メニュー

ブログ - 補聴器の選び方から販売店紹介まで!はじめての補聴器

お問い合わせ

4133first.com

ブログBLOG

2025年大阪万博を実現しましょう!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2018年02月01日(木)

2025年大阪万博を実現しましょう!

2025年の万博が大阪に決まると経済効果が2.6兆円あると以前日本総研が発表しています。実は2025年万博の大本命はパリ市だったのですが、財政困難を理由に突然辞退をしました。残る候補地は、大阪とロシアのエカテリンブルグ、アゼルバイジャンの首都バクーの3都市になり、大阪が一躍本命に躍り出た感じになりました。しかし、肝心の大阪府はあまり盛り上がっていない様で残念です。万博開催が実現すると2000万人もの来場者が見込まれるビッグイベントですから、大阪府だけでなく近隣諸県(特に兵庫県と京都府)も経済効果の恩恵を受けることは明らかです。この万博誘致を単に大阪府に任せるのではなく、近畿圏のイベントとして盛り上げていくべきだと思います。一方、開催資金調達にも問題がありそうです。運営予定費1250億円のうち、約400億円は民間企業などの寄付で賄う予定のようですが、支援団体の中核となるべき経団連も関西経済連合会も、今の段階で説教的に推進しようという感じではないらしいのです。また、開催会場予定の夢洲(埋めて池)迄の交通手段ですが、地下鉄を延伸させることが前提になっていることも不安要因になっています。現段階での延伸工事費は650億円と見込まれていますが、この資金調達の一部に、夢洲に同時誘致される予定のカジノ運営業者からの出資を期待しているというのには驚きです。何故なら、カジノを実施するためのIR実施法案はまだ国会で成立するめどが立っていませんし、成立したとしても大阪が建設地に選ばれるという保証もないからです。経済効果が2.6兆円ということは、結果的に収益が上がることを意味すると思いますので、近畿諸県の協力を受けたうえで、大阪府が中心となって国から資金を借り入れて万博誘致を実現すべく盛り上げるべきではないでしょうか?

日本ミツバチの蜂蜜へのこだわり!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2018年01月08日(月)

日本ミツバチの蜂蜜へのこだわり!

ミツバチは大きく分けると、日本ミツバチと西洋ミツバチに分けられます。日本古来の日本ミツバチは行動範囲が西洋ミツバチの約半分(2KM)で、採集飼育が難しいことと、除草剤や寄生するアカリンダニのせいで数が激減しています。そのために、養蜂場で飼育されているのは、ほとんどが西洋ミツバチです。日本にはオオスズメバチという、ミツバチの天敵で、ミツバチの蜂蜜と幼虫を奪う獰猛なハチがいます。西洋ミツバチはまったく太刀打ちができないので野生化しません。一方、野性味あふれる日本ミツバチは、集団で取り囲む蜂玉(ほうきゅう)を作り、激しく羽ばたきながら体温を上げて、酸素不足の中でオオスズメバチを熱し倒すのだそうです。多くの養蜂家は西洋ミツバチを飼育して、季節ごとの花に特化した蜂蜜を産するなど、効率的な採集をしていますが、採集量の少ない日本ミツバチにこだわる養蜂家もいます。野生の日本ミツバチは、新女王蜂に選ばれた個体が羽化する直前に、旧女王蜂がお供の働きバチを引き連れて巣を離れます。こだわりの養蜂家は要所要所に巣箱を設置して、旧女王蜂の一行の移住を手助けします。日本ミツバチの蜂蜜は数が少ないので、巣箱から巣蜜を採集するのは年に一度だけ!巣蜜は巣箱の天井から垂れ下がるように作られます。年に一度の採集ですから、天井あたりは春の花の香りと味、下に行くほど夏から秋の花の香りと味が広がり、それらを季節ごとに分けることはできません。天井から一番下まで全ての蜜が混じ合わさった日本ミツバチの蜂蜜は、艶やかな琥珀色で粘性が強く、荒々しいほどにコクのある甘さの中に、何故かほろ苦さを感じるほどの複雑な味わいです。ぜひお試し下さい。

日本ミツバチの蜂蜜へのこだわり!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2018年01月08日(月)

日本ミツバチの蜂蜜へのこだわり!

ミツバチは大きく分けると、日本ミツバチと西洋ミツバチに分けられます。日本古来の日本ミツバチは行動範囲が西洋ミツバチの約半分(2KM)で、採集飼育が難しいことと、除草剤や寄生するアカリンダニのせいで数が激減しています。そのために、養蜂場で飼育されているのは、ほとんどが西洋ミツバチです。日本にはオオスズメバチという、ミツバチの天敵で、ミツバチの蜂蜜と幼虫を奪う獰猛なハチがいます。西洋ミツバチはまったく太刀打ちができないので野生化しません。一方、野性味あふれる日本ミツバチは、集団で取り囲む蜂玉(ほうきゅう)を作り、激しく羽ばたきながら体温を上げて、酸素不足の中でオオスズメバチを熱し倒すのだそうです。多くの養蜂家は西洋ミツバチを飼育して、季節ごとの花に特化した蜂蜜を産するなど、効率的な採集をしていますが、採集量の少ない日本ミツバチにこだわる養蜂家もいます。野生の日本ミツバチは、新女王蜂に選ばれた個体が羽化する直前に、旧女王蜂がお供の働きバチを引き連れて巣を離れます。こだわりの養蜂家は要所要所に巣箱を設置して、旧女王蜂の一行の移住を手助けします。日本ミツバチの蜂蜜は数が少ないので、巣箱から巣蜜を採集するのは年に一度だけ!巣蜜は巣箱の天井から垂れ下がるように作られます。年に一度の採集ですから、天井あたりは春の花の香りと味、下に行くほど夏から秋の花の香りと味が広がり、それらを季節ごとに分けることはできません。天井から一番下まで全ての蜜が混じ合わさった日本ミツバチの蜂蜜は、艶やかな琥珀色で粘性が強く、荒々しいほどにコクのある甘さの中に、何故かほろ苦さを感じるほどの複雑な味わいです。ぜひお試し下さい。

2018年初詣・おすすめの神社10選!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2018年01月08日(月)

2018年初詣・おすすめの神社10選!

多くの方々が既に初詣をすませたことと思います。関東では1月9日、関西では1月14日までを初詣としているそうです。日本には神社が約82,000、寺院が約78,000あると言われていますが、はっきりした数字はわかっていません。遅ればせながら、初詣に人気の神社を紹介します。

明治神宮(東京都):初詣の参拝客が一番多い神社です。

東京大神宮(東京都):「東京のお伊勢様」と言われ、日本で初めて結婚式を行った神社です。

岡崎神社(京都府):安産、子授けを象徴するウサギモチーフでいっぱいの神社です。

貴船神社(京都府):京の奥座敷にあり、本殿に祀られた水神、白龍は最高位の神です。

鶴岡八幡宮(神奈川県):古都鎌倉のシンボルで、3大八幡神社の一つです。

箱根神社(神奈川県):日本屈指のパワースポットで、本殿に九頭竜大神が祀られています。

伏見稲荷神社(京都府):有名な千本鳥居がお迎えをする、日本一の観光スポット神社です。

詩仙堂(京都府):日本で初めて「ししおどし」が作られた神社で美しい庭園が魅力です。

北野天満宮(京都府):日本一の学問の神様として有名な神社です。

三峯神社(埼玉県):標高1,102mの山深い場所にあり、お守り「気守」が有名です。

星野仙一様に哀悼の意を表します!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2018年01月07日(日)

星野仙一様に哀悼の意を表します!

70歳という若さで亡くなられた星野様、6ヶ月に及ぶすい臓がんとの闘いはさぞかし無念であっただろうと推測します。実は、私の父も色々癌は経験しその都度克服しておりましたが、最後に発症したのがすい臓がんでした。国立医療センターで検査をした数日後、とりあえず入院をすることになり、医療センターに同行したのですが、担当医の方に別室に呼ばれ、父がすい臓がんから転移した肝臓がんであることを告げられました。レントゲン写真も見せてくれたのですが、肝臓の中に赤い斑点が散らばっていて、肝臓移植以外に手術のしようがないとのことでした。本人はC型肝炎と思っていましたので、結局最後まで告知はしなかったのですが、おそらくわかっていたのだと思います。余命を聞くとあと2ヶ月との診断でした。本人は居たって元気で、会社の部下を呼んでは、仕事の打ち合わせなどをしていました。

しかしながら病状は担当医の言われるとおりの進行で、最後の一週間はモルヒネを打ちながらの闘病でした。星野様も息を引き取る直前まで「コーチ会議に出られるかな」とおっしゃっていられたようなので、症状はよく似ていると思いました。すい臓がんは中々発見できず、発見した時は手遅れになっている場合が多い癌です。最近は血液検査が進化しているので、ある程度早期発見ができるようですが万全ではありません。喫煙、運動不足、肥満などがすい臓がんに影響するとも言われていますので、皆さまも十分注意してください。

(投稿者:T・S)

【国家ブランド】ランキング2017!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2017年11月21日(火)

【国家ブランド】ランキング2017!

世界には面白い統計を取っている企業があります。ドイツのマーケティング会社GFKは毎年世界50カ国の【国家ブランド】力を測定して指数化しています。測定の方法は、「輸出」、「統治」、「文化」、「人々」、「観光」、「移住・投資」の6分野において、50カ国に対するイメージを18歳以上の2万185人を対象に20カ国でインターネット調査をし、各国のオンライン人口統計の構成比に合わせてスコアを算出したものです。

2017年と2016年のランキングは次のようになりました。フランスと日本が2017年に躍進し、アメリカ合衆国が統治の評価が低く大幅に下げてしまいました。

国名      2017順位    2016順位

ドイツ      1         2

フランス     4         5

イギリス     3         3

カナダ      4         4

日本       4         7

アメリカ合衆国  6         1

イタリア     7         6

スイス      8         8

オーストラリア  9         9

スウェーデン   10        10

日本は2011年以来6年ぶりにトップ5入りしました。「輸出」で1位になったのに加え、「観光」、「人々」、「移住・投資」分野でスコアが昨年より上昇したそうです。世界の人は日本のことをありのままに見ているように思います。

衆議院総選挙、自民党圧勝!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2017年10月23日(月)

衆議院総選挙、自民党圧勝!

台風が来る中行われた総選挙の投票日。事前のメディア報道通りの結果で、自民党が圧勝しました。国民が安倍政権に今後の4年間を託したということです。選挙突入直前に民進党が分裂して、野党の協調体制が崩れたため、様々な変化があったようです。野党でしっかり政策を語った立憲民主党だけが光っていました。安倍政権には今後の政権運営をしっかりやってもらいたいと思います。

明日は衆議院総選挙の投票日!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2017年10月21日(土)

明日は衆議院総選挙の投票日!

本日まで、12日間の選挙戦を終えて明日はいよいよ投票日です。メディア報道によれば、自民党が優勢で、立憲民主党が躍進しているようです。注目の希望の党は後退気味らしいです。今回は18歳からの投票になりました。20歳以下の若人を含め、無党派層がどの政党に投票するのか注目されます。そもそも、総選挙の大義が不透明な状態で選挙戦に突入し、その後、憲法改正や消費税等、論点は絞られているように見えますが、結局、安倍政権をさらに4年間継続させるかどうかの選挙ではないでょうか?今後の日本を託す選挙なので、投票率が飛躍的に向上することを期待します!

総選挙スタート!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2017年10月10日(火)

総選挙スタート!

今日は衆議院総選挙の公示日。22日の投票日に向けて、いよいよ選挙戦のスタートです。大儀無き総選挙と言われる今回、論争が展開されるテーマは、消費税、原発、憲法、外交問題などいくつかあると思いますが、どのテーマについても各党の政策は違っているので、投票する我々が選択に困ってしまうのではないでしょうか?しかし、やはり最大の焦点は安倍政権を継続させるのかどうかということだと思います。すでに5年ほど経つ安倍政権が今回勝利すると、この先4年と合わせ9年間の政権になります。本当かどうかわかりませんが、モリカケの様な私物化が追及されている中、やはり安倍政権しかないということか、希望や立憲民主の様な新しい政権を期待するか、若しくは、どこも過半数が取れない状態にするのかを決める選挙になると思います。12日間の選挙戦中、各候補の発言が色々変わってくることもあるので、補聴器を着けて聞き逃しをしないようにしたいと思います。

何故 新聞?

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2017年10月04日(水)

何故 新聞?

英語のnewspaperを新聞と訳していますが、何故このように訳しているのか、一般的にあまり知られていません。

歴史を紐解くと日本初の新聞は、1861年の英字新聞「The Nagasaki Shipping-list and Advertiser」。

日本語初のものは、1862年の「官版バダビヤ(現在のジャカルタ)新聞」、そして日刊紙の最初は1870年に発刊された

「横浜毎日新聞」という事の様です。

「newspaper」の訳語として「新聞」が使われ始めたのは、1868年ごろと言われています。

何故、新聞という訳語にしたかと言えば、昔から中国で使われていたので、それを用いた外来語なのです。

大昔、唐の時代(616年~907年)に「南楚新聞」が存在していたそうです。

行為からすれば、「新読」でも「新見」でも良いように思えるし、内容的には「新記事」だと思うのですが、不思議です。

答えは「聞く」という漢字にあります。中国語で「聞く」は音を伝えるだけでなく内容を「知る」という意味があり、

古くから使われていました。

本サイトの【聞こえと難聴について知っておくべきこと】にも記載しましたが、中国語の「聞く」は日本語の「聞く」と「聴く」

が合わさった漢字なのです。補聴器の世界で例えると、「新聞」は「補聴器」と「頭脳」が合わさったものと言えるでしょう!