メニュー

ブログ - 補聴器の選び方から販売店紹介まで!はじめての補聴器

お問い合わせ

4133first.com

ブログBLOG

関東の桜名所!

カテゴリ: 雑記(散策) 公開日:2018年03月25日(日)

関東の桜名所!

いいよいよ2018年のお花見シーズンです。桜名所100選の中で関東の名所を挙げてみました。訪れたところが意外に少ないことに気付きます。

かみね公園(茨城県日立市)

動物園や遊園を併設した桜の名所

平和通り(茨城県日立市)

約1.8kmの平和通りを彩る桜のトンネル

静峰ふるさと公園(茨城県那珂市)

2000本のヤエザクラが一面をピンクに染め上げる

日光街道桜並木(栃木県宇都宮市)

約16kmと、全国屈指の規模を誇る桜並木

大平山県立自然公園(栃木県栃木市)

約4000本が咲き誇る約2kmの桜名所

大平山(栃木県栃木市)

4000本のソメイヨシノが山全体を彩る

赤城南面千本桜(群馬県前橋市)

約1.3kmの市道が満開時には桜のトンネルに

桜山公園(群馬県藤岡市)

山全体をピンク色に染め上げる様子は圧巻

大宮公園(埼玉県さいたま市)

約1000本の桜が咲き競う、埼玉県内屈指の桜の名所

熊谷桜堤(埼玉県熊谷市)

江戸時代から知られる桜の名所が今も人々を魅了する

長瀞(埼玉県秩父郡長瀞町)

町全体が桜色に染まる季節を楽しむ

泉自然公園(千葉県千葉市)

お花見広場や草原の桜がお勧め

清水公園(千葉県野田市)

100年の古木「劫初の桜」が見られる民営の自然公園

茂原公園(千葉県茂原市)

約2850本の桜で彩られる、茂原市民の憩いの場

新宿御苑(東京都新宿区)

高層ビルと桜のコラボは都心ならでは

上野恩賜公園(東京都台東区)

日本一の花見客を誇り、江戸時代より親しまれる桜の名所

隅田公園(東京都墨田区)

8代将軍・徳川吉宗が造った桜の名所

井の頭恩賜公園(東京都武蔵野市)

池の中央にかかる七井橋からの眺めがお勧め

小金井公園(東京都小金井市)

都立公園の中でも最大規模を誇る公園に桜が咲き誇る

県立三ツ池公園(神奈川県横浜市)

78品種1600本の桜が順次開花

衣笠山公園(神奈川県横須賀市)

三浦半島随一の桜の名所

小田原城址公園(神奈川県小田原市)

天守閣やお堀などを背景に咲く、満開の桜が絶景

マイアミオープン、その他!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年03月24日(土)

マイアミオープン、その他!

大阪が2回戦でスビトリナにストレート負けを喫してしまいました。セリーナ・ウィリアムズに勝利したのでこのまま優勝かと期待していたのですが残念です。スビトリナとは通算2勝3敗になりましたが、前回のドバイ選手権に続き現在2連敗中です。苦手意識が出ないことを信じて、次の大会に期待しましょう。

男子の方では、錦織が3時間ほどの戦いでミルマンをフルセットで破り3回戦に進出しました。過去3勝0敗の相手にフルセットですから、まだ試合勘が戻っていないのかもしれません。3回戦はデルポトロが相手になる公算が高いので万全の準備をしてほしいと思います。西岡はベルディッハと2回戦を戦います。粘り強いストロークがどこまで通用するか注目です。

昨日始まった選抜高校野球は開会式のあと、3試合が行われいずれも東日本勢が勝ちました。昨日の全体的な印象としては、投手の投げる球があまり早くない感じでした。これから前評判の高い投手が登場するする見込みなので期待しましょう。

大相撲春場所は、昨日1敗の鶴竜が2敗の魁聖をあっさり退け1敗を守りました。追ってくる力士たちとは2勝の差がありますので、このまま優勝して横綱の面目を保ってくれるのではないでしょうか?

サッカーではベルギーでマリ代表との試合がありました。結果は1-1でしたが内容的には負けに近いものだったと思います。足が長く動きも早いマリの選手達についていけない場面が多々ありました。それにもまして、キーパーにすぐボールを戻すとか、ディフェンスゾーンで横パスをつなぐだけの場面がとても多く、11人の連携ができていないような印象でした。解説者が指摘していましたが、多くのプレーヤーが代表に選ばれるために失敗を恐れ、点を取りに行く意識が足りなかったようです。本戦で対戦するセネガルを想定した試合だったのですが、ハリルホジッチ監督もこれではもっと強いセネガルに勝てないと思ったようです。27日に違うタイプのウクライナとの対戦があります。どんなメンバーでどの様な戦いを見せてくれるのか注目しましょう。

補聴器販売店情報について

カテゴリ: 販売店情報 公開日:2018年03月23日(金)

補聴器販売店情報について

本サイトに参加頂いて詳細情報を掲載して頂いている補聴器販売店様は現在7店舗です。それ以外、主宰者が以前から知っている販売店様について、基本情報(店名・住所・電話番号)だけを掲載している都道府県がいくつかあります。掲載されていない県については、その県の販売店リストに掲載されている中から選択したうえで、その販売店様の基本情報を順次掲載する予定です。本日は青森県と岩手県について掲載しました。

注目のスポーツ!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年03月22日(木)

注目のスポーツ!

大坂なおみの躍進!

テニスのマイアミオープンがはじまり、一回戦で元世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズと対戦した大阪は6-3、6-2のストレートで勝利しました。大阪が一番あこがれていた相手で対戦自体をとても喜んでいました。「セリーナがカモン!と叫ぶのを聞きたかった」という試合後のコメントが粋ですね。2回戦は第4シードのスビトリナです。ここが踏ん張り時なので、大阪には頑張ってほしいと思います。

鶴竜奮闘!

1人横綱として連日頑張っている鶴竜が自己初の11連勝で先頭を走っています。昨日は215kgの巨漢、逸ノ城とがっぷり四つに組みながら、体勢を低くして寄り切りました。とても強かったと思います。残り4日間ですが、毎年荒れる春場所と言われる今場所を横綱の優勝で締めてほしいと思います。

選抜高校野球明日開催!

甲子園での練習を終えて36校がいよいよ明日出陣です。メディアは各チームの分析をしていて、優勝候補の記事が紙面上をにぎわせています。たくさんの情報を総合すると、ベスト8候補は、東海大相模・明徳義塾・智弁和歌山・創成館・大阪桐蔭・東邦・三重・星稜になります。これらの候補を脅かしそうなのが静岡・智弁学園・慶応・日大三の様です。メディアの予想が当たるのか見て行きましょう!

プロ野球開幕近づく!

オープン戦たけなわのプロ野球ですが、今年はどの球団が開幕から突っ走るのでしょうか?外国人選手、新人、2~3年目の成長株等話題に事欠きませんが、メディア報道からは、セリーグでは巨人とDeNA、パリーグでは日本ハムとオリックスの調子が上がっているような印象を受けます。昨年のリーグ覇者である広島とソフトバンクは今一つの感じもありますが、開幕本番になるとスイッチが入り変貌するのでしょうか?

大坂なおみのさらなる挑戦!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年03月21日(水)

大坂なおみのさらなる挑戦!

テニスATPワールドツアー インディアンウェルズ大会が終わったばかりというのに、今日からプレミア・マンダトリーの第2弾マイアミオープンが開催されます。インディアンウェルズ大会を見事に制覇した大阪の世界ランクは22位になりましたが、マイアミオープンではその地位がシードとして反映されていないので前回同様一回戦からのスタートです。昨日発表された組み合わせによると、一回戦は大阪が対戦を切望していたセリーナ・ウィリアムズとの組み合わせになりました。産休明けの出場とはいえ強敵です。前回の優勝がまぐれで成し遂げたわけではないことを証明するためにもぜひ勝ってほしいと思います。ただ、試練はそれだけでは終わりません。2回戦で当たる予定の選手は世界ランク4位のスビトリナです。難敵二人の一回戦と二回戦をどのように戦うのか注目したいと思います。もし2連勝出来れば、2大会連続の優勝も夢ではないような気がします。

エヴェレスト(チョモランマ)を廻る不毛な論争!

カテゴリ: 雑記(科学、自然) 公開日:2018年03月21日(水)

エヴェレスト(チョモランマ)を廻る不毛な論争!

世界最高峰のエヴェレスト(チョモランマ)の標高は8848mと学校で習った記憶があり、世界最高峰なので決して忘れることのない数字になっています。かなり昔インドの測量局が独自計測した時の標高が8848mであったことと、その後中国の国家計測地理情報局が1975年に科学的な計測を行った結果8848.13mだったことで、8848mが証明された形になっていました。ところが、中国が再度計測をした結果として、標高は8844.43mであると発表したことで論争は始まりました。中国の主張は頂上に積もった雪3.5mと地殻変動の影響で合計3.7m低くなったというものです。エヴェレスト登山のメッカであるネパールがこれに意義を唱えているようで、今年の登山シーズン中に再計測を予定しています。どういう結果になるかわかりませんが、標高を岩石面で測るのか、万年雪も含めて測るのかの不毛な論争の感じがします。世界一ですから従来通り8848mとしてほしいですね!

everest1

補聴器を購入した後の一番大切なことは?

カテゴリ: 主宰者からのお知らせ 公開日:2018年03月20日(火)

補聴器を購入した後の一番大切なことは?

補聴器を購入された時、高額品なので長持ちしてほしいと誰もが願っておられると思います。聞こえの状態が購入時からあまり変わらないとすれば、一般的に5年ほどが補聴器の寿命と販売店で説明を受けていると思います。最近の補聴器は使用されている材料が丈夫なものに改良されていますし、IP57とかIP68といった防塵・防水処理が施されているので、補聴器自体のお手入がしっかりしていればもっと長く補聴器を使うことも可能です。ここでいう言うお手入とは、購入された方が日々補聴器のお掃除をすることです。具体的にすることは湿気と耳垢対策です。補聴器に湿気が付着するとバッテリーの接触面が腐食して音が出なくなったり、耳栓やチューブ、そしてレシーバに水滴や湿気が残ると音が聞こえなくなったりします。それ以上に厄介なのが実は耳垢です。耳垢は乾いた耳垢や湿った耳垢、さらにはねばっこい耳垢等があり、さらに出る量もそれぞれの方で症状が違います。耳垢がレシーバを塞ぐと当然音は出ないのですが、部分的に塞いだ場合は音色が変わってしまうことが起こります。補聴器を購入された時に、販売店の方は必ずお手入れ用のアクセサリーを提示して取扱い方を説明し、日々のお手入れが大切であることを指摘するのですが、購入される方は、唯でさえ補聴器に関するたくさんの新情報を受けるので、お手入れに最大の注意を払う方は余りおられないようです。結果として、数週間から1ヶ月ぐらい経過したときに、突然音が出なくなったと言って販売店に駆け込む方がたくさんおられます。最近は、ほとんどの販売店が耳垢の吸引と補聴器の乾燥が同時にできる機器を保有していて、駆け込んで来られる方々の補聴器のお手入をしています。しかし、長く放置した耳垢は販売店にある機器でも除去できないこともあります。ご自宅で耳垢のお掃除をする場合は、購入した時に付属品として提供されるブラシで主に除去を試みるのですが、耳垢の性質によっては残ってしまったり、レシーバの方に押し込んだりといった現象も起こります。このような残留耳垢は硬化してしまうので、市販されている安価な吸引機器ではなかなか除去できません。もう一つこのお手入れの大切さを訴える理由に無償で修理をしてもらえる保証期間があります。この無償保証期間は自然故障を前提としたもので通常は2年間になっています(高額製品は少し伸びる傾向もあります)。自然故障の理由は半分以上が耳垢や湿気を原因とするレシーバ及びマイクの故障です。無償で修理してくれる期間は余り気にならないのですがその保証期間が切れると、すべて有償修理となり一回当たり2~3万円の費用が発生することも多々あります。

これまでの説明で、補聴器を購入される方は、日々のお手入をしっかり実践することが如何に大切かお分かりいただけたと思います。日々のお手入を実践する自覚のある方は、お手入用の機器を購入されることになりますが、本サイトでは、販売店においてある機器と同等の機器を購入されることを推奨します。製品はUltraVac+と称し、定価は165,000円(税別)です。金額的には高く思われるかもしれませんが、日々のお手入がしっかり出来ることや頻繁かつ高額有償修理の発生を防ぐことが出来ることを考えれば、十分検討の余地があると思います。弊社でも紹介していますので、ご希望がある場合は弊社ホームページをご覧ください。

http://www.oscarting.jp/product/ultravac/index.html

UltraVac plus

テニスATPワールドツアー マスターズ1000インディアンウェルズ大会!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年03月19日(月)

テニスATPワールドツアー マスターズ1000インディアンウェルズ大会!

グランドスラム4大大会の次に格付けされているこの大会は、男子はマスターズ、女子はプレミア・マンダトリーと称し年間4回あるうちのひとつです。大阪のようにノーシードの選手は、グランドスラムと同様に7回勝利しないと優勝できません。優勝の獲得ポイントは1000でグランドスラムのベスト4より高い数字です。

本日早朝3時から始まった大阪とカサキナの試合は6-3、6-2で大阪がストレート勝ちを収め待望の優勝を果たしました。ツアートーナメントでの日本人女子の優勝は初めての快挙です。これで世界ランクも20位前半まで上がります。次の大会からはシードが付きますので、各トーナメントでの上位進出がやり易くなり、トップ10に名を連ねる日も遠くないように思います。さらなる躍進を期待しましょう!

男子のフェデラーとデルポトロの決勝戦はまさに死闘だったようです。第1セットを6-4でデルポトロが取り、第2セットのタイブレークで3度のマッチポイントがあったのですがフェデラーが逆転して取りました。ファイナルセットは逆のことが起こり、第10ゲームでフェデラーに3度のマッチポイントがあったのですが、デルポトロがそれを凌ぎ、最後はタイブレークでデルポトロが勝ちました。フェデラーは今年になって無敗の17連勝を記録していましたが、それが潰えてしまいました。次回は同じマスターズのマイアミ大会です。昨年優勝のフェデラーはそこで優勝をしないと総合ポイント数を維持することが出来ません。否応なしに頑張らなければならない過酷な状況に置かれていることが良くわかります。しかし、前回準優勝のナダルが今年はケガで出場しないことが決まっているので、たとえ負けても世界ランク1位の座は守れる見通しです。

フェデラーと大阪なおみに注目!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年03月18日(日)

フェデラーと大阪なおみに注目!

現在行われているテニスATPワールドツアー マスターズ1000インディアンウェルズ大会も終盤になり、男女共に決勝戦を残すのみとなりました。男子は、世界ランク1位を確定させたフェデラーが若手のチョリッチをフィナルッセットで逆転して決勝に進みました。相手はラオニッチをストレートで破ったデルポトロです。フェデラーの華麗で正確なプレーとデルポトロのビッグサーブや一発を秘めた強烈なストローク力のいずれが勝つのか注目です。試合は日本時間19日の朝5時以降に開始されます。女子は、大阪なおみが現在世界ランク1位で第1シードのハレプを6-3,6-0で破り決勝に進出しました。過去3度対戦して全敗だった大阪が第1セット3-3から9ゲームを連取して勝ってしまいました。世界のテニス界にも衝撃を与えたようで、イタリアのスポーツ紙などは「ハリケーン・オオサカ」というニックネームまでつけています。相手は元世界第2位のビーナス・ウイリアムズをファイナルセットで逆転したロシアのカサキナ(カサトキナ)です。カサキナは準々決勝でも第2シードのウォズニアッキを破っているので相当の実力があります。注目されるのは両者とも20歳の若手であること。昨年男子では若手の躍進が目立っていましたが、女子も今年から世代交代が進む可能性が出てきました。「タイプが違うので面白い戦いになる」と大阪は言っているようですが、出来れば日本人の初制覇を見てみたいものです。試合は日本時間19日朝3時に開始されます。

第90回センバツ高校野球大会組み合わせ決定!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年03月17日(土)

第90回センバツ高校野球大会組み合わせ決定!

23日から始まるセンバツ高校野球大会の組み合わせ抽選が昨日行われました。

夏の全国高校野球選手権と異なり、決勝戦迄の組み合わせが決定しています。9校で1ブロックを構成する合計4ブロックの有力校を見てみました。

第1ブロックは各地区の優勝校がひしめく大激戦地区。順当に行けば優勝候補として評判の高い東海大相模と明徳義塾が準決勝枠を争うところですが、聖光学院。日本航空石川。中央学院が不気味な存在です。

第2ブロックは優勝候補の智弁和歌山と創成館が準決勝対決まで対戦がありません。そこに割って入りそうなのが、国学院栃木と智弁学園です。

第3ブロックは大本命の大阪桐蔭に対し、明秀日立・東邦・慶応がどの様に立ち向かうかといった展開になりそうです。

第4ブロックは大混戦ブロックではないでしょうか。日大三・三重・星稜が多少有利なように思えますが、まったく余談を許しません。

優勝候補は東海大相模・智弁和歌山・大阪桐蔭のいずれかと予想されます。どこが勝つにしても、高校生らしい純粋で熱い戦いを繰り広げてほしいものです!