メニュー

ブログ - 補聴器の選び方から販売店紹介まで!はじめての補聴器

お問い合わせ

4133first.com

ブログBLOG

2017年補聴器出荷台数!

カテゴリ: 補聴器最新情報 公開日:2018年01月23日(火)

2017年補聴器出荷台数!

先日、日本補聴器工業会が2017年1月~12月の補聴器出荷台数を公表しました。工業会に参加している補聴器メーカーが4半期ごとに自主申告をした台数を集計したものです。

補聴器メーカーは補聴器を販売店に卸すのが基本ですので、いつ販売されているか不透明なところもある為、各社工場からの出荷台数を基準として統計を作成して、長期にわたり公表してきています。

全体と形状で2017年の台数及び2016年からどれだけ伸びたのかを掲載します。

全体   :562,267台(前年比100.2%)
ポケット型:23,238台(前年比85.2%)
耳かけ型 :184,438台(前年比98.5%)
RIC型 :172、736台(前年比114.1%
耳あな型 :181,852台(前年比93.2%)
補聴器業界としてはもっと伸びることを期待していたようですが、昨年前半の出荷が低調
だったために全体としてはほぼ横ばいでした。形状別にみてみると、RIC型だけが伸びていることがわかります。本サイトでも記載していますが、今後RIC型が主流になっていくことが推測されます。これから補聴器を購入することを検討される場合、補聴器販売店で、①RIC型の説明を受けること②RIC型の試聴をさせてもらうこと、この二つは最低でも実施されたら良いと思います。

各補聴器メーカーの最新価格表!

カテゴリ: 補聴器最新情報 公開日:2018年01月13日(土)

各補聴器メーカーの最新価格表!

本サイトの「補聴器購入について知っておくべきこと」を開いて「価格」をご覧ください。その項目の下部に「各メーカーの最新カタログから抽出した5段階の補聴器価格(片耳)を掲載しました。タイプは耳あな型、耳かけ型、RICの3つに分けてあります。補聴器を購入しようとするときに、各メーカーのカタログやホームページを色々探るケースが多いようですが、手間と時間がかかり大変な作業を強いられます。この一覧表は、簡単に各社の製品と価格構成がわかる便利な表ですので、ぜひご活用ください。

7月~9月の補聴器出荷台数が発表されました!

カテゴリ: 補聴器最新情報 公開日:2017年10月23日(月)

7月~9月の補聴器出荷台数が発表されました!

日本補聴器工業会が 今年7月~9月に出荷された補聴器の台数を公表しました。総合計は144,643台でした。

昨年の7月~9月の数字と比較すると、全体では1.1%の微増でした。業界全体では補聴器装用の啓蒙を推進していて、様々なところで補聴器という文字が目立つようになっていますので、関係者はもっと大きい伸びを期待しているのでしょうが、結果はそれほどではなかったようです。この3カ月にすごく伸びたのは、RIC(外耳道レシーバ型)タイプの耳かけ型と耳あな型のCIC(見えにくい小型)でした。

1月~9月の数字で昨年と比較すると、まだ0.4%マイナスになっています。比較的軽い難聴の方々の装用が、まだ進んでいないことに原因があると推測します。本サイトの内容を読んで、早期装用の重要性について知ってほしいと思います。

 

「調整に重要な機能群」の概要が勢ぞろいしましたので参考にしてください!

カテゴリ: 補聴器最新情報 公開日:2017年10月10日(火)

「調整に重要な機能群」の概要が勢ぞろいしましたので参考にしてください!

「補聴器購入のために知っておくべき情報」の中にある「調整に必要な機能群」は、販売店で、突然機能の名前を聞いてもわからないと推測しますので、9つの機能群それぞれに、出来るだけ分かりやすい解説を【概要】として添付しました。

実は、これらの機能群が、補聴器の価格に最も影響を与える要素なのです。

各機能の価値とご本人にとっての必要性がわからないまま、販売店の勧めに従って高い補聴器を買い、後で後悔するという事例は結構発生しています。このような事態を避けるために、【はじめての補聴器】サイトだけが提供する各機能の概要を読んで頂き、9つの機能群をできるだけ理解するようにしましょう!

 

残る機能の「データログは、微調整に必要な機能ではなく、使っている方が、ボリュームをどのように変えているか?、どのプログラムを多く使っているか?装用している環境が静かなところ又は騒がしいところのどちらか?ハウリングはどのくらい起こっているだろうか?などのデータを画面上で見ることが出来る機能です。およそ10年くらい前に出てきた機能ですが、お客様がどの様に補聴器を使っているかがわかるので、販売店側に大変便利な機能と言えましょう。

 

「補聴器おそうじシート」新発売!

カテゴリ: 補聴器最新情報 公開日:2017年08月22日(火)

「補聴器おそうじシート」新発売!

補聴器メーカー、ワイデックス株式会社様が「補聴器おそうじシート」を発売しました。補聴器やイヤーモールドについた耳あかや皮脂汚れを、銀イオン配合の超極細繊維シートで強力にからめとって落とすしくみで、いつでもどこでも気になったらサッと拭くだけで簡単にキレイになるそうです。銀イオンと消臭成分を配合しているので、気になる雑菌やニオイを抑えて補聴器を清潔に保てるメリットは良い特徴でしょう。ひとつ気をつけたいと思われるのはレシーバの方に入り込んだ耳垢で、単純に拭くとさらに奥に入ってしまい断音の原因になる可能性があります。使い捨ての個包装タイプで希望小売価格は1,080円(税込み)です。

 

新しい充電式補聴器の発売

カテゴリ: 補聴器最新情報 公開日:2017年08月10日(木)

新しい充電式補聴器の発売!

補聴器メーカー、BELTONEとUNITORON(いずれもニュージャパンヒアリングエイド株式会社様が輸入総代理店)が新しい充電式補聴器の発売を開始しました。現在使われている空気電池(312タイプ)と同じサイズの銀亜鉛充電池を使う補聴器です。補聴器が同じなので通常の空気電池も併用できることがこれまでになかったことです。定期的な充電をしておけば、電池の交換や消費量を気にすることもありません。このタイプの充電式補聴器もこれからさらに広がる可能性があります。既に販売されているシバントス株式会社様とフォナック・ジャパン株式会社様のニッケル水素充電池タイプと比較しますと、充電可能回数がかなり少ないので、充電池自体の交換頻度に違いが出てきます。通常の空気電池を使う場合と充電器やバッテリドアの交換が必要なこの充電池を使う場合の間で、トータルコストの議論が出てくるような気がします。しかしながら、全体の流れとして、補聴器の電池は充電池に向かっている傾向は否定できません。

 

充電式補聴器 追加情報1

カテゴリ: 補聴器最新情報 公開日:2017年08月09日(水)

充電式補聴器 追加情報1

先日シバントス株式会社様が充電式補聴器の追加発売を発表されました。昨年末に業界で初めて同社が充電式補聴器を発売されましたが、その時は上位2シリーズのみ(片耳403,200円と313,200円)でした。今回は3番目のシリーズ(243,200円)を追加したものです。今年の初めにフォナック・ジャパン株式会社様が、メーカーとして2番目に充電式補聴器を3シリーズ発売されましたが、今回の発売で2社が上位3シリーズに充電式補聴器を導入したことになります。この2社と同じタイプの充電式補聴器はほかのメーカー様は未だ発売していません。中立な立場あるいは装用者目線で考えると早く多数のメーカー様にも参入してもらい、低価格帯にも導入してほしいと思います。

 

充電式補聴器躍進の予感!

カテゴリ: 補聴器最新情報 公開日:2017年06月21日(水)

充電式補聴器躍進の予感!

2016年末に補聴器メーカー、シバントス(株)様が充電式補聴器を発売しました。2017年になって、補聴器メーカー、フォナック・ジャパン(株)様が同様に発売をしました。

そもそも、充電式補聴器は5年ほど前に別のメーカー様が発売しましたが、販売店側も使用されている方々もあまり興味を示さなかったと記憶します。最大の理由はコストでした。当時、充電池の充電可能回数が2~300回に限られていた為、仮に毎日充電すると1年も満たないうちに新しい充電池(1万円位の価格)を買わなければならない為、通常の空気電池に比べると遥かに割高だったのです。空気電池は頻繁な交換が必要で煩わしい面もありますが、電池自体はずっと使うものなので、長期的に考えるとこのコストの差は馬鹿になりませんでした。

私も高音域(8kHz)が70~80dBくらいの難聴で今回フォナック・ジャパン様の充電式補聴器を補聴器/経堂様経由2週間試聴させて頂きました。充電可能回数が1200回程度との説明でしたので、それなら毎日充電しても3年は十分使えるので良いと感じたのと同時に電池交換のことを気にする必要がないので、それこそ装用しているのを忘れるくらいでした。

業界の方々にお聞きすると、他のメーカー様も今年から来年にかけて充電式補聴器を発売する可能性があるとのことです。期待したいと思いますが、

課題は、どのくらいの低価格補聴器まで対応してもらえるかでしょう。現在のように高額製品に限定して投入するのか、すそ野を広げるのか各メーカー様の動向を注目したいと思います。