メニュー

ブログ - ベストな補聴器購入の為の情報サイト

お問い合わせ

書籍購入はこちら

4133first.com

ブログBLOG

ブログ(雑記・趣味の世界)を掲載しました。

カテゴリ: 雑記(趣味の世界) 公開日:2019年04月23日(火)

ブログ(雑記・趣味の世界)を掲載しました。

フランス人の心のよりどころ・ノートルダム大聖堂!

カテゴリ: 雑記(趣味の世界) 公開日:2019年04月23日(火)

フランス人の心のよりどころ・ノートルダム大聖堂!

フランスの主都パリは大昔からフランスの中心として存在してきました。

そして、パリの中心はセーヌ川の中州であるシテ島です。

ノートルダム大聖堂はフランスにおけるローマ・カトリック教会の総本山として、1163年~1345年にかけてシテ島に建設されました。「ノートルダム」とは、フランス語で「われらが貴婦人」を意味しています。つまり聖母マリアを祀り、パリを象徴する大聖堂です。歴史を振り返って見ても、災害があるたびに人々が寄り集まった場所でもあります。

それほどフランス人の心のよりどころである大聖堂が、4月15日に改修中の思いがけない原因で火災を引き起こし、尖塔が崩れ落ちてしまいました。

パリの欠かせない観光名所といえば、凱旋門、エッフェル塔、ノートルダム大聖堂を思い浮かべますが、、初めの2つはフランス革命以降に作られたもので、ノートルダム大聖堂だけが約千年の歴史を貫いて生き続け、良い事も悪い事もすべて見守ってきたのです。

日本で考えれば、富士山が噴火して形が様変わりするくらいの衝撃的事件だったと推測します。

幸い、尖塔を含め大聖堂の設計図原本は残っているらしく、また、フランスだけでなく世界から復旧のための寄付金が集まっているので、限りなく早い時期に再建されることを期待しましょう!

落合監督が見せない心遣い!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2019年04月22日(月)

落合監督が見せない心遣い!

私は特に中日ファンではありませんが東海テレビのTV企画が目を引きました。

いつ行ったかは定かでありませんが, 現役選手、OB、ファンの投票で選んだ平成の中日ドラゴンズ名シーンをベスト10形式で発表したのです。その結果1位に選ばれたのは、2007年11月1日、日本ハムとの日本シリーズ第5戦で中日が勝利を収め、53年ぶりの日本一に輝いた「山井・岩瀬 完全リレーで日本一」でした。当時たまたま、TVでその試合を見ていたのですが、8回を終了し、観衆も私も中日の山井投手が9回も登板して完全試合達成する期待感に溢れていた時に、何気なく無表情の落合監督がベンチから出てきて、主審に岩瀬投手へのピッチャー交替を告げたのです。山井投手は8回まで絶好調で打たれる気配すら全くありませんでした。交代のアナウンスを聞いた時に、「えー、何故?」と開いた口が閉じず、同時に、「山井投手が可哀想、落合監督が非情すぎる」と感じたものでした。しかし、今回の発表で新たな事実が発覚し、落合監督への印象が変わりました。TVにゲスト出演していた山本昌氏が「山井が6回にベンチ裏に着替えに来たときに指を見せてもらったんですが、べロッとめくれていたんです。“お前、これでよく投げられるな”と言ったら、山井は“いや~きついです”と言っていた」と舞台裏を明かしたのです。あの場面で山井投手を交替させた背景は、山井投手の指を気遣い、優勝のための最善策を選んだ決断があったことがわかりました。一見非常に思える決断の裏に、選手への気遣いがあったとは、落合監督ならではの采配だったのでしょう。そして、2007年から今まで、この事実について一切語らなかったことも、完全試合を達成させてあげられなかった山井投手への心遣いなのかもしれません。

2019年第一四半期の補聴器出荷台数!

カテゴリ: 補聴器最新情報 公開日:2019年04月22日(月)

2019年第一四半期の補聴器出荷台数!

本サイトは【楽しく明るく補聴器を着ける時代の到来】を目指している中立のサイトで、それを達成するために注目しているのが、四半期ごとに日本工業会が発表している補聴器出荷台数です。本来であれば、実際に販売されている台数で見て行きたいのですが、そのデータは存在していません。既に10年以上に亘り年間50万台が続いてきましたが、2018年にようやく58万5千台に到達し、いよいよ60万台が見えてきました。出来れば2019年に60万台を達成したく、皆さんと一緒に注目して行きましょう!

第一四半期の数字は次の通りです。60万台達成には一四半期平均15万台ですので、もうひと踏ん張りと言ったところでしょうか?

        2019代Ⅰ四半期  2017年同期比%

総数     :143,659台    102.6%

ポケット型  :  4,063台     84.5%

通常耳かけ型 : 44,509台    101.0%

RIC耳かけ型: 51,559台    114.4%

メガネ型   :     68台     86.1%

耳あな型   : 37,719台     95.8%

耳あな型既製品:  5,741台     86.8%

参考の為に下記の数字を見るときに注目すべき点を挙げておきます。

    RIC耳かけ型がどこまでシェアを伸ばすか?

   第一四半期のRIC耳かけ型は35.9%のシェアになりました。充電式と相乗効果で、このまま広がって行くと50%に達する可能性があります。

    耳あな型の挽回はあるのか?
今月GNヒアリング社が耳あな型のベースとなる耳型を最終レーザーによる自動採集装置の発売を発表して話題になっています。安全に耳型が取れるということで、補聴器販売店側が耳あな型補聴器に今まで以上に積極的になる可能性があります。

    耳あな型既製品の数字が伸びていくだろうか?
米国で従来ご法度であった補聴器のOTC販売(特に耳あな型の既製品)が認められる可能性が出ています。早ければ2021年から実施される見込みで、日本では、現在存在している通信販売市場に変化が出る可能性があります。

        

高カカオチョコレートの効果・効能!

カテゴリ: 雑記(健康) 公開日:2019年04月21日(日)

高カカオチョコレートの効果・効能!

これは皆さんがよく食べるミルクチョコレートの話しではありません。チョコレートの原料に使われているカカオ豆の話しです。

カカオ豆には私たちの健康に役立つ化学物質が沢山含まれていて、様々な効果・効能があります。そのいくつかを紹介しましょう。

その前に、ここで紹介する高カカオチョコレートとはカカオが70%以上含まれているチョコレートで、1日の摂取量の目安は25グラムであることを覚えておいてください。(25グラムの根拠は、ポリフェノールの理想的な摂取量が1日当たり1500mgであることに起因します)。

    美肌効果:
カカオポリフェノールには抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去し、シミやしわなど肌の老化を抑制します。また紫外線による肌のダメージを修復する働きもあります。

    動脈硬化の予防:
動脈硬化の原因となるコレステロールの酸化を抑制します。

    血圧の低下:
カカオポリフェノールは血管を広げて血圧を下げる効果があります。

    疲労回復:
苦味成分のもとであるテオブロミンが血行を良くし、自律神経を調節して疲労回復を促します。

    便秘の改善:
リグニンという不活性の植物繊維が、腸内に溜まった老廃物を排出して腸内環境を整えてくれます。また、コレステロール値を下げ、肥満や生活習慣病の予防も期待できます。

    ストレスの予防・緩和:
カカオポリフェノールが血中のストレスホルモン分泌を抑えます。さらに、日常的にチョコレートを食べることで抗ストレス効果が期待できます。

    アレルギーの改善:
カカオポリフェノールが活性酸素を生み出す因子の働きを抑制します。

    抑うつの予防:
ドーパミンやフェニルエチルアミン、セロトニンといったパワフルな抗うつ作用のある化学物質も含まれており、ウェルビーイング(身体的・精神的及び社会的に良好な状態)を促進します。

    老化防止:
カカオポリフェノールの他に、老化防止と言われているカルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラル分や食物繊維も含まれています。

    認知症予防:
カカオポリフェノールが脳に多く存在する「DHA」の酸化を抑える効果があり、認知症予防の効果も期待できます。

    咳を押さえる:
カフェインの様な属性があるテオブロミンが咳を抑制します。

 

良いことだらけの高カカオチョコレートを日常的に摂取しては如何でしょうか?

打倒中国が良いのか?日本の卓球陣!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2019年04月20日(土)

打倒中国が良いのか?日本の卓球陣!

2年に1度開かれる卓球の世界選手権個人戦が4月21日からブダペストで開催されます。2年に一度ということで、東京オリンピック前の最後の世界選手権個人戦になります。

日本は男女とも最強のメンバーで参戦しますが、当然中国も最強メンバーで立ち向かってきます。これまでの7大会連続で金メダルを独占してきた中国勢を攻略して金メダルが取れるかが注目されています。

特に男子の張本と女子の伊藤への期待が高まっているようです。張本は昨年12月のグランドファイナルで現在世界ランキング3位の中国の新星、林を破って最年少優勝を飾りました。伊藤は昨年11月のスウェーデン・オープンで、世界選手権5大会連続メダルの劉、準決勝でリオ五輪女王の丁、決勝で世界ランク2位の朱をなで切りにしました。しかし、屈辱的な敗戦を体験した中国勢は、その後彼らへの対策を徹底的に研究してきたようで、二人ともその後の国際試合では中国勢に敗れています。

張本は右手の腱鞘炎を抱え、伊藤はシングルス、ダブルス、混合ダブルスの3種目に出場するため、体力面に懸念が残ります。特別に大きな大会である世界選手権ですから、どんなコンディションでも出場するからには勝たねばならないというのが本道でしょう。

しかし、本道ン番の東京オリンピックを見据えたときに、別の考え方もあると思います?

今回彼らが優勝したら、中国側の二人対策が当然のごとく一層強化されるでしょうから、今回は勝つための戦術は確認しながらも、意図的とは思わせない範囲で敗れ、本番の東京オリンピック迄「寝たふり作戦」を敢行するというのはどうでしょうか?少し消極的ではありますが、中国の歴史小説【項羽と劉邦】でも起こったように、勝負は最後に勝つのが重要ですから?

日本の出版業界の現状と復活の可能性は?

カテゴリ: 雑記(本の世界) 公開日:2019年04月19日(金)

日本の出版業界の現状と復活の可能性は?

1990年代の終わりころには2万3000店ほどあった書店が、2018年には約8000店(図書カードの端末を設置している店舗)に減ってしまっていると言われています。

原因はいくつかあるのですが、一番大きいのは日本の流通構造です。

現在でも生き延びている欧米の書店とよく比較されるのですが、日本の書籍は値段が欧米に比べると半分程度とも言われています。何故なら、日本には日本出版販売、トーハン、大阪屋栗田といった取次会社が存在し、彼らが在庫リスクを負って流通しているので、書店は書籍を積極的に販売する必要がありません。さらに、欧米では書店に雑誌が置かれていることはありませんが、これらの取次会社が雑誌も同じ形態で書店に提供し、店頭に並べられています。

書店はリスクを負っていないので、回転が良い雑誌を店頭に並べることになってしまいます。安い書籍も雑誌も単体の利幅は少ないので、売れる冊数の数だけが書店の経営を左右します。

次の原因は流通の変革です。まず初めに、コンビニエンスストアが揃って雑誌を販売し始めました。全国にある何万店ものコンビニエンスストアで露出されるわけですから、書店に行く必要性を感じなくなりました。

さらに、最近はインターネットでの注文や購読迄出来るようになり、書店の存在価値が益々低くなっています。

もう一つ原因を挙げるとすれば、日本人の書籍離れがあると思います。様々な雑誌、そしてインターネット経由で情報が取れる時代になり、知識や情報収集にかける時間の価値観も変わってきているのかもしれません。

売上金額の推移でみるともっと厳しい現状が見えてきます。

出版業界の売り上げがピークを迎えた1996年には書籍の販売金額1兆931億円に対して、雑誌の販売金額は1兆5633億円と約1.5倍の規模でした。効率のよい雑誌の売り上げが大きかった当時、出版業界の収益性は高く、それが書店の旺盛な出店の原動力にもなっていました。しかし、現在では、雑誌はインターネットや、携帯端末の普及に伴って急激に市場が縮小し、2017年の雑誌の販売額は6548億円と、書籍の7152億円を下回り、最盛期の3分の1ほどに縮小してしまいました。このことが、雑誌の収益に頼っていた書店の経営と、雑誌で巨大流通網を回してきた取次会社の経営を直撃したのです。
駅周辺や商店街にあった雑誌販売を中心とした従来型の「街の書店」が急速に姿を消しましたし、大手取次会社の中でも、業界3位だった大阪屋、4位の栗田出版販売、5位の太洋社が次々と経営破綻するに至りました(大阪屋と栗田出版は合併して、楽天が実質オーナーの大坂や栗田に引き継がれています)。

これからの書店はさらに落ち込むのだろうか?という疑問に対して、朗報もあります。

アメリカでは2009年から独立系と呼ばれる小規模書店の数が毎年増加しています。そうした書店は書店員たちが独自の品ぞろえをし、カフェを備え、地域向けイベントに力を入れるなど、ネットでは味わえないような人々とのつながりを大切にしているそうです。

日本でも、二子玉にある蔦屋が同じような試みをしています。

日本の出版業界を取り巻く慣習の取り崩しには難しい面もあるのでしょうが、個々の書店が販売する書籍に対するプロ意識を持って、自己の在庫リスクで書籍を店頭に並べ、一定期間が過ぎたら、新古本として値引き販売が出来るようになれば、書店は復活するように思います。現に中古本のブックオフが店舗を拡大していますし、大手の自動車メーカーもパソコン販売店も新古車や製品の値段を下げていますので、消費者側には抵抗感はないのではないのでしょうか?

「オーティコン オープン」・全世界での累計販売台数が200万台突破!

カテゴリ: メーカー情報 公開日:2019年04月18日(木)

「オーティコン オープン」・全世界での累計販売台数が200万台突破!

オーティコン補聴器社の主力製品シリーズである「オーティコン オープン」補聴器が世界で200万台の販売を達成したことが、同社のホームページトップに掲載されています。

世界最高レベルのデジタルプラットフォームを搭載したことで、周囲360°にある音すべてを拾い、バランスを取ったうえで、その時大切な音を届けることが出来るようになったことが世界で受け入れられた理由と言えるでしょう。

 

何気なく受け止められているかもしれませんが、実はこの200万台という数字は大変な数字なのです。オーティコン・オープンは発売以来2年半ほど経過しています。個人的な推測ですが、世界で1年間に製造して出荷されている補聴器は1200万~1250万台と推定されます。これは出荷台数ですので、販売台数になると、その約90%ではないかと思われます。

仮に、これまでの2,5年間における出荷台数が3000万台とすれば、販売台数の予測は2700万台になりますから、オーティコン・オープンシリーズは世界全体の7.4%を占めたことになります。私が補聴器業界に携わって20年が経過しますが、一つの製品シリーズがこれほどのシェアを獲得したことはなかったと思います。

 

本サイトで指摘している通り、補聴器を購入する際は、複数のメーカー及び製品を試聴することが大切ですので、今後、初めての購入、または、買い替えの時には、試聴する補聴器の一つにオーティコン・オープンを加えることをお勧めします。

 

尚、オーティコン補聴器本社のホームページを見ると、新たな動きが掲載されていますので、日本でも近々新製品(?)が投入されるかもしれません。オーティコン補聴器のホームページに注目しましょう!http://www.oticon.co.jp/

GNヒアリング・ジャパン社がOtoscan 3Dデバイスの販売開始!

カテゴリ: メーカー情報 公開日:2019年04月17日(水)

GNヒアリング・ジャパン社がOtoscan 3Dデバイスの販売開始!

デンマークの大手補聴器メーカーであるGNヒアリング・ジャパン社が、補聴器の中で耳あな型用のインプレッション「耳型」を、レーザー光線によるスキャニングにより採集できるOtoscan 3Dデバイスの国内販売を開始することになりました。

販売に先立ち都内で発表会を開催しましたが、全国の販売店の方々が多数参加されたそうです。

インプレッションの採集は長年の課題で、毎年幾度となく事故を引き起こしています。

このOtoscanを使うことによって事故がふせげますから。補聴器業界にとってはとても良い手段だと思います。

問題は高価格で、耳あな型の需要が減っている状況下、どれだけの販売店がこのデバイスを購入するか、若しくは出来るのかが注目されます。

GNヒアリング・ジャパン社に続き、スターキージャパン社も導入を予定している模様なので、他のメーカーも追従していくものと思われます。

祝・タイガー!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2019年04月15日(月)

祝・タイガー!

今朝行われたマスターズ最終日で、タイガー・ウッズが激戦を征し、5度目の優勝を成し遂げました。

これまで幾度となくドラマを繰り広げてきたサンデーバックナインで、タイガーの復活劇が繰り広げられたのです。

前半手堅くプレーしていたモリナリが2度の池ポチャで崩れる中、ケプカやジョンソンが猛追し緊迫する時間が続きました。

しかし、「辛抱」を口ずさみながら黙々と各ホールを歩み、自分を信じてプレーしたタイガーに勝利の女神は微笑んだのです。

勝因はなんといっても、オーガスタのコースを知り尽くしていたことにあると思います。

ティーショットにしてもパッティングにしても、随所にその片鱗が見えました。

まるでタイガーの為に集まったようなパトロンたちも大喜びでした。

今後、タイガーが常に優勝争いに加わってくれるだけで、ケプカ、マキロイ、トーマス、ジョンソンなどの有力選手達が打倒タイガーに燃え、さらに凄いドラマを見せてくれると思います。

それにしても素晴らしい優勝でした・・・・・・・・!