メニュー

ブログ - ベストな補聴器購入の為の情報サイト

お問い合わせ

4133first.com

ブログBLOG

〇 八景島のアジサイ!

カテゴリ: 雑記(散策) 公開日:2018年06月06日(水)

〇 八景島のアジサイ!

京浜急行の金沢八景でシーサイドラインに乗り換え、ヨットハーバーを脇に見ながら3つ目の駅に八景島はあります。駅からゆっくり歩いて約10分でお目当ての八景島シーパラダイスに到着です。ここは1985年の西武鉄道グループを中心とする9社によって事業が開始された人工島です。水族館本館であるアクアミュージアム、イルカの展示を中心とした別館であるドルフィンファンタジー、展示されている動物を間近で観察することを特徴とする展示エリアであるふれあいラグーン、乗り物施設であるプレジャーランド、ショッピングモールなどで構成された総合遊園地で、広さは約24haもあります。今回はアジサイの季節ということで、他の施設には見向きもせず、ひたすらアジサイを追い求めてみました。

横浜からのハスの発着所がある中央部分が高台になっていて、その周辺にアジサイは集中しています。八景島には18,000株の「ガクアジサイ」と20,000株の「セイヨウアジサイ」が植えられています。「ガクアジサイ」とは、ユキノシタ科に属する落葉低木で、高さは2m前後になり、葉は光沢のある広卵形で、原質の明緑色をしています。枝先の中央に小型の両性花を多数つけ、その外周に菱形の装飾花をつけています。色は淡紅色、淡青紫色、紫色、稀に白色があります。房総半島、三浦半島、伊豆半島など暖地の海岸沿いの山地に生えています。「セイヨウアジサイ」とは、日本産のアジサイが18世紀末にヨーロッパに持ち込まれて品種改良され、日本に逆輸入されたものを総称して言います。現在では数百種にもなります。全く知らなかったことですが、アジサイの花の色というのは土壌が酸性では青色、アルカリ性では虹色になります。また、土壌に含まれる肥料の差異によっても変化し、チッソが少ないと紅色が藤色に、窒素が多くカリが少ないときは紅色が強くなり、カリが多いと青色が強くなります。ヨットハーバー、シーパラダイス入口といくつかアジサイ画像を掲載します。

hakkeijima1 hakkeijima4 hakkeijima3
hakkei1 hakkei2 hakkei3

「はやぶさ2」順調、「TESS」初画像!

カテゴリ: 雑記(科学、自然) 公開日:2018年06月05日(火)

「はやぶさ2」順調、「TESS」初画像!

○「はやぶさ2」順調!

JAXA(宇宙航空研究開発機構)は6月4日、小惑星探査機「はやぶさ2」が、リュウグウまで約3100キロに迫り、到着のための予定軌道に入ったことから、3日にイオンエンジンを停止させたと発表しました。現在は秒速33キロまで加速しており、リュウグウを追いかけるように接近しているそうで、映画「アルマゲドン」の接近シーンを思い出させてくれます。今後光学航法によりリュウグウの位置を把握しながら、燃料と酸化剤を燃焼させる化学エンジンによって飛行し、6月21日~7月5日の間にリュウグウに到着見込みです。その後、小さな岩石を収集し2020年末ごろに地球に帰還する予定です。これが成功すると、原始太陽系における地球や海、生命の起源と進化に迫ることが出来るそうです。科学の進歩は凄いですね!

hayabusa2 1

○NASAの系外惑星探査衛星「TESS」初画像を届ける!

地球を周回する軌道へと向かっているNASAのトランジット系外惑星探索衛星「TESS」が、1枚目となる宇宙の画像を送って来ました。そこに写っているのは300光年先にある20万個以上の星です。もうすぐ地球の周りを巡る楕円形の軌道に到達する予定ですが、到達後は今回の撮影の400倍の領域を撮影できるそうです。TESSは弱まったり輝いたりする光のパターン(恒星の前を横切る離れた惑星の存在を示す)を見つけるために宇宙空間を見渡し、4つの広角カメラで近傍の星を調べます。前任のケプラーよりも明るい星を観測できるのに加え、その「ハビタブルゾーン(液体の水が存在すると考えられる領域)」に発見されているTRAPPIST-1(トラピスト1)やプロキシマ・ケンタウリのようなほの暗い赤色矮星も捉えることができるらしいです。

今回発表された最新画像から分かるように、宇宙には計り知れないほどの数の恒星が存在するので、やはり宇宙人と言うのは存在するのでしょうね。

tess

「補聴器購入必携バイブル」の感想

カテゴリ: 主宰者からのお知らせ 公開日:2018年06月05日(火)

「補聴器購入必携バイブル」の感想

本気で補聴器装用を検討しなければならなくなったとき、あなたはどんな方法で情報を得るだろうか。かかりつけ医や補聴器経験者の方に相談するか、自力で本屋やネットで調べるだろうか。

意外と思うかも知れないが、補聴器装用を決めたその日から、あなたは補聴器販売店という大海に一人で漕ぎ出すことになるのだ。

優秀な診断をする医療機関。
あなたを導く、よい補聴器販売店。
良いパフォーマンスを発揮する製品。
この3つは確かに揃っている場合もあるが、そうでない場合もある。

本書は、補聴器先進国のとあるメーカーの日本代表を17年間務め、全国の販売店メソッドを現場で観察し続けた筆者が、メーカーと販売店を一気通貫で解説する「他に類をみない」書である。
補聴器装用を決めたあなたが、情報弱者にならず、よいお店に出会い、補聴器をつけて、よかったと思っていただくために。内容のギュッとつまった本書が役に立つと思う。

(東京在住 S・A)

 

ボルダリング、大阪桐蔭、松山、錦織、卓球!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年06月04日(月)

ボルダリング、大阪桐蔭、松山、錦織、卓球!

  ボルダリング決勝戦で日本勢が優秀な成績を収め、2020年東京オリンピックのメダル獲得に有力な種目が出現しました。女子は野口が優勝で野中が2位です。男子は楢崎が2位で杉本が3位でした。今回は第5戦でしたがワールドカップはまだ続くようなので、更なる実績を積み上げてほしいと思います。

  大阪桐蔭が高校野球の春季近畿地区大会の臨み、宿敵・智弁和歌山を3-1で破り、2年連続5度目の優勝を果たしました。根尾が投げて、11安打を打たれるも要所を締めて1失点でしのいだのが大きかったようです。負けた智弁和歌山はこれで5連敗ですが、夏の甲子園100回大会に照準を合わせ、雪辱を期していることと思います。

  PGAメモリアル・トーナメントに出場した松山は、第3ラウンドと第4ラウンドでスコアを伸ばすことが出来ず、合計10アンダーで13位に終わりました。ショットは日によって好不調の波が激しく、パターも入りそうで入らないシーンが多かったようです。次の試合は、14日から始まる海外メジャー第2戦「全米オープン」ですが、問題山積みで本人は自信がなさそうです。それでも昨年は2位になった大会ですから、「試合は始まるし悪くてもやらなくちゃいけない。球打ちを今までの倍ぐらいする感じでいきたい。僕自身球数打たないと、上手くいかないプレーヤーなのかなと思い始めた」と松山はコメントしています。S・ガルシアのように70回以上もメジャーで勝てないようになるのは避けてほしいですね。

  全仏オープンの4回戦の進んだ錦織は世界ランク8位のティエムと対戦し、2―6、0―6、7―5、4―6で敗れてしまいました。最初の2セットをあっけなく取られてしまったのが敗因ですが、足が動かなかったそうです。錦織は不思議な選手で、あまり期待していないと面白いように勝ち上がるのですが、期待感を膨らませると負けてしまう流れが続いています。28歳という年齢で体力面の持続力が落ちてきているのか、精神的な弱さがあるのかよくわかりません。次のメジャートーナメントはウインブルドンです。出来れば芝コートのサーフェスが錦織に味方するのを期待しましょう。

  昨日迄中国で開催されていたITTFワールドツアープラチナ・中国オープンで伊藤が大健闘です。シングルスで3位、早田と組んだダブルスも3位、そして森園と組んだ混合ダブルスは準優勝でした。シングルスで優勝したのは19歳の王曼ユ(中国)で、残念ながら伊藤は彼女に2連敗です。10代が優勝する時代になってきたので日本の17歳トリオもうかうかしてはいれません。もう一人芝田(20)がシングルスで3位に入りました。世界ランク2位の朱雨玲(中国)、韓国のエースである田志希(同28位)を破っての3位ですからこちらも快挙と言っていいでしょう。休む暇もなく6日からはジャパンオープンが開催されます。伊藤を中心とした日本勢がどこまで好成績を上げるのか注目です。

FIFAワールドカップの歴史!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年06月03日(日)

FIFAワールドカップの歴史!

○ FIFAは1904年の創立されました。創立要項の中に世界選手権を行う事が記載されていて、1928年のFIFAアムステルダム総会において、大会名を「ワールドカップ」と称することが決められました。当時のFIFA会長であったジュール・リメ氏が寄贈したカップが優勝杯として使われていましたが、1970年のメキシコ大会を制したブラジルがそのカップを永久保持することになり、1974年の西ドイツ大会から新しいカップが作られ,大会の名称もFIFAワールドカップが正式名称となりました。(それまではジュール・リメ杯世界大会と呼ばれていた時代もありました。)

○ 賞金について見てみると、当初はFIFAからの優勝賞金は0円でした。各国のサッカー協会が個々に協賛スポンサーを募り、成績に応じて自国のチームに贈ることが多かったようです。現在は、FIFAがワールドカップ本大会出場国に成績に準ずる賞金を支給していますが、その額が中途半端ではありません。2006年のドイツ大会では、32か国の全ての出場チームに準備金として100万スイスフラン(約9000万円)、グループリーグ全3試合分のマッチフィーとして、600万スイスフラン(約5億4千万円)、合わせて700万スイスフラン(約6億3000万円)を支給し、これが本大会出場国の最低保障となっています。その後、決勝トーナメントで勝ち上がるごとに賞金は増えて行きます。まず、決勝トーナメント進出(ベスト16)で850万スイスフラン(約7億6500万円)が支給されました。ベスト8で1150万スイスフラン(約10億3500万円)。ベスト4で2150万スイスフラン(約19億3500万円)。優勝すれば2450万スイスフラン(約22億500万円)が支給されたのです。この優勝賞金はその後益々高額になっています。2010年の南アフリカ大会は3000万ドル(約26億4000万円、2014年ブラジル大会では3500万ドル(約35億6000万円)、そして、2018年ロシア大会では3800万ドル(約38億6500万円)が支給される予定です。賞金総額も膨らんで、ロシア大会では総額6億9100万ドル(約703億4800万円)が支払われます。こんなに高額が支払われる大会はほかにありません!

○ 試合形式はいろいろ変わっています。経緯を見てみると次のようになります。

・・1930年:記念すべき第1回大会は13チーム参加してウルグアイで開催。1次ラウンドは4グループによるグループリーグ。各組1位のチームのみが決勝トーナメントに進出。

・1934年・1938年:16チーム参加に増加して、全試合ノックアウト方式。

・・1950年:1次ラウンドは4グループによるグループリーグ。各組1位のチームのみが決勝ラウンド(4チームによる総当たり戦)に進出。

・・1954年 ~1970年:1次ラウンドは4グループによるグループリーグ。各組上位2チームが決勝トーナメントに進出。

・・1974年 ・1978年:1次ラウンドは4グループによるグループリーグ。各組上位2チームが2次ラウンド(4チームずつの2組によるグループリーグ)に進出し、2次ラウンドの各組1位チームで決勝戦、各組2位チームで3位決定戦。

・・1982年:チーム数が24チームに増加。1次ラウンドは6グループによるグループリーグ。各組上位2チームが2次ラウンド(3チームずつの4組によるグループリーグ)に進出し、2次ラウンドの各組1位チーム(4チーム)が決勝トーナメントに進出。

・・1986~1994年:1次ラウンドは6グループによるグループリーグ。各組上位2チームと、各組3位のチームのうち成績上位4チーム(合計16チーム)が決勝トーナメントに進出。

・・1998年~2018:チーム数が32チームに増加。1次ラウンドは8グループによるリーグ。各組上位2チーム(合計16チーム)が決勝トーナメントに進出。

  前回ブラジル大会迄の戦績を見てみると主な内容は下記になります。

・・合計20回の大会で優勝したのはわずか8カ国。ブラジルが5回、ドイツとイタリアが4回、アルゼンチンとウルグアイが2回、スペイン、イングランド、フランスが1回です。

・・1930年の第1回大会はウルグアイで13カ国が参加して行われ、開催国のウルグアイが優勝しました。

・・20回すべて出場しているのはブラジルだけ、それに続くのがドイツとイタリアの18回です。

・・勝ち数が一番多いのはブラジルの70勝、次がドイツの66勝。3位がイタリアの45勝で4位がアルゼンチンの42勝です。

・・最多得点はドイツの224点、次はブラジルの221点。得失点さで見ると最高はブラジルの+119点で次がドイツの+103点です。ブラジルとドイツがあらゆる面で抜きん出ています。両国がやはり優勝候補の本命でしょう。

・・日本は5回出場し通算4勝4分け9敗。合計11得点、失点22点で得失点差は―8となっています。ワールドカップで勝つことが如何に厳しいかがわかる気がします。

ボルダリングW杯第5戦!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年06月02日(土)

ボルダリングW杯第5戦!

これまで注目されていなかったスポーツクライミングのボルダリング。現在世界各地を転戦するW杯が開催されていて、本日エスフォルタアリーナ八王子で第5戦が始まります。2020年東京五輪の新競技に選ばれた競技ですが、日本は4年連続で国別ランキング1位を維持している最強国で、メダル獲得が有力視されています。スポーツクライミングの競技種目はほかにもあるのですが、3種目複合で争うボルダリングが花形種目だそうです。男子には楢崎智亜、藤井快、女子には野口啓代、野中生萌等、優勝候補がずらりと揃っています。2日の予選を経て、決勝は3日午後に行われるので、時間があれば会場に足を運んでは如何でしょう!

日本代表メンバー決定!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年06月01日(金)

日本代表メンバー決定!

日本サッカー協会は5月31日、ロシア・ワールドカップ本大会に向けた日本代表メンバー23名を発表しました。評論家たちがガーナ戦の結果を見て、今回のメンバー選出にいろいろコメントを発しています。久保、中島、堂安等、若いメンバーをどうして入れないのかといった議論はあると思いますが、実際に対戦してみないと何が起こるかわからないので、ここは西野監督の決定を尊重するべきと思います。練習試合を含めは本戦までの期間、全員でレベルアップを図ってもらいましょう。

ロシア・ワールドカップに向けた日本代表メンバーは以下の通りです。
GK
川島永嗣(メス/フランス)
中村航輔(柏レイソル)
東口順昭(ガンバ大阪)
DF
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
槙野智章(浦和レッズ)
昌子 源(鹿島アントラーズ)
植田直通(鹿島アントラーズ)
長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
酒井高徳(ハンブルク/ドイツ)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
遠藤 航(浦和レッズ)
MF
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
山口 蛍(セレッソ大阪)
柴崎 岳(ヘタフェ/スペイン)
大島僚太(川崎フロンターレ)
宇佐美貴史(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
乾 貴士(エイバル/スペイン)
原口元気(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)
FW
岡崎慎司(レスター/イングランド)
大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)

オーティコン補聴器様がその他情報に記事を掲載されましたのでご覧ください。。は一般社団法人ろう者サッカー協会とゴールドスポンサーとして契約を締結しました。

カテゴリ: メーカー情報 公開日:2018年06月01日(金)

オーティコン補聴器様が「その他」情報に記事を掲載されましたのでご覧ください。

兵庫県の販売店様が本サイトに参加されました!

カテゴリ: 主宰者からのお知らせ 公開日:2018年06月01日(金)

兵庫県の販売店様が本サイトに参加されました!

兵庫県芦屋市にある、株式会社Re 補聴器サロン芦屋様が本サイトに参加されました。掲載したデータはこれからさらに充実させていきます。店長の若森様は、補聴器の取扱い経験が豊富で、補聴器の製造面についても幅広い知識をお持ちです。近辺で補聴器の相談をされたい方はぜひ訪れてみてください。

サッカー西野ジャパン・ガーナ戦!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年05月31日(木)

サッカー西野ジャパン・ガーナ戦!

昨日開催されたキリンチャレンジ杯で 日本代表は、主力選手を欠く1.5軍のガーナ代表に0-2で敗れました。西野監督が新たなシステムとして3-4-2-1を導入するということで、大いに期待をしてTV観戦しましたが、これまで以上にゴールの可能性が遠ざかる試合の様な印象を受けました。私も含めて、以前から指摘されている決定力不足が浮き彫りになったと感じます。この試合は世界でも注目され、サッカーの評論家達も注目していたようで、いろいろなコメントが飛び交っています。このブログでは個々のコメントを披露しませんが、良い内容で書かれているものは一つもありません。昨日の結果を踏まえて、今日の16時に最終の23人が発表されます。27名に入っていない久保、中島、堂安、森岡等、現在実戦で活躍している選手たちも加えて、選考してみてはどうでしょうか?若い選手たちに経験を積ませて、4年後のワールドカップに向けた長期戦略に切り替えた方が良いかもしれません。携帯で配信されている『ゲキサカアプリ』というものがあり、そこで各選手のプレーを採点しています。試合終了から1時間の間に受け付けられたゲキサカユーザー採点の平均点が以下の通り発表されました。最高点8.5、最低点3.5の0.5点刻みで出場者全員を採点し、その平均点を割り出す仕組みです。

【先発】
川島永嗣  4.80
長友佑都  6.09 
槙野智章  5.24
吉田麻也  5.55
長谷部誠  5.55
本田圭佑  5.60
山口蛍   5.13
原口元気  5.75
宇佐美貴史 5.66
大島僚太  5.52
大迫勇也  5.66 
【途中出場】
武藤嘉紀  5.71
香川真司  5.49
酒井高徳  5.14
柴崎岳   6.07
岡崎慎司  5.17
井手口陽介 5.06

最高が長友の6.09ですから、ファン達も厳しくこの試合を見ていたのがわかります。