メニュー

ブログ - 補聴器の選び方から販売店紹介まで!はじめての補聴器

お問い合わせ

4133first.com

ブログBLOG

平昌冬季オリンピック5!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年02月19日(月)

平昌冬季オリンピック5!

スピードスケート女子500mで期待の小平が36秒94というオリンピック新記録で優勝しました。世界選手権で負けなしの15連勝中であったが故の重圧はあったのでしょうが、そんな気配はまったく見せず圧勝したのは見事と言わざるを得ません。オリンピック2連覇中であった韓国のイ・サンファが負けて悔し涙を流していましたが、小平が近づいて抱き合い健闘を分かち合っていたのが印象的でした。出来れば次回のオリンピックでも優勝を狙ってほしいと思います。

フェデラー優勝!

ABNアムロ世界テニス・トーナメント決勝で、フェデラーはディミトロフを6-2、6-2で退け優勝し、世界ランク1位返り咲きに花を添えました。抜群の安定感を誇るストローク力に加え、コーナーぎりぎりを打ち分けるサーブ力が36歳という年齢をカバーして有り余るものがあります。同じ日にニューヨーク・オープン準決勝で負けてしまった錦織と比べると、特にサーブ力に大きな差があるように思います。今年もフェデラーの年になりそうな予感がします。

将棋・中学生六段誕生!

カテゴリ: 雑記(趣味の世界) 公開日:2018年02月18日(日)

将棋・中学生六段誕生!

平昌オリンピック男子フィギュアの羽生結弦が2連覇を果たした昨日、もう一人の羽生竜王が中学生の藤井五段と朝日杯将棋オープン戦の準決勝を戦いました。約600人が見守る中、藤井五段が歩を巧妙に使う小技で優位に立ち、最後は119手で羽生竜王に勝って決勝進出を決めました。その後、広瀬八段と決勝戦を戦い、桂打ちの妙手が決め手となって見事優勝しました。2月1日に五段になったばかりの藤井五段ですが、今回の大会が全棋士参加の一般棋戦でしたので、そこでの優勝という条件を満たし僅か半月程で六段に昇段しました。中学生でプロ四段デビューしてから僅か1年。その間29連勝の新記録に加え今回の六段への昇段を果たし、藤井六段の快進撃は一体どこまで続くのでしょうか、注目です!

本日のスポーツハイライト!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年02月17日(土)

本日のスポーツハイライト!

平昌冬季オリンピック男子フィギュアスケート:

本日フリーが行われ、羽生が見事66年ぶりに2連覇を達成しました。足首の怪我でその回復ぶりがベールに隠され練習不足が懸念されていましたが、蓋を開けてみれば怪我も練習不足も全く感じさせない堂々の優勝でした。会場では国籍を問わず観客全員が祝福し感激に浸っていたように思います。そして、宇野が最終滑走者として登場し、最初のジャンプは失敗したものの、その後をしっかりまとめて2位になりました。金・銀メダルを取得するのは男子フィギュアスケートの歴史の中で初めての快挙だそうです!

男子テニス世界ランク:

ABNアムロ世界テニス・トーナメントに出場しているフェデラーが準々決勝で勝利したので、19日発表の世界ランキングで1位に返り咲くことが確定しました。これまでの最年長1位は当時33歳だったアガシでしたが、36歳のフェデラーが塗り替えることになります。フェデラーは2004年2月から2008年8月迄237州にわたり世界ランク1位に君臨していてこれは最長連続在位記録です。36歳のフェデラーの快進撃はどこまで続くのでしょうか?個人的にはいつまでも彼の美しいストロークを見ていたいと思います。

羽生氏と井山氏に国民栄誉賞授与!

カテゴリ: 雑記(趣味の世界) 公開日:2018年02月17日(土)

羽生氏と井山氏に国民栄誉賞授与!

13日に両氏の国民栄誉賞授与式が13日に行われ、阿部首相から表彰状と盾、記念品などが授与されました。記念品は山梨県から採石された「雨端多硯」と熊野筆で、両氏の7冠にちなみ、七宝彩釉鶴文硯箱(しっぽうさいゆうかくもんすずりばこ)に収められていました。

羽生氏は今日17日藤井五段との対局があり注目されています。井山氏は昨日棋聖戦6連覇を達成しました。これからも二人の活躍を期待しましょう!

kokumin eiyoshou

平昌冬季オリンピック 4!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年02月16日(金)

平昌冬季オリンピック 4!

ボーリングとビリヤードを合わせたような種目「カーリング」。日本ではメジャーなスポーツではないですが、昨日の女子カーリング対韓国戦を見たら、体力と頭脳を使う難しい種目であることがわかりました。今回のオリンピックには世界ランク1位から10位までが参加して、予選は9カ国との総当たりで上位4カ国が準決勝に進むことになっています。世界ランキングは次の通りです。

1位:カナダ

2位:スイス

3位:ロシア

4位:英国

5位:スウェーデン

6位:日本

7位:米国

8位:韓国

9位:デンマーク

10位:中国

日本は下位の米国・デンマーク・韓国と対戦し3連勝です。特に昨日の韓国戦は執念の逆転で見事な勝利でした。明日以降は中国・ロシア・カナダ・スウェーデン・英国・スイスの順に対戦していきます。優勝候補筆頭のカナダは韓国に負けましたし、今後ランク上位国同士のつぶし合いも出てくるでしょうから、3連勝したことは大きいと思います。下位の中国に勝利してその後上位国を2つ破り、合計6勝3敗であれば準決勝に行けるのではないでしょうか?期待して見守りましょう!

2018年火星大接近!

カテゴリ: 雑記(科学、自然) 公開日:2018年02月16日(金)

2018年火星大接近!

1月末に楽しめたスーパー・ブルー・ブラッド・ムーンに続き、今回は火星ウオッチングをしませんか?今年の7月31日に、火星が5795km迄接近して赤い惑星が見えるそうです。15年ぶりの大接近で、これを逃すと次は2035年の9月11日ですので貴重な機会です。火星ウオッチングをヘルプしてくれる無料アプリ「Mars Book」をインストールしておくと、頭上に広がる夜空のどこに火星があるのかを表示してくれます。

アンドロメダ銀河は若かった!

地球が存在する銀河にいちばん近いアンドロメダ銀河は長い間双子の銀河と考えられてきましたが、フランスと中国の研究チームが、それが間違いであるとの論文を発表しました。この発見の発端になったのは、銀河のあらゆる恒星が銀河中心の周りを規則的に回転運動しているのに対し、アンドロメダ銀河にある恒星の年齢差が大きいことや特定の恒星が不規則な軌道を描いていることでした。研究チームによると70~100億年前に片方が4倍大きい2つの銀河が衝突経路に入り、18~30億年まえに合体したとの推算結果が出たそうです。銀河は約70億年前にできたと言われているので、アンドロメダ銀河は双子ではなくもっと若い銀河だそうです。

andromeda

平昌冬季オリンピック 3!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年02月15日(木)

平昌冬季オリンピック 3!

昨日14日に見応えのある決勝戦がいくつかありました。

スノーボードハーフパイプ:

以前、ワールドカップでこの競技を垣間見たことがありましたが、その時に比べると、今回の選手達の繰り出す技の水準が飛躍的に進化しているように思いました。体を柔らかくして体幹を鍛えないとあのような技はできるはずもなく、さらに、5m以上の高さから降りるときの衝撃に耐える強靭な足腰が無ければならないので、大変難しい競技であることがわかりました。勝負という観点でも、平野とホワイトの一騎打ちという展開になり、ハラハラドキドキの素晴らしい進行でした。最後は31歳のホワイトが先輩の意地を見せて逆転優勝をしましたが、試合後のインタビューで、平野が淡々と今回の結果について述べていたのがとてもさわやかでした。本心は悔しくて仕方がないのでしょうが、この先の競技人生を見据えて落ち着いて答える姿は、大変心強く次回は必ず勝つだろうとの印象を持ちました。

ノルディック複合:

キング・オブ・スキーとも言われるこの種目で、渡部に金メダルの期待をしていたのですが、残念ながら前回と同じく銀メダルに終わりました。渡部から8秒遅れでスタートしたドイツのフレンツェルがクロスカントリースキーでは一日の長があり、最後の登りで差を広げられて2連覇を許してしまいました。従来、この種目はヨーロッパ勢(特に北欧)が強いので、渡部はもっとクロスカントリースキーを強化するか、ジャンプで差を広げるかしないと厳しいように思います。次回のLHに期待しましょう。

スピードスケート女子1000m:

日本期待の小平と高木が出場したこの種目は、惜しくもオランダのテルモルスに金メダルをさらわれてしまいました。小平は直前に世界新記録を出していましたので、十分金メダルの可能性があったのですが、600m以降に多少失速してしまいました。4年に一度のオリンピックの難しさがあったのでしょう。高木は1500mに続きメダルを獲得して頑張っています。二人ともまだ競技がありますので是非金メダルを取って欲しいと思います。それにしても、スピードスケート女子のオランダ勢は層の厚さも強さも次元が違うように思います。

今後の期待:

今後のメダルの期待は次の競技だと思われます。出来ればそれ以外でも獲得できればと思いますが、果たして・・・・?

17日:フィギュアスケート男子「羽生・宇野」

18日:スピードスケート女子500m「小平」

20日:ノルディック複合LH「渡部」

21日:スピードスケート女子パシュート「高木、他」

日本でいちばん美しい庭園!

カテゴリ: 雑記(散策) 公開日:2018年02月14日(水)

日本でいちばん美しい庭園!

いちばん美しい庭園と聞くと、まず京都のどこかと想像するのですが、そうではありませんでした。米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」は毎年、全国の日本庭園900か所以上を対象に1年間調査し、30名ほどの庭園や造園の専門家達による委員会でランキングを決めています。先日発表された2017年の日本庭園ランキングで、島根県・安芸市の足立美術館が15年連続で日本一になりました。選定基準には庭園の質や建物との調和に加え、訪問客へのおもてなしの内容も含んでいるそうです。

足立美術館を語るには、まず創設者の足立金康氏を紹介しなければなりません。ビジネスで成功した同氏は、全財産をつぎ込んで日本一の庭園と美術館を創設・維持することに生涯を捧げられました。また、「庭園もまた一幅の絵画である」との信念で、いくつかある喫茶室や茶室の窓枠から眺める庭園がまるで絵画のように見える工夫を凝らしています。そして。美術館に展示されている絵画は近代日本画が中心ですが、特に横山大観の作品を多く収集し、庭園の構図にも反映されています。

庭園は5万坪の広さがあり、それぞれ趣の違う六庭園があります。

枯山水庭:六庭園の中の主庭です。中央に峻厳な山を表す三つの立石を配置し、そこから流れ落ちる滝水が手前に広がる白砂に流れ込むという、伝統的な「枯山水」という手法を使っています。遠くの山が借景となっているのも、奥行きが感じられて見事です。

7627000b845ba7cbc7426405412e650969e15f08

苔庭:斜植された赤松に寄り添う苔を中心にした京風の雅な庭園です。

koke

寿立庵の庭:春は新緑の楓と苔、秋は紅葉の楓と苔がすがすがしい表情を醸し出します。

jurotu

白砂青松庭:横山大観の名作「白沙青松」をモチーフに造園され、大観の絵画世界が見事に表現されています。

sirasuna

池庭:水面に映る光と影が安らぎを与えてくれる秋の庭園です。煎茶屋「清風」があることで格調高い風情を見せてくれます。

ike

亀鶴の滝:横山大観の「那智乃瀧」をイメージして造園させています。借景の亀鶴山に開瀑するのは人工の滝です。館内の窓越しに眺めるとまるで山水画の様です。

kame

平昌冬季オリンピック その2

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年02月13日(火)

平昌冬季オリンピック その2

大会3日目が終了しましたが、日本人選手の戦績が芳しくありません。現地の天候が厳しいことはあるのでしょうが、それはどの国の選手にとっても同じ条件なのであまり理由にはできません。むしろ日本のメディアに乗せられて期待感ばかりが膨らんだ我々に問題があるのかもしれません。しかし、芳しくないと言っても、女子スピードスケート1500mで高木が銀メダル、ジャンプ女子ノーマルヒルで高梨が銅メダル、そして、それほど注目されていなかった原が男子モーグルで銅メダルを取得してくれました。頻繁に行われる世界選手権とは異なり、4年に一度しかないオリンピックに照準を合わせて自らを最高の状態に仕上げ、そして表彰台に上がることがいかに大変なことであるか、表彰式の選手達の表情を見ていると良くわかります。さて、次のメダル獲得の可能性は明日行われる、男子ハーフパイプ・男子ノルディック・女子スピードスケート1000mです。金メダルの期待を込めて注目しましょう!

河津桜祭り開幕!

カテゴリ: 雑記(散策) 公開日:2018年02月12日(月)

河津桜祭り開幕!

先日の10日に河津町の「第28回河津桜まつり」と南伊豆の「第20回みなみの桜と菜の花まつり」が開幕しました。河津町内には約8000本が植栽され、河津川沿い約4KMがピンク色で華やかに彩ります。未だ一分咲き程なので美しさには欠けますが、今月末ごろには最盛期を迎え満開になりそうです。このまつりは来月10日迄続きますので、春の到来を実感しに訪れてみては如何でしょう?

20180211 00000002 izu 000 1 view