メニュー

ブログ - ベストな補聴器購入の為の情報サイト

お問い合わせ

4133first.com

ブログBLOG

カスピ海を廻る協定合意!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2018年08月14日(火)

カスピ海を廻る協定合意!

世界最大の塩湖であるカスピ海の沿岸国5カ国が、20年以上も協議を重ねてきた国際法的な湖の境界について、8月12日に合意して協定書に署名をしました。5カ国とはロシア、カザフスタン、アゼルバイジャン、トルクメニスタン、イランです。国際法には、「国連海洋法条約」というものがあり、海についての国際法を定めたもので、5年前に正式に発効しました。たとえば領海は沿岸から12海里までと明文化されていますし、沿岸国は水産資源や地下資源を優先的に自分たちのものにできる「排他的経済水域」というものをつくることができます。条約では200海里(約370キロ)までとなっているのですが、相手国までの沿岸までが近くて200海里とれない場合は、沿岸からの中間点までを境とするように決められています。この条約はカスピ海が「海」であるとすれば成り立ちますが、「湖」となると適用はされません。カスピ海は石油がペルシャ湾並みに埋蔵されている為、5カ国の利害が絡み、長らく協定が合意されませんでした。今回の合意内容は各国の沿岸15カイリ(約28キロ)を領海と定め、同25カイリを排他的な漁業水域と定めたほか、第三国の軍の活動を禁止し、地下資源の分割については隣国との協議で解決を目指すとする、玉虫色の協定合意になりました。この協定が出来たことで石油の埋蔵を廻る利権争いが発生する可能性や紛争に至ることはなさそうです。それでは、カスピ海は海でしょうか?湖でしょうか?答えは湖に軍配が上がりそうです。何故なら、内陸の真っただ中にあり、カスピ海からどこかの海に水が流れ出すことはないからです。面積は374,000km2あり、日本の国土面積(377,853km2)とほぼ同じです。もちろん世界最大の湖で2位のアメリカ・スペリオル湖の約3倍あります。流入河川は総計130本にもなりますが、流れ出す河川は存在しません。これらの流入河川から流れ込む水量は年間300km3に及びますが、その80%はヴォルガ川から流入する水です。この流入分のほとんどはカスピ海上での大気中への蒸発によって失われる。カスピ海への降雨の5倍の水量が、蒸発によって空気中へと放出されるそうです。湖全体の平均塩分濃度は1.2%で、海水のほぼ1/3/です。

kaspikai

日本のポジションは?

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2018年07月30日(月)

日本のポジションは?

  世界にポジティブな影響を与えている国ランキング!

英国BBCワールドサービス(BBCの国際放送)が世界19カ国の18,000人に対して、2016年12月から2017年4月までに行った調査から、世界にポジティブな影響を与えている「いい国」ランキングを発表しました。この18,000人に日本人は含まれていないので、純粋に日本が他国に人々からどのように思われているのかがわかります。結果として日本は第3位でした。素晴らしいです!1位から5位までを記載します。

第1位: カナダ(61ポイント)

2位: ドイツ(59ポイント)

第3位: 日本(56ポイント)

第4位:フランス(52ポイント)

5位:イギリス(51ポイント)

  OECDが加盟する36カ国を対象として、「世帯あたりの資産が最も多い国」と「世

帯平均調整後純可処分所得」のランキングを発表しました。資産には不動産や住宅資産は含まれていないので、貯金や株式などの流動資産と思われます。調整後純可処分所得は、1世帯あたりの年間所得から税金などを差し引いた自由に使えるお金とのことです。結果として日本は資産では4位でしたが可処分所得では10位にも入っていません。あまりお金を使わず節約する国民性が現れています。それぞれの10位までを記載します。

資産               可処分所得

1位: アメリカ(17万6076ドル)  アメリカ(4万4049ドル)

2位: スイス (12万8415ドル)  ルクセンブルク(4万1317ドル) 

3位: ベルギー(10万4084ドル)  スイス(3万6378ドル)

4位: 日本  (9万7595ドル)   ノルウェー(3万5739ドル)

5位: スウェーデン(9万708ドル)  ドイツ(3万3652ドル)

6位: オランダ(9万2ドル)      オーストラリア(3万3417ドル) 

7位: カナダ (8万5758ドル)   オーストリア(3万2544ドル) 

8位: イギリス(8万3405ドル)   フランス(3万1137ドル)

9位: ルクセンブルグ(7万4141ドル)スウェーデン(3万553ドル)

10位:デンマーク(7万3543ドル)  アイスランド(3万453ドル)

血液型の話し!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2018年07月09日(月)

血液型の話し!

小学校1年生の時に血液型を調べてもらったらB型と言われました。4年生くらいの時にまた測ったらO型と言われました。それ以来O型で変わっていません。両親がB型なのでありうる話なのですが、大昔の判定方法は相当いい加減だったのではないかと今でも思っています。ということで、少し血液型のことを調べてみました。知っておいた方が良いと思われる要点だけを記載します。

  誰でも知っているA型・B型・O型・AB型はABO式血液型という赤血球の分類法のひとつです。

  赤血球の表面にはたくさんの血液型物質がついていて、それで血液型が決まります。A型の人はA型物質を、B型の人はB型物質を持っ

ています。AB型の人はA型物質とB型物質の両方を持っていますが、O型の人はA型物質もB型物質も持っていません。

  血液には血漿があります。これは血液中の血球「有機」成分(赤血球、白血球、血小板)を除いた液体成分で全体の55%を占めていま

す。この血漿には血液型物質に対する“抗体”が溶け込んでいます。抗体は、外部から体内に侵入したウイルスなどの病原体と結合して、排

除する役割を持っています。A型の血漿は抗B抗体、B型は抗A抗体を持ちます。AB型は抗A抗体も抗B抗体も持ちません。O型は抗A

抗体と抗B抗体の両方を持っています。

  1901年にオーストリアのカール・ランドシュタイナーという学者が、自分や同僚など22人の血液を、血漿と血球に分け、いろんな

パターンで混ぜてみたところ、血液型には3種類(A型、B型、O型)あることを発見しました。この実験にAB型の人はいなかった為

AB型の発見は数年遅れました。

  O型は当初C型と命名されましたが,O型の赤血球は、Aの血漿と混ぜてもB型の血漿と混ぜても固まることはなく反応がなかった為

“ゼロ=0”ということでO型に改名されました。

○ O型の赤血球はA物質もB物質も持っていないため、ほかの血液型に輸血をしても、何も起こりません。そのため、昔は“O型の血液はすべての人に輸血できる”と考えられ、実際にそうされていました。しかし、O型の血漿はA型の赤血球と反応する抗A抗体、B型の赤血球と反応する抗B抗体、それぞれを持っています。実際には血液中で薄まるので特にトラブルなく輸血できるものの、現在は同じ血液型を輸血するのが基本になっています。

○ ABO式以外にもいろいろな血液型がありますが、次に有名なのはRh式血液型です。Rh液型にはプラスとマイナスがあります。マイナスは人口の0.5%、日本人の200人に1人と言われています。中でも珍しいのはAB型のRhマイナスで、およそ2000人に1人の割合です.

○ 日本人の血液型の割合は、多い順にA型38%、O型31%、B型22%、AB型9%です。ほぼ、4:3:2:1の分布になっています。世界を見渡しても、こんなうまい具合に血液型が分布している国はそんなに多くはありません。4つの血液型タイプが、ほどよく距離を保って共存しているため、「A型は几帳面、B型はマイペース、O型はおおらか、AB型は芸術家肌」といった血液型別の性格診断が日本では流行します。

○ 血液型と病気の関係について各国の大学や研究所が論文を発表しているので、いくつか結果だけをきさいします。

―「心筋梗塞や狭心症の発症リスクはO型がいちばん低かった。O型に比べ、ほかの血液型の発症リスクはAB型が20%増、B型が11%増、A型が8%増だった」(2012年、アメリカ・ハーバード大学)
―「O型はほかの血液型に比べ、心臓病で死ぬリスクが15%低い。また総死亡率(早死にするリスク)が9%低い」(2015、アメリカ国立衛生健康研究所)

―「糖尿病の発症率はO型がいちばん低い。O型に比べ、B型は21%増、AB型は17%増、A型は10%増だった」(2014、フランス国立保健医学研究所)

―「アメリカ全人口のうちAB型は4%であるのに対し、記憶障害を起こしたグループの6%がAB型だった。軽度認知症を発症するリスクはAB型が特に高く、ほかの血液型の平均に比べ、82%増だった。A型・B型・O型の間では目立った差はなかった」(2014年、アメリカ・バーモント大学)

―「東京都在住の100歳以上のお年寄り269人を調査したところ、その内訳は、A型34.2%、O型28.3%、B型29.4%、AB型8.2%だった」。日本人のB型の割合は約22%であるため、(東京の)B型は長生きするといえそう?(2004年・日本で行われた研究)

64人の被験者の肌に、ヒトスジシマ蚊(別名ヤブ蚊)がたかる様子を観察した結果「O型はA型と比べて、明らかに蚊がたかりやすかった」(2004年、日本の研究グループ)
―「人間の血液を吸った野生の蚊95匹を調べ、どの血液型が最も多くの蚊に吸われていたかを分析したら、民の血液型の割合と比べ、O型が圧倒的に多かった」(年代不明、イランの研究グループ)

長さの単位「1メートル」が確立された歴史!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2018年06月21日(木)

長さの単位「1メートル」が確立された歴史!

現在では当たり前のように使われている長さの単位「1メートル」が確立するまでの歴史は

興味深いです。小学生の時代、「地球1周の長さは4万キロ、何故なら秒速30万キロの光が1秒間に7周半出来るから」と教わりました。実は、この4万キロが1メートルを定める基準になっているのです。地球は完全な球形ではなく赤道方向が40075km、両極方向が40009kmの形をしていますが、端数を無視して約4万キロと定められています。

そもそも人類が「単位」を使うようになったのは、集団生活を営む上で法律(ルール)が必要になった頃と同時期だと言われています。収穫物を分配したり、物々交換をしたりする際に喧嘩にならないように、長さ、大きさ、重さなどを測る単位が生まれたそうです。その中で、長さの単位を作る際に最初に参考にされたのは、やはり一番身近な人体でした。中でも、時の権力者の肘から中指までの長さを基準にした「キュービット」は、西洋を中心に広く使われていました。権力者の身体を基準にするので1キュービットの長さは時代や場所によって変わってしまいますが、概ね1キュービットは50cm前後(公式のもので現存する最古のものは、紀元前2170年頃のシュメール王グデアの坐像の腕の長さから測定される49.6cmです)だそうです。

地球1周の長さに話を戻すと、今から2300年前の紀元前3世紀頃、古代ギリシャで活躍したエラトステネスがはじめて地球1周の長さを計算しました。当時のギリシャではスタディオンという長さの単位が使われていました。1スタディオンは、地平線に太陽が昇り始めた時に歩き出し、太陽が完全に地平線の上に表れるまでに進んだ距離のことです。1スタディオンをメートルに換算すると約180mになります。エラトステネスは、図書館で学んでいるときに、エジプトのナイル川上流にあるシエネという町では夏至の日に太陽の光が井戸の底にまで届く(太陽が真上に来る)ことを知りました。同じ夏至の日、エラトステネスがいたギリシャのアレクサンドリアでは太陽は真上方向より7.2度傾いた方向に見えていました。シエネからアレクサンドリアまでの距離を5000スタディア(スタディオンの複数形)と見積もったエラトステネスは、7.2度の違いから地球1周の長さは25万スタディアであると計算しました。25万スタディアは約4万5千kmですから、今から2300年前の計算としては驚くべき精度だったと思います。

その後、長期間にわたり統一的な長さの単位は定められていませんでしたが、15世紀の半ばに大航海時代が幕を開けてから、それぞれの国がそれぞれの単位を使っていることの障害が浮き彫りになり、交易をスムーズに行うための「世界共通の単位」を求める声が高まりました。そのような状況下、フランス革命直後の1790年にフランスのタレーランが新しい長さの単位(後のメートル)の制定を求める法案を議会に提出しました。メートルは、「ものさし」や「測ること」を意味するギリシャ語のMETRON(あるいはラテン語のMETRUM)が語源です。新しい単位の基準を何にするかは議論がありましたが、最終的には、北極点から赤道までの距離の1000万分の1を1メートルに定めることが決まりました。それまでの経験上、1ヤード(0.9144m)と同じくダブルキュービット(約1m)程度を基準にしておけば、生活をする上で都合がいいことを知っていたのが背景にあるようです。議会の決定を受けて1792年には測量が始まりました。実測したのは、パリを通る子午線上のフランスの北端ダンケルクからスペイン領バルセロナまでの距離でした。測量が終わったのは1798年ですから1メートルの長さを定める測量は実に6年もの歳月を要しました。この測量結果とダンケルクとバルセロナの緯度の違いから北極点から赤道までの距離が算出され、1799年には1mの長さを定めたいわゆる「メートル原器」が制作されました。しかし、普及にはさらに長い時間がかかりました。当時のヨーロッパでは十二進法の方が一般的だったのですが、メートルではデシ(10分の1)、センチ(100分の1)、ミリ(1000分の1)、キロ(1000倍)などの十進法を採用したために馴染めなかったからだと言われています。最終的に、国際的な長さの単位の統一を目的として「メートル条約」が結ばれたのは、測量から約100年後の1875年のことでした。長さの単位「メートル」を国際的に定める経緯は長かったですね!

名字・平成!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2018年05月15日(火)

名字・平成!

  日本人の名字!

日本人の名字は多岐に亘ります、仕事で名刺交換をしたときになんと呼んで良いかわからない名字に出くわした経験は、たくさんの方々が持っておられると思います。たくさんある名字の中で一番多いのは「田」がつく名字で約1000もあるそうです。確かに、ちょっと考えただけでも山田、太田、田中、上田、細田、丸田、田丸、福田等、幾らでも思いつく名字があります。やはり日本古来の稲作文化が根底にあって付けられた名字ということでしょうか?ここで問題です。以前、ブログに書いたのですが、あまり反応がなかったので、もう一度名字に関する質問を掲載します。

下記のローマ字は具体的に何を表しているでしょうか?

1:S

2:S

3:T

4:T

5:W

6:I

7:N

8:Y

9:K

10:K

わかった方は問い合わせフォーム(ご感想・ご意見)で連絡を頂けると幸いです。

○ 平成とはどんな時代?

天皇陛下の退位日が2019年4月30日となったことを受けて、朝日新聞社は今年3月中旬から4月下旬に、平成の時代認識や憲法について尋ねる全国世論調査(郵送)をしました。その中で「平成とはどんな時代か」を八つの選択肢から二つまで選んでもらい、有効回答1949を仕訳したところ、「動揺した時代」が42%出一番多く、以下「沈滞した時代」29%、「進歩的な時代」25%、「保守的な時代」21%、「安定した時代」19%、「暗い時代」9%、「活気のある時代」6%、「明るい時代」5%でした。全体的に意外な結果だと感じるのですが、「動揺した時代」の要因は東日本大震災や阪神淡路大震災などの「自然災害」が突出して52%、「オウム真理教関連の事件」7%、「東京電力福島第一原発の事故」4%と続きいていたことでわかる気もします。この質問は2009年(平成21年)2~3月の郵送調査でも同じ選択肢で調査をしています。当時の調査対象が20歳以上と今回と異なることや有効回答数も違うので単純比較はできませんが、このときも「動揺した時代」が42%で最も多く、「沈滞した時代」40%、「暗い時代」21%が続いていました。今回、「沈滞した時代」「暗い時代」が数字のうえでは大きく減ったのですが、前回同様今回も「明るい時代」が最下位だったのが不思議です。さて、平成の次の年号は何になるのか注目されるところですが、いずれにしても、新年号の時代が自然災害もなく、国民が安心して明るく暮らせる時代になることを期待したいです。

ホーキング博士が残した数々の名言!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2018年03月16日(金)

ホーキング博士が残した数々の名言!

3月14日に理論物理学者のホーキング博士が76歳で死去されました。理論物理学の分野で彼が残した研究成果は世界の物理学に多大な影響を与え、まさに偉大な物理学者でした。さらに彼は様々な分野においてたくさんの名言を残しています。ホーキング博士を忘れないためにいくつか記載しておきましょう。

人類について:

我々はとても平凡な小さな惑星にいる、進化したサルの一種に過ぎない。しかし我々は宇宙を理解できる。それが我々を何か特別な存在にしている。

なぜ宇宙は存在するのかについて:

もしその答えを見つけたら、人類の理性による究極の偉業になるだろう。神の心を知るわけだから。

人生について:

まず、星を見上げて、自分の足を見ないようにすること。次に仕事をあきらめないこと。仕事はあなたに意義と目的を与えてくれ、それがないと人生は空っぽになるからだ。3番目に、運よく愛を見つけられたなら、愛がそこにあると忘れず、投げ捨てたりしないこと。

障害と共に生きることについて:

ほかの障害者たちに助言するとしたら、障害に妨げられずにあなたがうまくできることに集中し、何ができないかを無念に思わないこと。身体的だけでなく、精神的にも障害者になってはいけない。

類と地球外生命体との接触について:

大惨事になると思う。地球外生命体は多分、我々よりもずっと進歩しているだろう。地球で、より進歩していた人類がより原始的な人々と出会った歴史は非常に不幸だった。同じ種にも拘わらずだ。われわれはおとなしくしているべきだと思う。

スペース・コロニーについて:

人類が宇宙に進出しない限り、1000年後まで生き延びられるとは思わない。一つの惑星上で生命が事故に襲われる可能性は、あまりに多すぎる。だが、私は楽観的だ。我々は星々に向かうだろう。

人工知能について:

既に我々が手にしている初期形態の人工知能は、非常に有用であることがわかっている。しかし、私の考えでは、完全な人工知能が開発されれば、人類は終焉を迎える可能性がある。

天国について:

暗闇が怖い人間のための空想の世界だと思う。

2025年大阪万博を実現しましょう!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2018年02月01日(木)

2025年大阪万博を実現しましょう!

2025年の万博が大阪に決まると経済効果が2.6兆円あると以前日本総研が発表しています。実は2025年万博の大本命はパリ市だったのですが、財政困難を理由に突然辞退をしました。残る候補地は、大阪とロシアのエカテリンブルグ、アゼルバイジャンの首都バクーの3都市になり、大阪が一躍本命に躍り出た感じになりました。しかし、肝心の大阪府はあまり盛り上がっていない様で残念です。万博開催が実現すると2000万人もの来場者が見込まれるビッグイベントですから、大阪府だけでなく近隣諸県(特に兵庫県と京都府)も経済効果の恩恵を受けることは明らかです。この万博誘致を単に大阪府に任せるのではなく、近畿圏のイベントとして盛り上げていくべきだと思います。一方、開催資金調達にも問題がありそうです。運営予定費1250億円のうち、約400億円は民間企業などの寄付で賄う予定のようですが、支援団体の中核となるべき経団連も関西経済連合会も、今の段階で説教的に推進しようという感じではないらしいのです。また、開催会場予定の夢洲(埋めて池)迄の交通手段ですが、地下鉄を延伸させることが前提になっていることも不安要因になっています。現段階での延伸工事費は650億円と見込まれていますが、この資金調達の一部に、夢洲に同時誘致される予定のカジノ運営業者からの出資を期待しているというのには驚きです。何故なら、カジノを実施するためのIR実施法案はまだ国会で成立するめどが立っていませんし、成立したとしても大阪が建設地に選ばれるという保証もないからです。経済効果が2.6兆円ということは、結果的に収益が上がることを意味すると思いますので、近畿諸県の協力を受けたうえで、大阪府が中心となって国から資金を借り入れて万博誘致を実現すべく盛り上げるべきではないでしょうか?

日本ミツバチの蜂蜜へのこだわり!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2018年01月08日(月)

日本ミツバチの蜂蜜へのこだわり!

ミツバチは大きく分けると、日本ミツバチと西洋ミツバチに分けられます。日本古来の日本ミツバチは行動範囲が西洋ミツバチの約半分(2KM)で、採集飼育が難しいことと、除草剤や寄生するアカリンダニのせいで数が激減しています。そのために、養蜂場で飼育されているのは、ほとんどが西洋ミツバチです。日本にはオオスズメバチという、ミツバチの天敵で、ミツバチの蜂蜜と幼虫を奪う獰猛なハチがいます。西洋ミツバチはまったく太刀打ちができないので野生化しません。一方、野性味あふれる日本ミツバチは、集団で取り囲む蜂玉(ほうきゅう)を作り、激しく羽ばたきながら体温を上げて、酸素不足の中でオオスズメバチを熱し倒すのだそうです。多くの養蜂家は西洋ミツバチを飼育して、季節ごとの花に特化した蜂蜜を産するなど、効率的な採集をしていますが、採集量の少ない日本ミツバチにこだわる養蜂家もいます。野生の日本ミツバチは、新女王蜂に選ばれた個体が羽化する直前に、旧女王蜂がお供の働きバチを引き連れて巣を離れます。こだわりの養蜂家は要所要所に巣箱を設置して、旧女王蜂の一行の移住を手助けします。日本ミツバチの蜂蜜は数が少ないので、巣箱から巣蜜を採集するのは年に一度だけ!巣蜜は巣箱の天井から垂れ下がるように作られます。年に一度の採集ですから、天井あたりは春の花の香りと味、下に行くほど夏から秋の花の香りと味が広がり、それらを季節ごとに分けることはできません。天井から一番下まで全ての蜜が混じ合わさった日本ミツバチの蜂蜜は、艶やかな琥珀色で粘性が強く、荒々しいほどにコクのある甘さの中に、何故かほろ苦さを感じるほどの複雑な味わいです。ぜひお試し下さい。

日本ミツバチの蜂蜜へのこだわり!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2018年01月08日(月)

日本ミツバチの蜂蜜へのこだわり!

ミツバチは大きく分けると、日本ミツバチと西洋ミツバチに分けられます。日本古来の日本ミツバチは行動範囲が西洋ミツバチの約半分(2KM)で、採集飼育が難しいことと、除草剤や寄生するアカリンダニのせいで数が激減しています。そのために、養蜂場で飼育されているのは、ほとんどが西洋ミツバチです。日本にはオオスズメバチという、ミツバチの天敵で、ミツバチの蜂蜜と幼虫を奪う獰猛なハチがいます。西洋ミツバチはまったく太刀打ちができないので野生化しません。一方、野性味あふれる日本ミツバチは、集団で取り囲む蜂玉(ほうきゅう)を作り、激しく羽ばたきながら体温を上げて、酸素不足の中でオオスズメバチを熱し倒すのだそうです。多くの養蜂家は西洋ミツバチを飼育して、季節ごとの花に特化した蜂蜜を産するなど、効率的な採集をしていますが、採集量の少ない日本ミツバチにこだわる養蜂家もいます。野生の日本ミツバチは、新女王蜂に選ばれた個体が羽化する直前に、旧女王蜂がお供の働きバチを引き連れて巣を離れます。こだわりの養蜂家は要所要所に巣箱を設置して、旧女王蜂の一行の移住を手助けします。日本ミツバチの蜂蜜は数が少ないので、巣箱から巣蜜を採集するのは年に一度だけ!巣蜜は巣箱の天井から垂れ下がるように作られます。年に一度の採集ですから、天井あたりは春の花の香りと味、下に行くほど夏から秋の花の香りと味が広がり、それらを季節ごとに分けることはできません。天井から一番下まで全ての蜜が混じ合わさった日本ミツバチの蜂蜜は、艶やかな琥珀色で粘性が強く、荒々しいほどにコクのある甘さの中に、何故かほろ苦さを感じるほどの複雑な味わいです。ぜひお試し下さい。

2018年初詣・おすすめの神社10選!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2018年01月08日(月)

2018年初詣・おすすめの神社10選!

多くの方々が既に初詣をすませたことと思います。関東では1月9日、関西では1月14日までを初詣としているそうです。日本には神社が約82,000、寺院が約78,000あると言われていますが、はっきりした数字はわかっていません。遅ればせながら、初詣に人気の神社を紹介します。

明治神宮(東京都):初詣の参拝客が一番多い神社です。

東京大神宮(東京都):「東京のお伊勢様」と言われ、日本で初めて結婚式を行った神社です。

岡崎神社(京都府):安産、子授けを象徴するウサギモチーフでいっぱいの神社です。

貴船神社(京都府):京の奥座敷にあり、本殿に祀られた水神、白龍は最高位の神です。

鶴岡八幡宮(神奈川県):古都鎌倉のシンボルで、3大八幡神社の一つです。

箱根神社(神奈川県):日本屈指のパワースポットで、本殿に九頭竜大神が祀られています。

伏見稲荷神社(京都府):有名な千本鳥居がお迎えをする、日本一の観光スポット神社です。

詩仙堂(京都府):日本で初めて「ししおどし」が作られた神社で美しい庭園が魅力です。

北野天満宮(京都府):日本一の学問の神様として有名な神社です。

三峯神社(埼玉県):標高1,102mの山深い場所にあり、お守り「気守」が有名です。