メニュー

ブログ - 補聴器の選び方から販売店紹介まで!はじめての補聴器

お問い合わせ

4133first.com

ブログBLOG

補聴器を購入した後の一番大切なことは?

カテゴリ: 主宰者からのお知らせ 公開日:2018年03月20日(火)

補聴器を購入した後の一番大切なことは?

補聴器を購入された時、高額品なので長持ちしてほしいと誰もが願っておられると思います。聞こえの状態が購入時からあまり変わらないとすれば、一般的に5年ほどが補聴器の寿命と販売店で説明を受けていると思います。最近の補聴器は使用されている材料が丈夫なものに改良されていますし、IP57とかIP68といった防塵・防水処理が施されているので、補聴器自体のお手入がしっかりしていればもっと長く補聴器を使うことも可能です。ここでいう言うお手入とは、購入された方が日々補聴器のお掃除をすることです。具体的にすることは湿気と耳垢対策です。補聴器に湿気が付着するとバッテリーの接触面が腐食して音が出なくなったり、耳栓やチューブ、そしてレシーバに水滴や湿気が残ると音が聞こえなくなったりします。それ以上に厄介なのが実は耳垢です。耳垢は乾いた耳垢や湿った耳垢、さらにはねばっこい耳垢等があり、さらに出る量もそれぞれの方で症状が違います。耳垢がレシーバを塞ぐと当然音は出ないのですが、部分的に塞いだ場合は音色が変わってしまうことが起こります。補聴器を購入された時に、販売店の方は必ずお手入れ用のアクセサリーを提示して取扱い方を説明し、日々のお手入れが大切であることを指摘するのですが、購入される方は、唯でさえ補聴器に関するたくさんの新情報を受けるので、お手入れに最大の注意を払う方は余りおられないようです。結果として、数週間から1ヶ月ぐらい経過したときに、突然音が出なくなったと言って販売店に駆け込む方がたくさんおられます。最近は、ほとんどの販売店が耳垢の吸引と補聴器の乾燥が同時にできる機器を保有していて、駆け込んで来られる方々の補聴器のお手入をしています。しかし、長く放置した耳垢は販売店にある機器でも除去できないこともあります。ご自宅で耳垢のお掃除をする場合は、購入した時に付属品として提供されるブラシで主に除去を試みるのですが、耳垢の性質によっては残ってしまったり、レシーバの方に押し込んだりといった現象も起こります。このような残留耳垢は硬化してしまうので、市販されている安価な吸引機器ではなかなか除去できません。もう一つこのお手入れの大切さを訴える理由に無償で修理をしてもらえる保証期間があります。この無償保証期間は自然故障を前提としたもので通常は2年間になっています(高額製品は少し伸びる傾向もあります)。自然故障の理由は半分以上が耳垢や湿気を原因とするレシーバ及びマイクの故障です。無償で修理してくれる期間は余り気にならないのですがその保証期間が切れると、すべて有償修理となり一回当たり2~3万円の費用が発生することも多々あります。

これまでの説明で、補聴器を購入される方は、日々のお手入をしっかり実践することが如何に大切かお分かりいただけたと思います。日々のお手入を実践する自覚のある方は、お手入用の機器を購入されることになりますが、本サイトでは、販売店においてある機器と同等の機器を購入されることを推奨します。製品はUltraVac+と称し、定価は165,000円(税別)です。金額的には高く思われるかもしれませんが、日々のお手入がしっかり出来ることや頻繁かつ高額有償修理の発生を防ぐことが出来ることを考えれば、十分検討の余地があると思います。弊社でも紹介していますので、ご希望がある場合は弊社ホームページをご覧ください。

http://www.oscarting.jp/product/ultravac/index.html

UltraVac plus

「機能群と価格の関係」!

カテゴリ: 主宰者からのお知らせ 公開日:2018年01月13日(土)

「機能群と価格の関係」!

本サイトの「補聴器購入について知っておくべきこと」を開いて「調整に必要な機能群」をご覧ください。その項目の下部に「機能群と価格の関係」として、合計9メーカーのいちばん高額のRICと3番目価格のRICを対象とした3つの表を掲載しました。それぞれのメーカーの最高額と3番目のRIC製品で、搭載されている機能群がどれだけ違うのか、そして、その違いと価格の差がどんな関係になっているのか、一目で分かるように作成した表です(注:但し、各メーカーの機能群の優劣はわかりませんので、メーカー間の製品比較はしないようにしてください)。補聴器の価格に疑問があるときや、補聴器の選び方で困った時には、この3表が役に立つと思います。尚、これより上段には、11の機能群の概要について解りやすい解説を掲載しています。補聴器販売店を訪れたときに、価格との関連で機能群の説明を受けることがよくあります。特にはじめて補聴器を購入する場合などは、機能群の内容を理解することは簡単ではありません。販売する側の人の説明内容に問題があることもあります。よくわからない状態で高いものを買ってしまい、あとで後悔することがないように、予め11の機能群の概要を理解しておくことが重要です。

2017年年末を飾るだるま夕日「バックマン」!

カテゴリ: 主宰者からのお知らせ 公開日:2017年12月31日(日)

2017年年末を飾るだるま夕日「バックマン」!

20171225 00000018 kobenext 000 7 view

いよいよ2017年も終わろうとしています。神戸市垂水区の舞子公園から最後の贈り物が届きました。ゲームキャラクター「バックマン」に似ているだるま夕日です。こんなに大きく沈みゆく太陽は普段は見られないのですが、大気と水温の温度差で光が屈折して起きる、言わば蜃気楼だそうです。何故か名作として評価の高い「アラビアのロレンス」の日の出のシーンを思い浮かべました。砂漠の熱気が揺れる中で太陽が静かに大きくなっていくシーン、良かったですね。このサイトをご覧いただいている皆さまに、来年も良いことがたくさんあってほしいと思います!

「補聴器の値段」も「高額品と低額品の価格」も本サイト【はじめての補聴器】!

カテゴリ: 主宰者からのお知らせ 公開日:2017年12月19日(火)

「補聴器の値段」も「高額品と低額品の価格」も本サイト【はじめての補聴器】!

上記の二つのテーマについて、各メーカーや補聴器販売店のホームページを検索している方がたくさんおられます。それぞれのホームページを見るのに結構時間もかかっておられると推測します。そのような方々のために、本サイト【はじめての補聴器】では、これらのテーマをまとめて掲載することにしました。ぜひご覧ください!!!

    「補聴器購入のために知っておくべきこと」の中に「価格」の項目があります。その最後に補聴器メーカー8社の最新補聴器を5段階に分けて価格を掲載しました。耳あな型、耳かけ型、RIC型の3つに分けてあります。今後新製品が出てきたら、都度書き替えてまいります。各メーカーの価格が一覧できるのでとても便利だと思います!

    「価格」の少し上段に「調整に必要な機能群」の項目があります。各機能について解説をしていますが、その下に、各メーカーの最高級RIC製品と中級RIC製品を取り上げ、それぞれの価格と搭載されている機能群の内容と性能の差を表にして添付掲載しました。最高級と中級製品の価格差がある根拠を理解して頂けると思います!(尚、この表はメーカー間の比較をしているものではありませんのでご理解ください。)

補聴器の価格について!

カテゴリ: 主宰者からのお知らせ 公開日:2017年12月08日(金)

補聴器の価格について!

GoogleとかYahooの検索ワードを見ていると、皆さんが補聴器の価格について関心をお持ちで、価格というワードで、WEBサイトを多く検索されているのがわかります。様々な補聴器メーカー様のホームページを一つずつご覧になって価格を調べるのも大変だと思い、【はじめての補聴器】サイトの「補聴器購入について知っておくべきこと」の中にある「価格」の項目に、各メーカー様のカタログに記載されている補聴器価格を、5段階の価格に分けて記載しました。全メーカー様の価格がすぐに比較できるので、大変便利だと思いますのでご活用ください。同じメーカー様でも、最上級から入門レベルの間には相当の値段の開きがあり、この表をご覧になると疑問を持たれるかもしれません。価格の差の背景にはそれなりの理由があるのですが、単純に説明出来ないことが難しいところです。ごく簡単に言えば、価格の差は、それぞれのクラスの補聴器に搭載されている機能群の種類と個々の機能の性能、さらには、付帯機能の利便性や保証制度の内容、等々が影響しています。いずれ、それらについても、一覧できる表を作成しなければならないと考えているところです。

ブログ(雑記)項目の追加!

カテゴリ: 主宰者からのお知らせ 公開日:2017年09月29日(金)

ブログ(雑記)項目の追加!

この【はじめての補聴器】サイトは、これから補聴器を購入される方々が安心して購入できるように、必要十分な信頼の補聴器情報を提供することを目指しています。5月25日公開以来、アクセスされる方は拡大していまして、これから補聴器を購入される方々のみならず、ご家族や友人など幅の広い層に浸透しているのがわかってきました。現在補聴器購入を考えておられる方々だけでなく、現在は健聴であっても将来補聴器を使用する可能性のある方々にも、予備知識としてこのサイトにアクセスして内容を読んで頂きたいと思います。そのために、ブログ(雑記)のテーマを増やし、(雑記・趣味の世界)と(雑記・散策)を加えることにしました。これらのテーマについては、もちろん私も投稿していきますが、広く一般の方々からの投稿も受け付けたいと思います。2つのテーマについて、皆さんに読んでもらいたいことや役立つことがあれば、「サイトについてのご意見・ご感想」のお問い合わせフォームでご投稿頂ければ幸いです。但し、ご投稿頂いても、「誹謗・中傷的」な内容は、掲載を控えさせて頂きますので、予めご了承ください。

第44回国際福祉機器展

カテゴリ: 主宰者からのお知らせ 公開日:2017年09月22日(金)

第44回国際福祉機器展

9月27日から29日にかけて、東京ビッグサイトで44回目の国際福祉機器展が開催されます。福祉に関係した企業が自社の製品を展示する日本で最大の展示会で、3日間で約12万人の入場者があります。私も以前の会社で4~5年参加しましたが、その間、補聴器に対する認知度が上がっているなと感じていました。今年は補聴器関連企業が縮小しているようで残念ではありますが、規模の大きさで圧倒されますので、一度訪れてみては如何でしょうか?補聴器だけでなく、福祉に関連した新しい発見があるかもしれません!

調整で重要な機能群・周波数変換に概要を掲載しました!

カテゴリ: 主宰者からのお知らせ 公開日:2017年09月12日(火)

調整で重要な機能群・周波数変換に概要を掲載しました!

先ほど、周波数変換の基本的な解説を「概要」として記載しましたのでご覧ください。掲載場所は、「補聴器購入のために知っておくべき情報」の下部の方に「調整に重要な機能群」があり、その中に「周波数変換」があります。そこで(概要はこちら)をクリックしてください。今回の掲載で、これから補聴器を購入される方々が、補聴器の価格にも関係する重要な機能群の概要(ハウリング抑制、騒音抑制、指向性、突発騒音抑制、周波数変換、マルチプログラム)を理解して頂いたことになります。補聴器販売店を訪問されて様々な説明を受けるときに、よく理解することが出来ますして、さらに、わからないことや価格との関連性なども質問することができると思います。安心と信頼の補聴器購入を実現しましょう。

調整に重要な機能群の基本的な解説が大好評!

カテゴリ: 主宰者からのお知らせ 公開日:2017年09月11日(月)

調整に重要な機能群の基本的な解説が大好評!

先日までに掲載した基本的な解説(ハウリング抑制、マルチプログラム、騒音抑制、指向性)が分かりやすくて役に立つと、たくさんの方々から感想を頂いています。今日は、突発騒音抑制の基本的な解説を掲載しました。先日も指摘させて頂いたのですが、補聴器販売店で様々な機能について説明を受けても、すぐに理解できる内容ではないことが多いようです。予め、基本的な知識をもって説明を聞くと、理解の度合いが増しますし、販売店の説明が丁寧で親切かどうかの判断も出来ます。ぜひお読みいただいてから、補聴器販売店に行くことをお勧めします。

調整に重要な機能群の基本的な解説!

カテゴリ: 主宰者からのお知らせ 公開日:2017年09月08日(金)

調整に重要な機能群の基本的な解説!

本サイトの「補聴器購入のために知っておくべき情報」の中に「調整に重要な機能群」があります。補聴器を購入するために補聴器販売店を訪れると、販売者が様々なことを説明してくれます。あまりにもたくさんの情報が出てくるので、よくわからないこともあるのではないでしょうか?特に製品の価格の話になると、それぞれの製品に組み込まれている機能群の説明を受けるのですが、ご本人がよく理解できる迄の説明になっているか疑問です。そのようなときに少しでもお役に立てればと思い、各機能の基本的な解説を(概要はこちら)というフォームで掲載しています。そこをクリックして頂くと基本的な解説がご覧いただけます。今日現在、お客様が知っておくべき最も重要と思われる、ハウリング抑制、騒音抑制、指向性、マルチプログラムについて掲載しています。残りの機能についても順次解説を掲載する予定ですが、まずは、上記4機能について事前に読んでおかれることをお勧めします。