魚」という意味の「鰈」を使うことになりました。

  料理方法:
ヒラメは瞬時に小魚を捕食するため筋肉が発達しているので、火を通すと硬くなってしまいます。従い、刺身で食べることが好まれます。カレイは筋肉がないので火を通すことでふっくら美味しくなります。煮つけとか焼き魚にするのはそのためです。

  どちらが高級食材?:
昔はカレイの方が高級魚だったらしいのですが、魚における日本料理の作法がそれを逆転させました。「魚の頭は左側に向けて盛り付ける」という習わしが右側に頭があるカレイを退けヒラメに変えたそうです。しかし、現在はカレイだけ特別に右側を認められているので、問題はないようです。現在、ヒラメが高級魚と言われるのは、単純に漁獲量の違いで、カレイがヒラメの7.8倍の漁獲量があります。

  漁獲量:

6年ほど前のデータですが、カレイは年間漁獲量が約47、000トンで漁獲量の多い都道府県は①北海道②島根県③兵庫県④鳥取県⑤石川県と日本海側に集中しています。ヒラメは年間漁獲量が約6,000トンで漁獲量の多い都道府県は①北海道②青森県③長崎県④千葉県⑤茨城県で全国に散らばっている感じです。

このブログを書いていたら、コリコリ感がたまらない「えんがわ」を食べたくなりました!

卓球・全日本選手権覇者は伊藤と水谷!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2019年01月21日(月)

卓球・全日本選手権覇者は伊藤と水谷!

昨日迄行われていた卓球の全日本選手権は、世界ランク上位の選手が多数参戦するすごくレベルの高い大会でした。女子シングルスは18歳の伊藤が昨年に続き2連覇を達成、しかも各試合内容は圧倒的な結果でした。伊藤はダブルスも混合も優勝し、2年連続で3冠を達成する、とんでもない大記録を打ち立てました。昨年からさらに進化したのは、気持ちの強さと戦術変更対応力です。どんなタイプの選手にも対応でき、さらに試合中に相手が戦術を変えても、それを読んで事前に対応してしまう能力です。これなら、中国選手達と戦ってもいい勝負が出来るレベルに到達したように思います。これから海外ツアーが始まりますが、どんな戦績を築くのか注目されます。一方、男子シングルスは張本が準決勝で負けてしまい、水谷が10度目の優勝を遂げました。大本命だった張本は伊藤の持つ気持ちの強さと戦術変更対応力で劣っていたことが浮き彫りになりました。来年までにこれらの課題をしっかり解消すると思います。水谷は、10度の優勝で全日本選手権に興味をなくし、来年からは出場しないとコメントしています。しかし、来年の東京オリンピックまでは現役を継続するようですので、代表入りをかけて、他の選手達との熾烈な戦いがこれから繰り広げられることでしょう。日本の卓球は実に逞しいですね!

さよなら・小田急線片瀬江ノ島駅!

カテゴリ: 雑記(趣味の世界) 公開日:2019年01月20日(日)

さよなら・小田急線片瀬江ノ島駅!

1929年、小田急江ノ島線の開業と同時に誕生した駅舎が、1月中に解体されることになり、昨日神事式が行われました。竜宮城をイメージしたデサインで、江ノ島の玄関口として90年間親しまれてきた木造建築ですが、江の島が東京五輪のセーリング競技会場に選ばれたことなどから、市は駅前の都市計画道路を拡幅することを決断し、小田急電鉄もそれに合わせ、老朽化する駅舎を建て替えることにしたそうです。新駅舎は、東京五輪前の2020年5月に完成予定だそうですが、一体どのようなデザインになるのでしょうか?

enisimaeki

冬の寒さを実感!

カテゴリ: 雑記(散策) 公開日:2019年01月20日(日)

冬の寒さを実感!

  高山市奥飛騨温泉劫福地にある氷のオブジェ「青だる」が見事に成長して幻想的な青い光を放っているそうです。幅約30メートルのパイプを通し、湧水をゆっくりと凍らせて毎年作っています。既に氷の厚さは4メートルに達しているそうです。奥飛騨には中々いけないので画像で実感しましょう!

aodaru hida

○  北海道伊達市の洞窟「百畳敷」で,「氷筍(ひょうじゅん)」と呼ばれる氷の柱が、まるでタケノコが育つように、にょきにょきと伸び 
     て
います。全部でおよそ2500本あり、高いものは4メートルに達するそうです。この場所も中々行けないので、画像で疑似体験をし
  てみましょう!

hyoujun hyakujoujiki