メニュー

ブログ - 補聴器の選び方から販売店紹介まで!はじめての補聴器

お問い合わせ

4133first.com

ブログBLOG

宇宙望遠鏡「TESS」打ち上げ!

カテゴリ: 雑記(科学、自然) 公開日:2018年04月20日(金)

宇宙望遠鏡「TESS」打ち上げ!

米航空宇宙局(NASA)は18日、スペースX社のロケット「ファルコン9」によって太陽系外の惑星を探す宇宙望遠鏡「TESS」を打ち上げました。2年間にわたって地球を周回し、地球と同じぐらいの大きさで、生命が存在できそうな惑星の発見を目指すそうです。

NASAは2009年に宇宙望遠鏡「ケプラー」を打ち上げ、9年間の観測で2600個以上の系外惑星を見つけました。今回のTESSは4台のカメラを搭載した洗濯機ほどの大きさで、前回のケプラーと同じように惑星が恒星の手前を通過する際に恒星がわずかに暗くなる「トランジット」という現象を観測し、惑星が存在するかどうかを調べ、発見されるとその大きさや公転の軌道、周期などを計算します。TESSはケプラーよりも350倍もの広範囲を観測することが出来るので、2万個ほどの太陽系外惑星を発見し、このうち地球大の惑星は50個以上、地球より大きいが2倍には満たない大きさの惑星は最大500個見つかるとNASAは見込んでいます。TESSが予測通りに発見してくれた惑星については、地上と宇宙の両方に設置された天体望遠鏡でさらに観測を進め、岩石の地形があるか、大きさは地球と同等か、太陽との距離が近すぎも遠すぎもせず水が液体で存在できる気温かどうかなど、生命が存在する可能性を示唆する条件を調べることになるそうです。画像はTESSの想像図です。

tess

スポーツ・やった!と残念!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年04月19日(木)

スポーツ・やった!と残念!

サッカー女子なでしこジャパンがアジアカップ準決勝で中国と対戦し、3-1で見事に勝利しました。今回は勝ち方が良かったと思います。岩淵の華麗な足技からはなたれたシュートは相手キーパーの手をかすめゴールに吸い込まれました。その後、横山が豪快なミドルシュートを鮮やかに決めました。2つのシュートは今までなでしこジャパンで見たことが無いような良いシュートでした。あと二人ほど、走力があって、なお且つ、このようなシュートで得点できる選手がいると強いと思います。20日は今回2度目の対決となる豪州との決勝戦です。今回の勝利で波に乗り決勝戦も豪州に攻め勝ってほしいものです。

●エンゼルス大谷が現在最強のレッドソックス戦で先発登板しました。結果は2回3失点での降板で敗戦投手となりました。今回、レッドソックス打線を抑えることが出来れば、大谷の評価は確定するところでしたので残念です。2016年にも起こったのですが、大谷は指にまめが出来やすいそうで、今回はまめの影響でコントロールが定まらず、フォームのバランスも崩してしまったそうです。レッドソックス打線に対する気負いもあったのではないでしょうか?試合後の記者団とのインタビューでは実力のなさが敗因と謙虚に語る一方、今回の反省点は次回に生かすといったコメントもしているので特に落ち込んだわけではないようです。次回の登板に期待しましょう。

目を見張る艶やかさ・【花桃の里】!

カテゴリ: 雑記(散策) 公開日:2018年04月19日(木)

目を見張る艶やかさ・【花桃の里】!

毎年、長野県阿智村では4月中旬から5月中旬にかけて花桃が見ごろを迎えます。約10,000本の赤、白、ピンク色の花が咲き誇り、美しい光景が広がります。その中でも、中央自動車道・園原ICから近い月川温泉郷【花桃の里】では、標高750m~1000m、約4kmに亘りおよそ5000本の花桃が多くの訪問客を迎えます。桜よりもっと色が鮮やかなのでその風景は圧巻です。GW期間中も楽しめるので足を運んでみては如何でしょう!

tougenkyo

伊豆半島がユネスコ世界ジオパークに認定!

カテゴリ: 雑記(散策) 公開日:2018年04月18日(水)

伊豆半島がユネスコ世界ジオパークに認定!

そもそもジオパークとは?
【地球や大地を表す "Geo" と、公園を示す "Park" を組み合わせた造語が大地の公園、すなわちジオパーク "Geopark" です。もともと地質学的に重要な地域の保全と地域社会への貢献を目的としたもので、1990年半ばに活動が広がり、2000年にヨーロッパジオパークネットワーク(EGN)が設立されました。2004年にUNECOが支援を表明して世界ジオパークネットワーク(GGN)が成立し、日本においても2009年に日本ジオパークネットワーク(JGN)が誕生しました。2015年にはUNESCOの正式事業として認定されています。

ジオパークは3つの活動を柱にしています。

1.保全

ジオパークを保全する活動

2.教育

ジオパークを教育に活かす活動

3.観光(地域振興)

ジオパークを観光に活かす活動で、持続可能な観光=ジオツーリズムを振興して地域に貢献する活動 】

「顕著な普遍的価値を持つ遺産の保護を目的とする世界遺産と異なり、資産を活かした教育や観光といった持続可能な開発を視野に入れている点が特徴です。」
ユネスコ世界ジオパークの概要について!

ユネスコ世界ジオパークは、地層、岩石、地形、火山、断層など、地質学的な遺産を保護し、研究に活用するとともに、自然と人間とのかかわりを理解する場所として整備し、科学教育や防災教育の場とするほか、新たな観光資源として地域の振興に生かすことを目的とした事業です。ユネスコの国際地質科学ジオパーク計画(IGGP)の一事業として実施されています。
現在、世界で35か国・127のユネスコ世界ジオパークが認定されています(2017年8月現在)。

日本では今回の伊豆半島以外に、8地域(洞爺湖有珠山、糸魚川、島原半島、山陰海岸、室戸、隠岐、阿蘇、アポイ岳)が認定されています。日本人出すべて訪れた人はどれほどいるのでしょうか?

スポーツ盛りだくさん!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年04月17日(火)

スポーツ盛りだくさん!

    欧州CL状況:
先週、今季の欧州CLは準々決勝の2試合目が行われ、優勝候補ともいわれたバルセロナがローマに惨敗し、2試合合計でも負けて敗退となりました。残った4チームの組み合わせはレアルマドリード対バイエルン、リバプール対ローマになりました。優勝候補の2大巨頭と言われるレアルマドリードとバイエルンが準決勝で対決するのは惜しい気がしますが、果たして結果は如何に?

    ゴルフの小平:
マスターズの激闘が冷めやらぬ先週、RBヘリテージに参戦した小平が最終日6打差を逆転して優勝しました。米ツアー制覇は松山も含め5人目で、米ツアー参戦以来15戦目の優勝は最速の快挙です。この優勝で2020年までの米ツアー出場及び2019年のマスターズ出場権を獲得しました。目立たないタイプですが、ショットもパターも安定感があるので更なる優勝も可能ではないでしょうか!

    川内優勝:
これまで80回マラソンを完走している川内が、第122回ボストンマラソンに出場し優勝しました。雨が降る悪天候でのレースでしたので、タイムは2時間15分58秒と注目に値しませんが、昨年優勝のキルイ(ケニア)を大逆転しての優勝に意味があります。31年前の瀬古以来という快挙でもあります。益々頑張ってください。

    エンゼルス大谷の挑戦:
先日先発予定だったロイヤルズ戦が悪天候で延期になってしまい残念でしたが、現地時間18日にレッドソックスをホームに迎えての3連戦で、大谷が第1戦の先発投手で出場することになりました。レッドソックスは現在ア・リーグ東地区の首位を走り、13勝2敗とア・リーグの中で最も良い成績を収めている最強チームです。ここ2週間程で凄い成果を上げた二刀流大谷に注目が集まり人気急上昇ですが、今回の試合は大谷の投手としての実力を見定める機会になるような気がします。相手投手も2012年のサイ・ヤング賞左腕ですから、白熱の投手戦に持ち込めれば最高なのですが、結果に注目です!

    テニスのモンテカルロ:
テニスのワールドツアー・マスター1000・モンテカルロが始まりました。ここのコートサーフェスはクレー(赤土)でナダルが最も得意とする舞台です。第1シードはナダル、第2シードはチリッチで熱戦が繰り広げられて行きます。錦織はノーシードですが、1回戦で第12シードのベルディヒに競り勝ち2回戦に進んでいます。5月のフレンチオープンを見据えてナダルが連覇をするのか、それとも若手が台頭するのか見ものです。フェデラーが体力温存のためクレーコートの試合に不参加なのが残念ではあります。

    サッカー女子なでしこワールドカップ進出:

女子ワールドカップの本戦出場をかけてアジアカップが開催されていて、先週日本は豪州と1:1で引き分け本戦出場を決めました。豪州は今季世界でも最も強いと言われている強豪で、前半などは危ないシーンばかりで大丈夫かなと思っていましたが、後半になり、豪州プレーヤーの運動力が落ちたところから息を吹き返し、日本が先取点を取りました。最後は追いつかれ、さらに、最後の5分は両チームとも本戦出場を決めたため無理をせず、日本が後方でボールをつなぐだけという試合になりました。この大会はまだ準決勝・決勝と試合が残っていますから、日本は準決勝で中国を退け、決勝で豪州と再度勝負しようという目論見なのでしょう。先日の試合では宇津木、長谷川、岩渕の動きに目を見張るものがありました。あと2-3人若手で躍動感のある選手が現れると強くなると思いますが、とりあえずは準決勝に集中してもらいましょう。

    どうした巨人と躍進DeNA:

3月末にスタートしたプロ野球セ・リーグは他の5球団との対戦を終えました。オープン戦の勝率トップで好調のはずの巨人は出だし好調だったのですが、結果的には5勝10敗でなんと最下位に沈んでいます。メジャーから帰国した上原が初戦は良かったのですが、ごく最近の2試合は3点以上取られ試合を逆転されているのが痛いようです。

一方DeNAは最初連敗しましたがその後球団初の8連勝をするなど絶好調で首位に立っています。ラミレス監督が若手登用を臆さず、積極的に盗塁を仕掛けているのが功を奏しているようです。リーグ戦は10月迄続く長丁場ですから、一巡した対戦結果で一喜一憂する必要なないのですが、セ・リーグは本命無き戦国時代の様相を呈してきましたね!

スターキージャパン(株)様 iQシリーズ・4月16日に発売!

カテゴリ: メーカー情報 公開日:2018年04月16日(月)

スターキージャパン(株)様 iQシリーズ・4月16日に発売!

先日スターキージャパン【株】様の本社(新横浜)で開催された新製品発表セミナーに出席してきました。販売店や報道関係者が受講対象で一般の方は参加されていません。昨年本社を移転されたそうですが、受付を含めた入口にゆったりとしたスペースがあり、その正面に30名ほど入る会議室が設けられているので、開かれた明るいイメージのメーカーという印象がありました。

今回の発表内容は新製品というよりは新機能の搭載の意味合いが強い内容で、最初は、補聴器業界で最近よく訴求されている「3D立体音響ヒアリング」に焦点を当てた新機能の説明でした。「3D立体音響ヒアリング」の意味はメーカー様によって違う面がありますが、同社の場合は「方向感覚や距離感をよく認識できる」という意味で使われています。従来であれば指向性を駆使して行うことなのですが、同社は耳介効果の再現という視点で取り組んでおられるのが斬新でした。次は軽度難聴で特に問題となる暗騒音(エアコンや冷蔵庫などのなんとなく聞こえる騒音)の抑制です。現在はどのメーカーも暗騒音抑制を搭載していますが、同社は通常の暗騒音抑制に加え、2KHz以上の高音域にある暗騒音を自動的に抑制する機能を加えました。軽度難聴の方が気になる暗騒音がさらに改善されると思います。

3つ目は音楽対応です。(BASS・MID・TREBLE)に分かれた音楽専用のイコライザーを搭載しているので、音楽愛好家の好みに合わせた周波数調整が出来ます。さらに,RICタイプのHALOiQシリーズには分かりやすく便利なリモコンやiPHHONE、iPAD、iPODとの接続が出来るようになっています。

セミナーの後半は試聴体験が用意されていました。特に「3D立体音響ヒアリング」の方向感覚と音楽の音質の良さを感じることが出来ました。他社にはないプレゼンテーションとして同社マーケティング部所属の西川様が体験談を語られたのが印象的でした。西川さんは片耳だけの重度難聴なのですが、とても明瞭な解説をされていましたし、HALOiQの重度対応RICを使用すると、騒がしいところでも方向感が出て周りのいろいろな方と話が出来ると言われ、一般的な説明より遥かに効果的だと思いました。画像は西川様です。

nisikawa

メジャー挑戦前の大谷の二刀流について8人の野球評論家のコメント!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年04月15日(日)

メジャー挑戦前の大谷の二刀流について8人の野球評論家のコメント!

大谷がメジャー挑戦をする前の昨年9月~10月に8人の野球評論家達がコメントしていた内容を見てみましょう。いろいろな思いがあるし、現実との比較が出来るので面白いですね。

野村氏(2017年10月4日)
「大谷の二刀流に関しては、正直、今でも気持ちは五分五分。半分は無理だろうと思う。昨年はそれなりに結果(10勝、22本塁打)を出したけど、正直言うと、プロ野球をなめんなよ、という思いもある。日本ハム首脳陣も含めて、プロ野球を軽く見すぎている。常識的に考えたら、できないわね。これまでの長い歴史の中で、誰もいないわけだから」

桑田氏(2017年9月23日)
「二刀流にも二通りある。一つは今やっている二刀流。僕が提案するもう一つの二刀流は、10年間投手に専念して、その後10年間打者に専念するという二刀流。投手に専念する時は20勝やタイトルを目指すように自分を磨いていく。そして打者に専念する時は3割30本を目指す。現在は同時にやっているので大谷君が持っているポテンシャルがまだ半分くらいしか出てない。僕の提案する二刀流をやれば、大谷君のポテンシャルは100%出る」

金村氏(2017年10月5日)
「大谷選手の二刀流は厳しいと思いますよ。チャプマンのボールとか見たらエグいからね。大谷どころの騒ぎやないですよ。あれぐらいのボールがバンバン行き交うところでプレーしていたら、体が持ちません。投手か打者かどちらかひとつにしないと。ピッチャーでしょう。160キロ投げるのですから」

赤星氏(2017年11月11日)
「活躍できると思う。打者としての試合出場が少し難しいのではと予想するので、まずピッチャーで成績を残すことでチームの信頼を得る。首脳陣だけではなく、ほかの選手たちにも認められないと、なかなか難しい。」

古田氏(2017年10月8日)
「自分で打って勝ちますから、DH制のないナショナル・リーグが欲しがるので移籍先をドジャースと予想。ドジャース日本人は3人目となるが、ダルビッシュが先発して、その代打に大谷が出て、ブルペンで待機している前田が投げる。そんな日本人リレーがあるかもしれない。楽しみです」

原氏(2017年12月10日)
「二刀流をぜひ、貫いてほしい、自分が投げている試合でホームランを打って勝ちたいと言えるのは、彼の中でイメージできているということ。前人未到だから評論なんてできないし、ただ応援する。」

落合氏(2017年9月17日)
「賛成です。大賛成です。腕の振りがすべて良いっていうのと、体が大きいのはアメリカに行くには一番の武器。アメリカ行くっていう最初の思いを貫くっていうのは、私にしては大アッパレですよ。」

張本氏(2017年9月17日)
「日本ハムに喝だよ。なるべく引き留めようとしないと。球界の宝だからね。約束とかあると思いますけども、できれば引き留めてほしい。逆にいま、メジャーに大谷を出すような方向に、球団が持って行っているじゃないの。とんでもないよ」

将棋の羽生と囲碁の井山!

カテゴリ: 雑記(趣味の世界) 公開日:2018年04月14日(土)

将棋の羽生と囲碁の井山!

将棋の羽生竜王が現在挑戦している名人戦第一局で佐藤名人を破り、公式戦通算1400勝を達成しました。現在の記録保持者は大山十五世名人が持っていて通算1433勝です。大山十五世名人は50年0ヶ月、67歳1か月でこの記録を達成し、通算の勝率は6割5分3厘でした。羽生竜王は32年3ヵ月、47歳6ヵ月で1400勝を達成していますので、1433勝どころか1500勝達成も見えてきています。また、通算勝率も現在7割1分2厘ですので、すべての面で大山十五世名人を抜くのも時間の問題と言えます。さらに、羽生竜王は通算のタイトル獲得が99期なので、今回名人に返り咲くと通算100期のタイトル獲得というものすごい記録に到達します。それが実現できるか、名人戦7番勝負に注目です。

囲碁の井山7冠が先日十段防衛戦に臨み、村川八段を3-0で下し十段の地位を守りました。昨年秋に名人位を奪還し2度目の7冠を達成したのですが、その後、王座・天元・棋聖戦をストレート勝ちしているので、今回の十段戦を合わせると、現在7大タイトル戦で17連勝中だそうです。約3年間の間に井山7冠は7大タイトル戦で一度しか負けていません。それが一昨年の名人戦で、山下九段(当時)に負けたのです。今度の名人戦挑戦者が山下九段に決まったそうですのでまさに因縁試合になります。井山7冠が7冠を守ることが出来るがどうか注目のタイトル戦になります!

【補聴器の装用をためらう10の理由】

カテゴリ: メーカー情報 公開日:2018年04月13日(金)

【補聴器の装用をためらう10の理由】

補聴器メーカー・オーティコン補聴器様のWEBサイトにわかりやすい記事が掲載されています。家族や周囲の方々にもとても参考になる内容だと思います。

表題は【補聴器の装用をためらう10の理由】です。

「たとえ聞こえづらさを感じたとしても補聴器をはじめ、聞こえのサポートを得ることをためらうには理由があります。家族や周囲の皆さまに、よくある理由とその背景について、またそのような気持ちを解きほぐすためのヒントをお伝えします。」との前書きで、10の理由と詳細な解説が記載されています。10の理由を記載しますので、詳細はオーテコン補聴器様のWEBサイト(https://www.oticon.co.jp/about_hearing/first/family/excuses)をご覧ください。

1.聞こえているから、現在のままでよい

2.そんなに聞こえは悪くないから助けはいらない

3.まだ若すぎる

4.もう年を取りすぎている

5.補聴器は高すぎる

6.安価な製品を試したけれども、機能しなかった(集音機器vs補聴器)

7.補聴器は、操作が面倒

8.補聴器は、目立つし恰好が悪い

9.補聴器は耳の中でキンキンしたり、ハウリングが起きる

10.      補聴器は役立たないとみんなが言っている

ホーキング博士と「マルチヴァース(多元的宇宙)」

カテゴリ: 雑記(科学、自然) 公開日:2018年04月12日(木)

ホーキング博士と「マルチヴァース(多元的宇宙)」

3月に亡くなられた宇宙物理学者のホーキング博士は、1970年にペンローズ博士と共同で宇宙の始まりに関する論文を発表しました。当時、宇宙の始まりを研究する根拠は「一般相対性理論」でしたが、それに基づいて過去に遡ると宇宙の始まりには重力や密度が無限大の状態になっていたはずで、一般相対性理論が破綻してしまう「特異点」が存在せざるを得ないことを証明したのです。しかし、その時点では宇宙がどの様に始まるのかという特異点定理が欠けていました。これは一般相対性理論だけでは解決できないテーマで、ホーキング博士はそれに量子論を組み入れたのです。特異点定理を研究するために、彼は現宇宙の始まる前の状態まで思いを巡らし、1983年にハートル博士と共同で「ハートル・ホーキングの無境界仮説」を提唱しました。それによると、そこは空間や時間の概念自体が暖味になってしまう場だそうです。特異点が原子レベルの状態だったとすれば、粒子のようにも波のようにも振る舞うことが出来るという量子論的な概念です。ホーキング博士の研究はさらに続きます。亡くなる10日前に公開されていた「A Smooth Exit from Eternal Inflation?(永久インフレーションからのスムーズな離脱?)はハートグ博士との共同論文として公開されました。二人は、「ハートル・ホーキングの無境界仮説」についてさらに研究を重ねた結果、無境界仮説のモデルは一つの宇宙だけではなく、異なる物理定数を持つ無数の宇宙を作り出してしまう(永久インフレーションと呼ばれる現象)ことに気が付きました。そこから彼らはマルチヴァース(多元的宇宙)の可能性を、検証可能な科学的フレームワークに変換できるような方法の開発に努め最後の論文に至ったのです。この論文は無境界仮説に量子論を加え、宇宙が量子論の支配するインフレーションから誕生し、そのあと宇宙の進化と共に一般性相対理論が出現することを描写しているそうです。宇宙の量子起源を証明するのはビッグバンからの重力波で、地球では検出できないのですが、いつか宇宙での重力波実験ができればこれを直接検出できるかもしれないそうです。まさにホーキング博士が言い遺しているように「人間の努力には境界がない」ですね!