メニュー

ブログ - ベストな補聴器購入の為の情報サイト

お問い合わせ

4133first.com

ブログBLOG

26回目の高尾山!

カテゴリ: 雑記(散策) 公開日:2021年11月25日(木)

26回目の高尾山!

木曜日の今日高尾山に行きました。

高尾山口駅に着いた時から人の多さにちょっと驚きましたが、考えてみたら紅葉の終盤ではないですか!

ケーブルカー前の広場は紅葉が一番綺麗な場所ですが、ちょっと盛りは過ぎていました。

それより、ケーブルカーに乗るための行列を初めて見てびっくりしました。

takao2111253 

今日は体調が悪いせいか身体が重く何度か止めようと思いましたが、なんとか頂上にたどり着きました。

そこでまた行列です。山頂標識と写真を撮るために並んでいるのです。

takao211125 

綺麗に見えた富士山はそれを微笑んでみているようでした。

takao2111251 

下りは足が気になったのでケーブルカーに乗ろうと思いましたが、そこも長い行列だったので、結局高尾山口まで歩いて来ました。
合計2万歩の行程でした。今回が今年の納めになると思います。

立憲民主党代表選!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2021年11月24日(水)

立憲民主党代表選!

現在立憲民主党の代表選が粛々と行われています。
北海道や福岡など立候補した4人が一緒になって地方を回り、討論会を展開している様です。

自民党の総裁選の時はメディアが毎日取り上げ、こちらも結構TVを見ていたので見疲れをした感がありますが、
今回の立憲民主党代表選はメディアもニュースでチラリと報道するだけなので、何をやっているのか良くわかりません。
与党と野党の差は顕著に現れているので、これほどの格差があるときに政権交代と叫んでも一般人には伝わらないと思います。

今回立候補したのは逢坂、和泉、小川、西村議員の4人です。

ニュース内容を総合すると各人が主張していることはほとんど変わらないように思うので、選ぶ方も大変だろうと想像してしまいます。

野党では日本維新の会が勢いを伸ばしているので、次期参議院選挙では野党第1党の座を明け渡すことになるかもしれません。
その危機感から4人が立候補した訳ですから、誰が選ばれても当選した候補者を中心にしっかりまとまることが今は一番大事だと思います。

30日に投開票がある様なので動向を見守りましょう!

2021年世界卓球!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2021年11月23日(火)

2021年世界卓球!

本日からアメリカのヒューストンで世界卓球が開催されます。

中国勢を始め世界の強豪が集まります。

日本も最強選手達を派遣しました。

張本は男子シングルスの第2シード、伊藤美誠は女子シングルスの第3シードです。

前回の東京オリンピックの結果が比較的良かったせいか、日本のメディアが大いに盛り上げています。
何かの種目で中国を破り金メダルを取ってくれればと思いますが、果たして結果はどうでしょう。
伊藤美誠は東京オリンピック後、毎日10時間ほど練習していたらしく、期待を持たせるような発言が強化されています。
是非有言実行してほしいと思います。

少なくとも、国民の応援が不足で負けました等と選手達に言われないよう、日本で応援しましょう!

ATP決勝結果!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2021年11月23日(火)

ATP決勝結果!

先日掲載通り、世界ランク2位のメドベージェフと世界ランク3位のズベレフが対戦した決勝戦は

以外とあっけなく6-4,6-4でズベレフが勝ちました。

2111atpfinal1

久しぶりにテニスの試合を見ましたが、世代交代が進んでいるせいかテニスの質が変わってきているように思います。

両選手共に身長が198cmでサーブは画像の如くジャンプして打ちます。

2111atpfinal 2111atpfinal2

角度がついたらジョコビッチもナダルも取れないでしょう。この二人は背が高いので読みが外れない限り対応出来るのです。
又、強烈なスピンがかかったサーブもストロークもそれほど苦にすることはありません。

さらによく走り、膝も曲がるので強烈なストロークの打ち合いが展開されます。
フォアもバックもクロスの打ち合いが主体でどちらが早く正確なダウンザラインを打つかの勝負です。

大きな選手は有利だなーと思うと同時にテニスが進化している事を感じますが、反面、味がなくなっているように思います。

彼らがもっと多彩なショットを見せるようになればテニスの人気が復活するし、真の世代交代が実現するでしょう!

京都の紅葉!

カテゴリ: 雑記(散策) 公開日:2021年11月22日(月)

京都の紅葉!

コロナ禍が長かったせいか、又は、病気のせいか、新幹線に乗って京都の紅葉を見に行く気がしません。

BS・NHKが少し京都の紅葉を紹介してくれたので、画面を食い入るように見ていました。

主に紹介してくれたのは醍醐寺、豊臣秀吉と関係が深いようです。

画像は昼と夜の弁天堂と右は三宝院です。

daigojibentendo3 daigojibentendo daigojisanboin

ついでといっては失礼ですが、最も有名な東福寺(左)と瑠璃院(右)も見せてくれました。

tofukujikoyo rurikoin

膨ら脛の状態が良ければ今週後半にも六義園か新宿御苑に行きますか?

ATP決勝!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2021年11月21日(日)

ATP決勝!

今夜遅くATP結晶化行われます。

対戦はメドベージェフとズベレフ。

まさに世代交代の旗頭対決です。

ジョコビッチが負けてしまったので、来年は世代交代が決定的な年になるかもしれません!

五冠なるか?藤井竜王!

カテゴリ: 雑記(趣味の世界) 公開日:2021年11月20日(土)

五冠なるか?藤井竜王!

漫画の世界にいるような感じですが、先日竜王となり四冠を獲得した藤井竜王が昨日行われた王将戦リーグ戦で近藤七段を下し、

5戦全勝で王将戦挑戦者になりました。

王将戦は2日制の七番勝負で来年1月9~10日に第1局が始まります。

渡辺王将と藤井竜王の対戦成績は藤井竜王の8勝1敗です。今年は棋聖防衛戦で対戦し、藤井二冠が3連勝で防衛しています。

渡辺名人(三冠)は序盤に優位な大成を作るのが巧みな棋士で、さらに終盤力にも定評があります。

藤井竜王(四冠)はどちらかというと序盤に弱いといわれています。

しかし最近は克復し、さらに2日制には滅法強く今年は王位戦も竜王戦も4-0で勝っているのです。

現在最強と言われる渡辺名人を下して藤井竜王が五冠となり八冠完全制覇に突き進むのか大注目の対局です。

将棋ファンにはたまらない年明けになりそうです。

プロ野球・日本シリーズ!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2021年11月19日(金)

プロ野球・日本シリーズ!

ヤクルト対オリックスという珍しいチーム同士の日本シリーズが20日に始まります。

いずれも昨年は最下位だったチームですからどちらが勝つか全く分かりません。

専門家の見方では打撃のヤクルト、投手のオリックスと色分けしています。

どちらが勝つかをはっきり言う人はなく第7戦まで縺れそうな予測が多いです。

その中で鍵を握るのは第1戦。これを勝った方が最終的に勝利するそうです。

ヤクルトの奥川、山田、村上とオリックス山本、宮城、吉田に注目です。

二刀流大谷・MVP!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2021年11月19日(金)

二刀流大谷・MVP!

本朝飛び込んで来ましたニュースで二刀流大谷がMLBの2021年ア・リーグ最優秀野手に満票でなったことが確認されました。

イチロー以来20年ぶりの出来事です。

ここ1~2ヶ月で大谷は7つの賞を獲得していましたが、一番注目されていたのがこのMVPです。

TVの報道が舞い上がっていましたので、これでやっと一段落です。
高校1年生の時に作った目標達成票を今でも見つめ、シーズンオフの間も達成票を意識して野球に集中しているそうです。

別の面で紹介されたのは本をよく読むことです。漫画本などの娯楽本ではなく、栄養学やビジネス本など、
野球道を突き進む上で必要な情報を習得しているのです。そして、同じ本を何回も読むことも大切だと指摘しています。
1回では本が伝えていることの30~40%しか覚えられない、又は気がつかないと言うことで繰り返し読むそうです。

背は高いし、運動神経は抜群で、人間性は極めて高く、ハンサムなら、慢心も出るかと思うのですが、日々の努力を怠らず周囲に気を配り、球場のゴミまで拾う聖人のような選手ですから、満票でのMVP選出は当然なのでしょう!

出来ればエンゼルスが来年もっと強くなり、大谷が投手として15勝、打者でホームラン王になり、
2年連続のMVP獲得を成し遂げてほしいと思います。

本人は密かに狙っているかもしれません!

ステロイド7ミリグラムへ!

カテゴリ: 主宰者からのお知らせ 公開日:2021年11月18日(木)

ステロイド7ミリグラムへ!

間質性肺炎で3月5日に入院した日から70ミリグラムのステロイドを投与されましたが、
その後順調に肺の影が縮小し、8ヶ月半経過した今日から7ミリグラムになりました。

減量の最大の理由は他の感染症にかからなかったことです。
感染症にかかると一気にレントゲンで肺の影が広がるのと血液検査の数字が悪化します。
もう一つ注意しなければならないのは糖尿病の可能性です。

食事の取り方で血糖値が増え始めると要注意です。

現在はある程度安定しているので問題視されていませんが、

食事の自己管理は結構難しいものがあります。

現在1ヶ月に一度の検査と診断を受けているのですが、

毎回「今回はどうだろう?」と複雑な気持ちで病院に向かっています。

常に再入院の可能性があるので感染を防ぐためにも出不精になります。
そのせいか不明ですが、膨ら脛に軽い肉離れが出てまともに歩けない日々が続いています。

この病気は発生理由が不明ですから、誰でもなる可能性がある厄介な病気なのです。