メニュー

ブログ - ベストな補聴器購入の為の情報サイト

お問い合わせ

書籍購入はこちら

4133first.com

ブログBLOG

夏の甲子園!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2017年08月18日(金)

夏の甲子園!

今日(18日)からいよいよ3回戦、緊迫した好ゲームを期待しましょう。

それにしても、昨日の3試合は内容がすごく良かったように思います。第一試合の広陵と秀岳館は結果は6対1でしたが、終盤までいつ逆転が起きるかわからないような試合でした。とどめを刺した広陵の中村に大きな可能性を感じました。第二試合の大阪桐蔭と智弁和歌山はハラハラドキドキの接戦、私は智弁和歌山の方が優勢であったように感じましたが、緻密さで大阪桐蔭が優っていたのでしょう。両チームとも下級生にいい選手が多いので来年が楽しみですね。第三試合は持ち味の違う好投手の投げ合いで、両チームの強打線を抑えていく進行に感心しました。

補聴器と甲子園は直接関連性が無いのですが、仮に、昨日のような満員の甲子園で補聴器を装用して観戦したら、両チーム応援団の大歓声、カーンとかキーンとか聞こえる打撃音、さらに主審や選手の叫び声が、臨場感をもって同時に聞こえるかどうかが勝負になります。騒音抑制を強めると大歓声の臨場感がなくなる可能性があり、指向性を強めても同様の現象が起きる可能性が高いので、補聴器の設定に対しては、相当難しい環境だと思います!

補聴器以外情報 【小惑星、地球に接近】

カテゴリ: 雑記(科学、自然) 公開日:2017年08月15日(火)

補聴器以外情報 【小惑星、地球に接近】

欧州宇宙機構(ESA)が発表したところによると、今年の10月に「TC4」と名づけられた長さ30メートル未満の小惑星が、地球から約4万4000キロまで接近して通過するらしいです。この小惑星は2012年10月にも接近したが、その時は約倍の距離があったらしいので、今回はさらに接近することになります。今回は、地球から約3万6000キロを周回している静止衛星とのニアミスもありうるということで、現在南米チリにある巨大望遠鏡がこの小惑星を追跡しているとのことで注目です。

 

映画アルマゲドンやディープインパクトで有名になった小惑星や彗星の地球来襲に対し、NASAが検討している事の一つがDART(Double Asteroid Redirection Test)と名づけられたミッション。これまでの計画構想段階から設計段階に進むことが発表されました。双子の小惑星ディディモスの中で、小さいほうのディディモスB(直径約160m)に冷蔵庫程の宇宙船を秒速6kmで衝突させて、小惑星の軌道を修正させるアイデアだそうです。第一歩のレベルなので、岩石でできた160mのディディモスBに対し、軌道修正させるために必要な知見を蓄積する目論見の様です。但し、これが実行されるかどうかはまだ決まっていないそうです。

 

 

1S、2S、3T、4T,5Wとは何を表していますか?

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2017年08月15日(火)

1S、2S,3T、4T、5Wとは何を表していますか?

ヒント:その次は6I、7Y、8N、9K,10Kです。

答えはお問い合わせフォーム(ご意見・ご感想)でご連絡ください。

全米プロ、他!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2017年08月14日(月)

全米プロ、他!

1.朝3時から、松山を応援しましたが、残念ながら6位という結果に終わりました。9番ホールを終えて単独トップに立ったのですが残り9ホールがうまくいかなかったですね。特にショットとアプローチに安定感がなかったことが響いたようです。試合後のインタビューで自ら語ったように、精神的なプレッシャーや意欲が空回りしてしまったようです。優勝したジャスティン・トーマスはショットもパターも後半どんどん良くなり優勝者に相応しいプレーでした。3日目を終わり、トップにいなかったことが幸いしたのかもしれません。いずれにしても松山が素晴らしいプレーヤーであることは間違いないので、来年のメジャー優勝に再度挑戦してほしいと思います。

 

2.世界陸上の50km競歩と男子100mX4リレーでメダルを取りました。昔は日本人がメダルを取れるような種目ではなかったような気がします。全体ではメダル数は少なかったですが、2020年の東京オリンピックに向けて新たな可能性も出てきているように思います。今後の新星登場に期待しましょう。

 

3.ロジャーズカップは20歳のズベレフが36歳のフェデラーをストレートで破り優勝しました。勝ち方があまりにも鮮やかだったです。これまでテニス界を引っ張ってきた、フェデラー、ジョコビッチ、マレー、ナダル、ワウリンカに陰りが出てきている現在、ズベレフやその他の若い世代がテニス界を引き継いでいく過渡期に来ているのかもしてません。近々開催される全米オープンでその傾向が顕著になるかもしれませんね。

全米プロ!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2017年08月13日(日)

全米プロ!

2日目を終わり首位に躍り出た松山の3日目にさらなる躍進を期待しましたが、ショットが乱れて2打後退。やはり、意識が先行して乱れたのでしょうか?幸いなことに、他のプレーヤーもスコアを伸ばすことが出来ず、結果としては1打差の2位で終了しました。ショットが悪いながらも辛抱して2位にとどまった事が、最終日の快進撃に繋がるのか、それとも、このままズルズル後退していくのか見ものです。技術的にはショットは問題ないはずなので、メンタルの強さへの挑戦といったところでしょうか?松山に期待しましょう!

夏の甲子園・全米プロ 他!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2017年08月10日(木)

夏の甲子園・全米プロ 他!

1:夏の甲子園が始まり1回戦が進んでいますね。毎年、1回戦から決勝まで各試合の勝敗予想をして楽しんでます。昨年などは的中率8割を超えましたが、今年はだいぶ様子が違い、現時点でははずれが6割です。下馬評で高い評価を受けていた学校が早々と負けたり、明日以降は有力校のつぶし合いが始まるなど、予測が難しい試合が続きそうです。大阪桐蔭をはじめとする有力校が最後は勝つのか、思いがけない伏兵が優勝旗を勝ち取るのか、波乱万丈の試合が続くことを期待しましょう!

 

2:今日から全米プロが開幕します。先週のブリジストン招待での圧巻の優勝があったので、メディアも我々も松山のメジャー初優勝を期待して大いに盛り上がっています。先週よりもっと難しいコースのようなので、初日の結果が大事なように思います。これだけ日本人の期待が高まるとプレッシャーも相当だと思いますが、強靭な精神力を持つ松山には、そのプレッシャーを跳ね返して頑張ってもらいたいと思います!

 

3:世界陸上の200mでサニブラウンが決勝に進出しました。18歳での進出は世界で初めてだそうです。若さが実力以上の力を与え、メダル獲得が出来ると良いですね、期待しましょう!

 

4:ロジャーカップで残念ながら錦織が2回戦敗退となりました。気になるのはその負け方です。欧米の選手に比べると体力差があるので、常に厳しい試合であることはよくわかります。しかし、試合がもつれたときに、逆境を跳ね返しチャンスは確実にものにするような強い精神力をもっていないとトップランクを維持することはできないので、精神的な強さを維持することに頑張ってほしいと思います。

新しい充電式補聴器の発売

カテゴリ: 補聴器最新情報 公開日:2017年08月10日(木)

新しい充電式補聴器の発売!

補聴器メーカー、BELTONEとUNITORON(いずれもニュージャパンヒアリングエイド株式会社様が輸入総代理店)が新しい充電式補聴器の発売を開始しました。現在使われている空気電池(312タイプ)と同じサイズの銀亜鉛充電池を使う補聴器です。補聴器が同じなので通常の空気電池も併用できることがこれまでになかったことです。定期的な充電をしておけば、電池の交換や消費量を気にすることもありません。このタイプの充電式補聴器もこれからさらに広がる可能性があります。既に販売されているシバントス株式会社様とフォナック・ジャパン株式会社様のニッケル水素充電池タイプと比較しますと、充電可能回数がかなり少ないので、充電池自体の交換頻度に違いが出てきます。通常の空気電池を使う場合と充電器やバッテリドアの交換が必要なこの充電池を使う場合の間で、トータルコストの議論が出てくるような気がします。しかしながら、全体の流れとして、補聴器の電池は充電池に向かっている傾向は否定できません。

 

充電式補聴器 追加情報1

カテゴリ: 補聴器最新情報 公開日:2017年08月09日(水)

充電式補聴器 追加情報1

先日シバントス株式会社様が充電式補聴器の追加発売を発表されました。昨年末に業界で初めて同社が充電式補聴器を発売されましたが、その時は上位2シリーズのみ(片耳403,200円と313,200円)でした。今回は3番目のシリーズ(243,200円)を追加したものです。今年の初めにフォナック・ジャパン株式会社様が、メーカーとして2番目に充電式補聴器を3シリーズ発売されましたが、今回の発売で2社が上位3シリーズに充電式補聴器を導入したことになります。この2社と同じタイプの充電式補聴器はほかのメーカー様は未だ発売していません。中立な立場あるいは装用者目線で考えると早く多数のメーカー様にも参入してもらい、低価格帯にも導入してほしいと思います。

 

2017年全国高校野球選手権開幕!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2017年08月08日(火)

2017年全国高校野球選手権開幕!

いよいよ開幕です!昨年もたくさんいい試合がありましたが、今年はそれ以上の熱闘を期待したいですね。組み合わせ抽選の結果、有力高校とみられる学校が1~3回戦でぶつかるめぐりあわせになり、決勝戦に向かって盛り上がっていく展開にならないかもしれませんが、最後に残るのが予想通りの有力高かそれとも下馬評に上がっていない学校なのか、昨年とはまた違った期待感も湧いてきますね。来年の100回記念大会のこともあるのかメディアの盛り上げ方も昨年以上です。選手諸君と同様に、我々も大いに盛り上がりましょう!

世界陸上、他!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2017年08月07日(月)

世界陸上、他!

ロンドンで開催中の世界陸上でボルトが100メートルのラストランを優勝出来なくて残念でしたね。優勝したガトリンが35歳ですから、ボルトももっと長く競技を続けられるように思う(思いたい)のですが、3度も世界記録を更新して、これから9.58秒を超えることはできないと思っての引退なのでしょう。多くの人に惜しまれて引退するボルトはある意味で幸せな人ですね!

マラソンは男女共に入賞も出来ませんでした。いずれも後半から終盤にかけての走力がトップランナーたちとは全く違う気がしてなりません。身体能力のすごく高い選手を見出さないとこの差は埋められないように思います。

テニスのCITYオープンで錦織は準決勝で20歳のズべレフに簡単に負けてしまいましたね!その前の試合が長かったことで疲れが溜まっていたのかもしれませんが、テニスのプレースタイルがどんどん進化しているので、体力差がこれからますます出てくるような気がします。錦織のメジャー制覇に期待したいのですが・・・・・・

ブリジストン招待で松山がぶっちぎりの優勝を果たしました。最終日も途中1打差まで迫られた時があったのですが、他人のことは関係なく自分のプレーに集中してバーディーを積み上げていく、彼のプレーには精神的な強さを強く感じました。ガルシアの例もあるので、早く4大大会で優勝することを望みます。全米プロの初日に期待しましょう!