メニュー

ブログ - 補聴器の選び方から販売店紹介まで!はじめての補聴器

お問い合わせ

4133first.com

ブログBLOG

ブログ(雑記ースポーツ)を掲載しました。

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2017年07月15日(土)

ブログ(雑記ースポーツ)を掲載しました。

ウィンブルドンと大相撲名古屋場所

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2017年07月15日(土)

ウィンブルドンと大相撲名古屋

ウィンブルドン男子シングルスは私の予想通りフェデラーが決勝進出、相手は第7シードのチリッチですね。出来れば4大大会19回目の優勝をフェデラーに勝ち取ってもらいたいところですが、サーブとフォアハンドが強烈なチリッチの攻撃力にいかに対処できるかがポイントだと思います。特にベルディッヒ戦で調子があまり良くなかったファーストサーブの入り具合に注目です!

大相撲名古屋場所は2横綱1大関の休場で少し興ざめですね。白鳳は通算勝ち星1047を超える目標もあって、マイペースで勝ち続けていますが、やはり優勝争いが最大の関心事ですので、高安と日馬富士に頑張ってもらわないといけませんえね。大学出の若手がかなり力をつけていて、相撲振りも上位食いの意識が前面に出ているので、興味ある取り組みが増えたように思います。このまま、大相撲人気が続いてくれることを期待します。

フォナック様セミナー、充電式補聴器とチタンシェル!

カテゴリ: メーカー情報 公開日:2017年07月13日(木)

フォナック様セミナー、充電式補聴器とチタンシェル!

7月5日フォナック様が取引先販売店様を対象にセミナーを行いました。

参加された補聴器/経堂様によるとセミナーの席上、2つの製品が発表されました。

1)充電式補聴器の追加製品:

既に発売されている高級なRICタイプの耳かけ型に加え通常の耳かけ型にも充電式が投入されました(空気電池式もあります)。対象は最新のチップを搭載したフォナックボレロでRICタイプと同様充電式は3種類(片耳58万円、43万円、32万円―いずれもチャージャーケース付)。前回も記載したように充電式は使ってみると電池の交換が無いのがすごく便利に感じます。願わくは片耳10万円以下の製品にも充電式を投入して頂けると飛躍的にマーケットが拡大するように思います。

2)小型耳穴型(CIC/IIC)用のチタンシェルを発売:

今後の耳穴型のマーケットはますます小型化することを予測して、フォナック様はチタンシェルの世界需要をベトナムの工場で一括製造することにしたとのことです。チタンシェルにすることによって、小型化、軽く硬いシェル、高い耐食性、高い生体親和性、リサイクル可能素材、低い伝導率、高級感ある色合い、3種類のレシーバによるパワーアップ等、これまでのアクリルシェルではできなかったことが実現するそうです。価格レベルは2種類で55万円と39万円です。ベトナムにシェルのデータを送り製造後送られてくるはずなので納品に多少時間がかかるかもしれません。このチタンシェルは業界で初めてのことなので、今後他のメーカー様が追従することが予測されます。

都道府県別販売店名簿について!

カテゴリ: 販売店情報 公開日:2017年07月13日(木)

都道府県別販売店名簿について!

日本補聴器販売店協会様にどう協会加盟店名簿を都道府県別に掲載させて頂きたい旨申し入れていましたが、今般、不許可の回答がありましたので残念ながら掲載はできません。販売店名簿を調べるとすれば、日本販売店協会様の加盟店名簿、テクノエイド協会様の認定補聴器専門店名簿、さらに各メーカー様の取扱店名簿がありますので、一般の方々にはお手数をおかけしますが、それぞれのHPを開いて調べてください。本サイトでは、別の形のデータを掲載するべく準備を致します。

沖ノ島と関連遺産群が世界遺産に!

カテゴリ: 雑記(科学、自然) 公開日:2017年07月11日(火)

沖ノ島と関連遺産群が世界遺産に!

沖ノ島だけか関連遺産郡も含めてかで注目されていましたが、最終的にすべて登録されることが決まりましたね。私は、仕事の関係でよく福岡には訪れていたのですが、沖ノ島には行ったことがありません。残念に思って調べてみたら、沖ノ島は、日本海海戦を祈念して毎年5月27日に行われる現地大祭の時に抽選で選ばれた200名の男性しか上陸できないそうです。女人禁制で女性は大島から遥拝するしかないそうです。世界遺産になっても訪れることが難しいのは何とも不思議な気がしますが、ユネスコ指針「ジェンダーと世界遺産によれば「個々の宗教観や文化性は尊重する」とのことで問題にはならないらしいです。

国際アステロイドデー(小惑星の日)

カテゴリ: 雑記(科学、自然) 公開日:2017年07月10日(月)

国際アステロイドデー(小惑星の日)!

6月30日を国連が国際アステロイドデーと定めました。毎年この時期になると小惑星や彗星の記事が多く掲載されます。1908年6月30日にロシアのツングースカ地方に飛来した直径数十メートルから100メートルほどの小惑星が引き起こした衝撃を忘れないために制定したらしいです。映画のアルマゲドンは小惑星、ディープインパクトは彗星が出てきますね。惑星や準惑星(惑星より小さいが球形を保持)より小さくて尾が無いのが小惑星でガスやチリ長く伸びて尾のようになっているのが彗星と定義されているようです。現在わかっている範囲で

過去最大の衝突は6550万年前に起こりました。メキシコのユカタン半島に推定直径10キロメートルの小惑星が飛来し直径180キロメートルのクレーターを残し、恐竜をはじめ多くの生命を絶命に追いやったとされています。しかし小惑星飛来の恩恵もあるようで例えば地球に地軸が23.4度傾いているのも、豊富な水があるのも小惑星のおかげらしいのです。地球全体では毎日100トンほどの物質が飛来してきているらしいですがそのほとんどは大気圏で燃え尽きてしまうようです。隕石として地表面に到達するものもあるようですが人の住む場所が限られているのであまり発見されていないらしいです。いずれ小惑星の飛来を阻止する技術が確立されることを期待しましょう。

2017年大相撲名古屋場所開幕!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2017年07月10日(月)

2017年大相撲名古屋場所開幕!

白鳳の2場所連続優勝、稀勢の里と鶴竜の巻き返し、新大関高安の飛躍、若手力士の躍進等興味深い名古屋場所が始まりました。

ところが初日に2横綱、3大関が敗れる大波乱が起きました、これは1961年九州場所以来実に56年ぶりの出来事だそうです。

下馬評通りの優勝力士が出る場所の進行もいいのですが、たまにはこのように波乱盤上な場所も面白いと思います。大学での若手が力を伸ばしているので、これからも上位を倒す意欲を前面に出して、活気あふれる相撲を期待したいですね。

 

 

ウィンブルドンテニス2017!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2017年07月09日(日)

ウィンブルドンテニス2017!

男子シングルスも女子シングルスも第1週を終了し16人が出そろいました。

今年は途中棄権が多かったように思います。本当に故障で棄権するのではなく、ゲーム進行でかなり不利になると棄権してしまう選手もいたように思います。これからも試合は続くので体力温存といったところでしょうか?

男子は第五シードのワウリンカが初戦で負けてしまいましたが、トップ8シードの残りの選手達は残っています。さすがシード選手ですね。

第2週決勝までの試合が注目されます!

 

地球外生命体が存在しうる太陽系外惑星

カテゴリ: 雑記(科学、自然) 公開日:2017年07月07日(金)

地球外生命体が存在しうる太陽系外惑星!

宇宙人は存在するか?については世界中で話題が尽きませんが、その可能性を探るために世界中の研究チームが活動しているようです。

ケプラー宇宙望遠鏡が2013年までに収録したデータに基づいて、ケプラーチームがこれまでに発表した内容によると、

ハビタブルゾーン(恒星から近過ぎず遠過ぎず、熱過ぎず寒過ぎずの範囲)に存在する惑星は50個あるそうです。

このデータは天球のはくちょう座の方向だけを観測したもので銀河系のほんの一部にしか過ぎないのです。銀河系自体が宇宙全体からするとほとんど無いような存在なので、宇宙全体ではどれだけの惑星があるか想像すらできません。矢張り、地球外生命体は間違いなくいるでしょう。問題はどのように広大な宇宙空間を航行するかでしょうね。SF小説に色々記載されていますが、私の知識不足のせいか、その原理が今一つわからないものが多いですね。

2017年ウインブルドンが始まりました!

カテゴリ: 雑記(一般) 公開日:2017年07月04日(火)

2017年ウインブルドンが始まりました!

毎年のことですが、芝コートのウインブルドンは見ていて大変面白いですね。

各選手のプレーはもちろんなのですが、雨が降り始めたときのコートにカバーをかける速さを見ると選手以外にもプロフェッショナルがいることを感じますし、2週間で芝が枯れて茶色に変色するところなどは他の4大大会にはないことなので歴史と管理のすごさを感じます。プレーについていえば、日本のメディアが大いに盛り上げてくれるので、錦織をはじめとする日本人選手の活躍に期待していますが、私はそれ以上に、35歳のロジャー・フェデラーがどこまで勝ち上がれるか、優勝できるのか、期待しながら見たいと思っています。